イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > イラストが物足りないときの飛び道具!テクスチャで質感を付けたい

イラストが物足りないときの飛び道具!テクスチャで質感を付けたい

イラストにテクスチャで質感をつける方法

イラストを描いたけど、物足りない……。そんなときは、仕上げにテクスチャを使ってみましょう!ここで言う「テクスチャ」とは、紙や布のような質感を持った画像ファイルのことです。テクスチャを使うと、イラストに質感を追加でき、アナログっぽい効果や、ブラシで描き込んだような効果を付けられます。

 

テクスチャで質感を付けよう

テクスチャとは「質感」のことです。布や紙のような質感を持った画像をイラストに重ねると、イラストに布や紙のような質感を追加できます。

質感を持ったテクスチャ画像を制作するのは大変なので、ここではフリーのテクスチャ画像素材を使用します。『Paper-co』さんより『コンクリートの表面の無料テクスチャ素材 2』をダウンロードしました。

 

9505_001

 

 

POINT
「イラスト テクスチャ素材」のようなワードで検索すると、テクスチャ画像の配布サイトを探せます。配布サイトからダウンロードしたテクスチャ画像を使う場合は、サイトに記載されている注意事項を確認してから、使いましょう。

 

質感を付けたいイラストと、ダウンロードしたテクスチャ画像のファイルを、それぞれグラフィックソフトで開きます。

ここから4ステップで、イラストに質感を付けていきます。

 

9505_002

 

 

STEP01:テクスチャを選択する

テクスチャ画像ファイルを表示して、キャンバス全体を選択します。

 

Photoshop・CLIP STUDIO PAINT[選択範囲]メニュー→[すべてを選択]

 

SAI[選択]メニュー→[全て選択]

 

 

STEP02:選択範囲をコピーする

[編集]メニュー→[コピー]を選択して、選択したテクスチャをクリップボードにコピーします。

 

 

STEP03:イラストに貼り付ける

イラストのファイルを表示して、一番上のレイヤーを選択します。[編集]メニュー→[貼り付け]または[ペースト]を選択します。

イラストにテクスチャ画像が貼り付けられます。

 

9505_003

 

 

STEP04:イラストに質感を追加する

テクスチャは、新しいレイヤーとして追加されています。テクスチャのレイヤーを選択し、[合成モード]を[オーバーレイ]に設定します。

 

9505_004

 

イラストにテクスチャの質感が反映されます。

 

9505_005

 

 

POINT

  • 質感が気になる場合は、レイヤーの不透明度を調整すると、質感の強さを調整できます。
  • ここでは、[合成モード]に[オーバーレイ]を使用していますが、元のイラストやテクスチャの色味によっては、それ以外の[合成モード]を使用した方が効果的な場合もあります。また、思いもよらないテイストのイラストになる場合もあるので、いろいろ試してみることをおすすめします。[合成モード]については、『知らなきゃ損する!レイヤーの合成モードって何?』もあわせてご覧ください。

 

PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTでは、テクスチャ画像ファイルを用意しなくても、質感を付けられます。

次の項目からは、アプリごとに質感を付ける方法を紹介します。

 

 

Photoshopを使って質感を付けよう

Photoshopのフィルター機能を使うと、テクスチャ画像ファイルを用意しなくても、イラストに質感を付けられます。

 

STEP01:レイヤーを統合する

まず、完成したイラストを1枚のレイヤーに統合します。念のため、統合する前のファイルは複製し、バックアップを取っておくことをおすすめします。

[レイヤー]メニュー→[画像を統合]を選択します。

 

 

STEP02:レイヤーを複製する

レイヤーの複製を作っておきます。[レイヤー]メニュー→[レイヤーを複製]を選択します。

 

 

STEP03:フィルターをかける

[フィルター]メニュー→[フィルターギャラリー]を選択します。

[フィルターギャラリー]が表示されたら、[テクスチャ]から[テクスチャライザー]を選択します。

 

9505_006

 

  • [テクスチャ]の種類を選択します。ここでは紙っぽい質感をだせる[カンバス]を選択します。
  • [拡大・縮小]で質感のサイズを、[レリーフ]で質感の強弱を設定できます。左側のプレビューを確認しながら、スライダーで値を調整します。

 

調整が終わったら、[OK]をクリックします。フィルターの設定が適用され、イラストに質感が付けられます。

 

9505_007

 

 

応用:フィルターギャラリーを活用しよう

レイヤーを複製している場合は、[フィルターギャラリー] でさまざまな項目を試してみるとよいでしょう。

たとえば、[フィルターギャラリー]で、[スケッチ]→[グラフィックペン]を選択した場合、フィルターが適用されたレイヤーは描画色になります。

ここでは、描画色に黒を使用しています。

 

9505_008

 

黒で描画されたレイヤーを選択し、[合成モード]を[オーバーレイ]に変更すると、グラフィックペンのタッチを活かした質感がイラストに付きます。

 

9505_009

 

また、カラーのフィルターを設定した場合も、[合成モード]や[不透明度]を調整することで、さまざまな質感を作成できます。

 

CLIP STUDIO PAINTを使って質感を付けよう

CLIP STUDIO PAINTは、アプリ自体に豊富な素材が収録されています。これらを使って簡単に質感を付けられます。

 

 

STEP01:素材を貼る

[素材]パレットの[単色パターン]→[テクスチャ]から、素材をキャンバスにドラッグ&ドロップします。

 

9505_010

 

POINT
貼り付けた素材がキャンバス全体に貼り付けられていない場合は、[ツールプロパティ]パレットで、[タイリング]をオンにします。

 

 

STEP02:質感合成を設定する

[レイヤープロパティ]パレットの[効果]から、[質感合成]をオンにします。[強さ]のスライダーを調整すると、質感の強弱を設定できます。

 

9505_011

 

質感のサイズを調整したい場合は、[ツールプロパティ]パレットの[拡大率]で設定できます。

 

9505_13

 

一度、設定したあとも、質感のレイヤーを選択すれば、[レイヤープロパティ]パレットや[ツールプロパティ]パレットで、各種設定を行えます。

 

 

応用01:カラーの素材も活用しよう!

ここでは、シンプルなモノクロの素材を使っていますが、カラーの素材を貼り付けても、[質感合成]を設定できます。

また、最初の説明のように[合成モード]を変更するだけでも、色味などが変更できて面白い効果を得られます。

 

9505_012

 

 

応用02:アプリの素材以外でも質感合成を使える!

[ファイル]メニュー→[読み込み]→[画像からパターン]から、テクスチャ画像ファイルを読み込むと、画像素材レイヤーとして画像ファイルを読み込めます。

画像素材レイヤーとして画像ファイルを読み込むと、アプリに収録されている素材と同様に、質感を設定できます。

 

 

171019_300x250_01

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。