リリースノート

CLIP STUDIO PAINT

Release notes

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.11アップデータを公開しました。

2020年4月28日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.9.11アップデータ(Windows版/macOS版/iPad版/iPhone版)を公開しました。

Version 1.9.11 の修正内容

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • [環境設定]ダイアログ→[ツール]の[キャンバス上のドラッグによるブラシサイズの変更時、現在のサイズから開始する]の設定を変更し、[OK]をクリックしても、設定が反映されない。
EX/PRO
  • 【iPad/iPhone】CLIP STUDIOからログインできない。

Version 1.9.10 の修正内容(2020年4月16日公開)

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

EX/PRO
  • ベクターに描画した線や定規などを[オブジェクト]サブツールで選択し、[自由変形]・[ゆがみ]・[平行ゆがみ]・[遠近ゆがみ]で変形するときに、変形が反映されないことがある。
  • 【iPad/iPhone】CLIP STUDIO ASSETSから素材をダウンロードできない場合がある。

Version 1.9.9 の修正内容(2020年4月9日公開)

ベジェ曲線などの編集がしやすく【EX/PRO/DEBUT】

制御点の表示方法を変更し、[連続曲線]サブツールなどの操作性が向上します。

  • [図形]ツールに、[ベジェ曲線]サブツールを追加
  • 形状編集の際、以下の操作ができるようになります
    • 制御点を[Ctrl]キーを押しながらドラッグして制御点を動かす
    • [Ctrl]キーを押しながら何もないところをクリックして描画を確定
    • 【Win/mac】キャンバスウィンドウの外をクリックして描画を確定
    • 制御点を[Alt]キーを押しながらクリックやドラッグで角かどうかを切り替え・制御点をクリックで削除
    • 曲線上をクリックやドラッグすることで制御点を追加
    • [3次ベジェ]の曲線を編集する際に、ドラッグ中に[Space]キーを押して、通過点と方向点を一緒に移動
    • ダブルクリックやダブルタップで描画を確定するかどうかを[環境設定]で切り替え
    • [Shift]キーを押しながら、制御点をドラッグすると他の制御点との角度を固定

クリップボードにコピーした内容を[キャンバス]ウィンドウの中心へ貼り付け可能に【EX/PRO/DEBUT】

[編集]メニューに、[表示位置に貼り付け]コマンドを追加。[切り取り]や[コピー]でクリップボードにコピーした内容が、[キャンバス]ウィンドウの中心に貼り付けられます。

その他の改善点・変更点

その他、ご指摘いただいていたいくつかの機能改善や仕様変更、不具合を修正。

  • [環境設定]ダイアログの[ツール]に、[曲線や直線のハンドル]を追加。ベクターに描画した線や定規を[オブジェクト]サブツールで選択したときや、[連続曲線]サブツールなどで描画中に表示される、制御点の表示サイズを変更できます。
  • [3次ベジェ]で作成した線の角の通過点を、前後の直線部分を維持したまま移動できるようになります。
  • [環境設定]ダイアログの[ツール]の、[ドラッグ中にキャンバスの端でオートスクロールする]が[キャンバスの端でオートスクロール]に変更。オートスクロールの動作を[なし]・[ドラッグ]・[マウス移動とドラッグ]から選択できます。iPad/iPhoneをお使いの場合は、[マウス移動とドラッグ]は選択できません。
  • 【Win/mac】[連続曲線]サブツールの[サブツール詳細]パレットに、[予測線を表示]を追加。[曲線]を[3次ベジェ]に、[指定方法]を[ドラッグで指定]にすると、マウスカーソルに追従して仮の線が表示されます。
  • [連続曲線]サブツールなどで[曲線]を[3次ベジェ]を選択して描画するときに、[Alt]キーを押しながらドラッグで角の通過点を作成する方法を変更。現在変形中の部分の方向ではなく、これから作成する部分の方向にドラッグします。また、ドラッグの途中で[Alt]キーを押したり離したりしたときに、角の通過点にするかどうかが切り替わるようになります。
  • [連続曲線]サブツールなどで曲線を描画中に、線の最後の通過点をクリックやドラッグすることで、通過点が角かどうかを切り替えられるようになります。
  • 【iPad/iPhone】[ツールプロパティ]のフォント一覧の[一覧にないフォントを探す]の名称が[端末のフォントから追加]に変更。ボタンの配置も変更されています。機能に変更はありません。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[角の切り替え]を選択し、3次ベジェ曲線の通過点をクリックしたときに、通過点の状態だけでなく曲線の形状も変わるようになります。【PRO/EX】
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[角の切り替え]を選択したときに、3次ベジェ曲線の通過点や方向点をドラッグすると、曲がり具合を変更できるようになります。【PRO/EX】
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[制御点の追加]を選択したときに、3次ベジェ曲線の線上をドラッグすると、追加された方向点が移動するようになります。【PRO/EX】
  • [オブジェクト]サブツールや[制御点]サブツールなどでベクターレイヤーを選択したときに表示される、制御点の形状と色が変更されます。【PRO/EX】
  • 【iPad/iPhone】[ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[.pdf(PDFフォーマット)]が実行できないことがある問題を修正。【EX】

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.1.9.9ではいくつかの機能改善、軽微な不具合を修正いたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

MicrosoftおよびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
macOS、iPad、iCloud、およびiCloud Driveは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

Version 1.9.9の修正内容

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

共通
  • [図形]ツールに、[ベジェ曲線]サブツールが追加されました。
  • [連続曲線]サブツールで折れ線や曲線を描画中に[Ctrl]キーを押すと、作成途中の線の制御点を動かせるようになりました。また、[Ctrl]キーを押しながら何もないところをクリックすると、描画を確定できます。[図形]ツール・[フキダシ]ツール・[定規]ツール・[コマ枠]ツールなどのサブツールを使用して、折れ線や曲線を描く場合も同様に操作できます。
  • [連続曲線]サブツールなどで図形を作成中に、[Alt]キーを押しながら制御点上でクリックやドラッグを行うと、角かどうかを切り替えられるようになりました。[環境設定]ダイアログ→[図形系ツールで作成途中の表示]で制御点を表示する設定にしている場合に限られます。
  • [連続曲線]サブツールなどで作成途中の線をクリックで制御点を追加したり、通過点をクリックで削除したりできるようになりました。[サブツール詳細]パレットの[作成途中の制御点の追加・削除]でこの動作を有効にするかどうかを切り替えられます。
  • [オブジェクト]サブツールや[連続曲線]サブツールなどで3次ベジェ曲線の編集時に、ドラッグ中に[Space]キーを押すと、通過点と方向点を一緒に移動できるようになりました。
  • [環境設定]ダイアログの[ツール]に、[曲線や直線のハンドル]が追加されました。ベクターに描画した線や定規を[オブジェクト]サブツールで選択したときや、[連続曲線]サブツールなどで描画中に表示される、制御点の表示サイズを変更できます。
  • [環境設定]ダイアログの[ツール]に、[図形の作成をダブルクリックやダブルタップで確定する]が追加されました。[連続曲線]サブツールなどで図形を作成中に、ダブルクリックやダブルタップで描画を確定するかどうか切り替えられます。
  • [編集]メニューに、[表示位置に貼り付け]コマンドが追加されました。[切り取り]や[コピー]でクリップボードにコピーした内容が、[キャンバス]ウィンドウの中心に貼り付けられます。
  • 次のコマンドを選択して表示されるダイアログのノードの視認性が向上しました。
    • [編集]メニュー→[色調補正]→[レベル補正]
    • [レイヤー]メニュー→[新規色調補正レイヤー]→[レベル補正]
    • [表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビューの設定]
  • [ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットのインジケーターの色を調整しました。インジケーターの視認性が向上しています。
  • [環境設定]ダイアログの[ツール]の、[ドラッグ中にキャンバスの端でオートスクロールする]が[キャンバスの端でオートスクロール]に変更されました。オートスクロールの動作を[なし]・[ドラッグ]・[マウス移動とドラッグ]から選択できます。iPad/iPhoneをお使いの場合は、[マウス移動とドラッグ]は選択できません。
  • 【Win/iPad/iPhone】[連続曲線]サブツールなどで曲線を作成中に二本指タップを行うと、最後の点を削除できるようになりました。
  • 【Win/mac】[連続曲線]サブツールの[サブツール詳細]パレットに、[予測線を表示]が追加されました。[曲線]を[3次ベジェ]に、[指定方法]を[ドラッグで指定]にすると、マウスカーソルに追従して仮の線が表示されます。
  • 【Win/mac】[ヘルプ]メニュー(macOSをお使いの場合は[CLIP STUDIO PAINT]メニュー)から[ライセンス登録]・[ライセンス照合]がなくなり、[ライセンスの入手]・[ライセンスの確認・変更]が追加されました。お使いのライセンスは[ライセンスの確認・変更]から変更できます。
  • 【iPad/iPhone】CLIP STUDIOの[通信管理]に表示される、素材やファイルのダウンロードやアップロードを行うときの進捗状況がわかりやすくなりました。
  • 【iPad/iPhone】WacomStylusSDKのバージョンを2.2.4にアップデートしました。
EX/PRO
  • [環境設定]ダイアログの[インターフェース]→[配色テーマ]を[淡色]にしたときの、[近似色]パレットのスライダーの視認性が向上しました。
  • 【iPad/iPhone】CLIP STUDIO PAINT PRO/EXいずれかの年額プラン・月額プランをご利用の場合は、1.9.9にアップデート後、CLIP STUDIOアカウントのログイン画面が表示されます。一度ログインしたあとは、引き続き製品をご利用いただけます。
  • 【iPad/iPhone】[CLIP STUDIO PAINT]メニュー(iPhoneをお使いの場合は[アプリ設定]メニュー)に、[ライセンスの確認・変更]が追加されました。お使いのライセンスを変更できるようになりました。
EX
  • [一括処理]ダイアログで項目を選択したときの表示色を変更しました。[一括処理]ダイアログの視認性が向上しています。
  • [環境設定]ダイアログの[インターフェース]→[配色テーマ]を[濃色]にしたときの、ストーリーエディターの視認性が向上しました。

【仕様変更内容】

下記の機能を仕様変更いたしました。

共通
  • [連続曲線]サブツールなどで[曲線]を[3次ベジェ]か[2次ベジェ]を選択し、閉じた曲線を作成するときに、最後に入力した通過点と最初の通過点が、従来に比べて自然な形状でつながるようになりました。
  • [連続曲線]サブツールなどで[曲線]を[3次ベジェ]を選択して描画するときに、[Alt]キーを押しながらドラッグで角の通過点を作成する方法が変更されました。現在変形中の部分の方向ではなく、これから作成する部分の方向にドラッグします。また、ドラッグの途中で[Alt]キーを押したり離したりしたときに、角の通過点にするかどうかが切り替わるようになりました。
  • [連続曲線]サブツールの[曲線]を[3次ベジェ]に[指定方法]を[ドラッグで指定]に設定したときに、最初の通過点をドラッグすると、形状を調整しながら閉じた曲線を描画できます。
  • [連続曲線]サブツールなどで曲線を描画中に、線の最後の通過点をクリックやドラッグすることで、通過点が角かどうかを切り替えられるようになりました。
  • [連続曲線]サブツールなどで[曲線]を[スプライン]・[2次ベジェ]・[3次ベジェ]に設定した場合も、[サブツール詳細]パレットの[角度の刻み]が設定できるようになりました。マウスやペンを指定した角度刻みに動かせます。
  • [連続曲線]サブツールなどでドラッグしているときに[Delete]キーや[BackSpace]キーを押しても、通過点が削除されないようになりました。
  • [環境設定]ダイアログの[ツール]の、[図形系ツールで作成途中の線は簡易表示]が[図形系ツールで作成途中の表示]に変更されました。描画結果と簡易表示のほかに、制御点の表示・非表示も設定できます。
  • [連続曲線]サブツールなどで作成中の図形に表示される、制御点の形状が変更されました。
  • [長方形選択]サブツールや[コピースタンプ]サブツールなどでドラッグ中に表示される十字カーソルのサイズが、従来に比べて大きくなりました。
  • [筆圧検知レベルの調節]を選択して表示される、[筆圧の調整]ダイアログの[調整結果を確認]がハイライト表示されるようになりました。また、[筆圧の調整]ダイアログの表示中に[Enter]キーを押すと、次の画面に進むようになりました。
  • 将来的に動作対象から外れる予定のOSで起動したときに、動作環境に関するメッセージが表示されるようになりました。
  • 【Win/mac】[連続曲線]サブツールなどでダブルクリックで描画を確定したときに、ダブルクリックした点の付近が曲線になるようになりました。
  • 【Win/mac】[折れ線]サブツールなどで図形を作成中に、[キャンバス]ウィンドウ以外をクリックしたときは、作成中の図形が確定されるようになりました。
  • 【iPad/iPhone】[ツールプロパティ]のフォント一覧の[一覧にないフォントを探す]の名称が[端末のフォントから追加]に変更されました。ボタンの配置も変更されています。機能に変更はありません。
  • 【iPad/iPhone】次のダイアログでは[アプリの購入・グレード/支払プラン変更]コマンドには機能を割り当てられないようになりました。
    • [ショートカットキー設定]ダイアログ
    • [コマンドバー設定]ダイアログ
    • [クイックアクセス設定]ダイアログ
    • [選択範囲ランチャー設定]ダイアログ"
  • 【mac】macOS 10.15以降の環境でアクセシビリティ機能の設定後、[編集]メニュー→[画面の色を取得]・[ウインドウを隠して画面の色を取得]を実行時に、画面収録機能の使用の許可を促すメッセージが表示されないようになりました。
EX/PRO
  • [連続曲線]サブツールの[曲線]を[3次ベジェ]に[指定方法]を[ドラッグで指定]に設定し、クリックして作成した通過点の仕様が変更されました。描画された線に沿うように通過点が作成されます。[オブジェクト]サブツールで通過点をドラッグすると、線の向きに合わせて方向点の位置も変わります。方向点をドラッグすると、[Alt]キーを押しながらドラッグして作成した角の通過点と同様の仕様になります。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]の[処理内容]の表示が、プルダウンメニューからラジオボタンに変更されました。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[制御点の追加]を選択しているときに、クリックして制御点を追加すると、制御点が作成される位置が、マウスの位置ではなく曲線上になりました。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[角の切り替え]を選択し、3次ベジェ曲線の通過点をクリックしたときに、通過点の状態だけでなく曲線の形状も変わるようになりました。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[角の切り替え]を選択したときに、3次ベジェ曲線の通過点や方向点をドラッグすると、曲がり具合を変更できるようになりました。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[制御点の追加]を選択したときに、3次ベジェ曲線の線上をドラッグすると、追加された方向点が移動するようになりました。
  • [制御点]サブツールでベジェ曲線の方向点を結ぶ線上にマウスカーソルがある場合も、中心線や制御点を表示するようになりました。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[線の切断]を選択したときに、通過点上をクリックすると、クリックした通過点の位置で線が切断されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールでグラデーションレイヤーを選択すると表示される+印に、フチが付くようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールや[制御点]サブツールなどでベクターレイヤーを選択したときに表示される、制御点の形状と色が変更されました。
  • [オブジェクト]サブツールなどで3次ベジェの曲線を編集するときに、[Shift]キーを押しながら方向点をドラッグすると通過点からの方向を45°刻みに固定して動かせるようになりました。
  • [特殊定規]サブツールなどで曲線を作成するときに[Alt]キーを押すと、十字カーソルに┌のマークが付くようになりました。
  • 親子関係がある3Dファイルの読み込み時に、親ノードを回転したときに、子ノードも付随して回転するようになりました。

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • [連続曲線]サブツールなどで曲線を作成中に、右クリックや[Delete]キーで入力を取り消してから、続きを描画すると不自然な形になる場合がある。
  • [連続曲線]サブツールなどの使用時に、図形の作成開始点付近でマウスカーソルに付く丸印の表示が、ドラッグ中に変化しない。
  • マウスカーソルを重ねたときに、ボタンやプルダウンメニューの色が変わらない場合がある。
  • キャンバス上でドラッグ中に修飾キーを押したり離したりすると、正しいマウスカーソルが表示されない場合がある。
  • 【Win/iPad/iPhone】[スポイト]ツールでキャンバスを指でタップしたときに、取得する位置と取得した色を表すカーソルが表示されない。
  • 【mac/iPad/iPhone】図形系ツールで描画中に表示される制御点や中心点が、Retinaディスプレイで小さく表示される。
  • 【iPad/iPhone】[筆圧検知レベルの調節]の実行中にアプリケーションを終了すると、次回起動したときに[筆圧検知レベルの調節]の筆圧グラフが直線になる。
  • 【mac】macOS 10.15.2の環境でインストールが完了したときに、フォルダーが2つ開く場合がある。
  • 【iPhone】[素材]パレットで素材を複数選択したときに、[素材の詳細情報の表示]を実行でき、何も選択されていない状態の[素材の詳細情報]ダイアログが表示される。
  • 【iPhone】[素材の詳細情報]ダイアログの[トーン化設定]からトーンの設定を変更したときに、[素材の詳細情報]ダイアログが何も選択されていない状態で表示される。
  • 【iPhone】端末を横方向にしたときに、CLIP STUDIOからCLIP STUDIO SHAREの出力作品を選択する画面を表示すると、右側にあるボタンが正しく表示されない。
EX/PRO
  • [表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビュー]を有効にしているときに、キャンバスの表示や動作が重くなる。
  • [レイヤー移動]サブツールで[元画像を残す]をオンにした状態でレイヤーを移動したあと、移動したレイヤーに描画し、[取り消し]を実行すると、元の描画の一部が欠ける場合がある。
  • [まばら流線]サブツールなど、[入力処理]が[連続曲線]、[出力処理]が[流線]または[集中線]に設定されているサブツールで、[サブツール詳細]パレットに設定できない項目[指定方法]が表示される。
  • [制御点]サブツールの[ツールプロパティ]で[制御点の追加]を選択したときに、特殊定規の線上をドラッグして制御点を追加しても、追加した制御点がマウスの位置まで移動しない。
  • 【mac/iPad/iPhone】[コピースタンプ]サブツール使用時に、参照する位置に表示される印が、Retinaディスプレイで小さく表示される。
  • 【iPad/iPhone】[制御点]サブツールで[すべてのレイヤーを対象]をオンにしてキャンバスを操作しても、レイヤーの選択が切り替わらない。
EX
  • 【iPad/iPhone】[ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[.pdf(PDFフォーマット)]が実行できないことがある。