イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > ゆめかわいいイラストに変身!グラデーションマップ

ゆめかわいいイラストに変身!グラデーションマップ

ゆめかわいい画像加工_アイキャッチ画像

「ゆめかわいい」という言葉を聞いたことありますか?かんたんに紹介すると、パステルピンクとパステルパープルを基調に、星やハートなど、かわいくてメルヘンなものをたくさん詰め込んだ「かわいい」のジャンルです。グラデーションマップ機能を使えば、かんたんにイラストをゆめかわいく加工できます。

 

次の元気いっぱいな女の子のイラストを、ゆめかわいいイラストになるように加工していきます。

ここでは、PhotoshopとCLIP STUDIO PAINTのグラデーションマップ機能を使った加工方法を紹介します。

 

加工をする前に、キャラクターのレイヤーを次のように統合しておきましょう。

 

yumekawa_001

 

STEP1 ソフトフォーカスで印象を変える

イラストにソフトフォーカスをかけて、全体的にやわらかい印象にします。

このひと手間を加えることでより「ゆめかわいい」イラストに仕上げられます!

 

yumekawa_002

 

■レイヤーを複製する

キャラクターのレイヤーを複製します。レイヤーを複製するには、次のコマンドを選択します。

 

Photoshop:

[レイヤー]メニュー→[レイヤーを複製]

 

CLIP STUDIO PAINT:

[レイヤー]メニュー→[レイヤーを複製]

 

■レイヤーをぼかす

ガウスぼかしフィルダーを使って、複製したレイヤーをぼかします。ガウスぼかしフィルターを実行するには、複製したレイヤーを選択し、次のコマンドを選択します。

 

Photoshop:

[フィルター]メニュー→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]

 

CLIP STUDIO PAINT:

[フィルター]メニュー→[ぼかし]→[ガウスぼかし]

 

yumekawa_003

 

■不透明度を下げる

複製したレイヤーの不透明度を下げます。

 

yumekawa_004

 

ソフトフォーカスをかける方法については、『簡単にイラストをランクアップ!ぼかしを使った仕上げ技[グロー効果]』も参照してください。

 

STEP2 グラデーションマップで色味を変更する

いよいよグラデーションマップ機能を使って、全体の色を変更していきます!

 

yumekawa_005

 

■グラデーションマップ機能とは

画像の色の濃淡に合わせて、グラデーションの色を配置していく機能です。

 

yumekawa_006

 

白黒のグラデーションに対して、グラデーションマップを適用すると、次のようになります。

黒い部分に対して上図のグラデーション左端の色が、白い部分に対して上図のグラデーション右端の色が割り当てられています。

 

yumekawa_007

 

Photoshopで加工する場合

Photoshopでグラデーションマップを設定する方法について、説明します。Photoshopの調整レイヤーを新規作成し、グラデーションマップを設定していきます。

 

[レイヤー]メニュー→[新規調整レイヤー]→[グラデーションマップ]を選択します。[新規レイヤー]ダイアログが表示されたら、そのまま[OK]をクリックします。

[属性]パレットが表示されたら、グラデーション部分をクリックします。

 

yumekawa_008

 

[グラデーションエディター]ダイアログが表示されたら、グラデーションを設定します。

[グラデーション]の下をクリックします。クリックした位置に[カラー分岐点]が作成されます。

 

yumekawa_009

 

作成された[カラー分岐点]をクリックして選択します。[カラー]をクリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示され、グラデーションの色を設定できます。

 

yumekawa_010

 

同様の方法で、すでに作成されている[カラー分岐点]の色も変更できます。

 

yumekawa_011

 

キャンバスを確認しながら、同様の手順で色を追加していきます。

グラデーションの階調は、[カラー分岐点]を左右にドラッグすると、変更できます。ここでは、次のように設定しました。

 

yumekawa_012

 

POINT

[カラー分岐点]を削除するには、[カラー分岐点]を上下にドラッグしてください。

 

設定が終わったら、[OK]をクリックします。[レイヤーパネル]に、グラデーションマップを設定した調整レイヤーが作成されます。

調整レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると、[属性]パレットが表示されます。グラデーション部分をクリックすると、グラデーションマップを再編集できます。

 

yumekawa_018

 

CLIP STUDIO PAINTで加工する場合

CLIP STUDIO PAINTでグラデーションマップを設定する方法について、説明します。

[レイヤー]メニュー→[新規色調補正レイヤー]→[グラデーションマップ]を選択します。

 

[グラデーションマップ]ダイアログが表示されたら、グラデーションを設定します。

[グラデーション]の下をクリックします。クリックした位置に[ノード]が作成されます。

 

yumekawa_014

 

作成された[ノード]をクリックして選択します。[色]から[指定色]を選択し、カラーアイコンをクリックすると、色を選択するダイアログが表示され、色を設定できます。

 

yumekawa_015

 

同様の方法で、すでに作成されている[ノード]の色も変更できます。

 

yumekawa_016

 

キャンバスを確認しながら、同様の手順で色を追加していきます。

グラデーションの階調は、[ノード]を左右にドラッグすると、変更できます。ここでは、次のように設定しました。

 

yumekawa_017

 

POINT

[ノード]を削除するには、[ノード]を上下にドラッグしてください。

 

設定が終わったら、[OK]をクリックします。[レイヤー]パレットに、グラデーションマップを設定した色調補正レイヤーが作成されます。

色調補正レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると、[グラデーションマップ]ダイアログが表示され、グラデーションマップを再編集できます。

 

yumekawa_018

 

STEP3 色味を調整する

だいぶ、ゆめかわいいイラストに近づいてきましたが、もう少しだけ、紫やピンクが強めになるよう、色味を調整します。

 

yumekawa_019

 

グラデーションマップを設定したレイヤーの上に、新規でラスターレイヤーを作成し、合成モードを[乗算]に設定します。

 

yumekawa_020

 

エアブラシツールなど、先端がやわらかいブラシを使用して、加筆していきます。色のメリハリを少な目に、全体的にやわらかな雰囲気にしたいので、低めの筆圧で描き足していきます。

ここでは、次のように描き足しました。

 

yumekawa_021

 

STEP4 キラキラした輝きを追加する

イラスト全体にキラキラした輝きを追加します。

追加で描画したレイヤーの上に、新規レイヤーを作成し、黒く塗りつぶします。レイヤーの描画モード(合成モード)を次のように設定します。

 

Photoshop:覆い焼き(リニア)-加算

 

CLIP STUDIO PAINT:加算(発光)

 

yumekawa_022

 

先端がやわらかいブラシを使用して、白色で輝きを描画していきます。サイズが均等にならないよう、ところどころブラシのサイズを変更して描き込みます。

 

yumekawa_023

 

キラキラを追加する方法については、『キラキラは作れる★簡単3ステップでキラキラ効果を作る』をご覧ください!

 

STEP5 瞳にハイライトを入れる

キャラクターの瞳にハイライトを入れます。ここにハートや星などを入れると、ゆめかわいくなります。

レイヤーを新規作成し、瞳のハイライトを入れていきます。

 

このイラストでは、ほぼ全身を描いているため、瞳の割合が小さいです。遠目からもわかるように、大きめのハートを入れてみました。

 

yumekawa_024

 

顔のアップなど、瞳の占める割合が大きいイラストの場合は、瞳にたくさんハイライトを追加すると、ゆめかわいさが増します。

 

yumekawa_025

 

完成

ゆめかわいいテイストにイラストを加工できました。これで完成です!

 

yumekawa_026

 

171019_300x250_01

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。