イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > メンズ萌え! キャラクター作りに役立つポイントを徹底解説!! 

メンズ萌え! キャラクター作りに役立つポイントを徹底解説!! 

萌えメンズキャラクターの描き方

男性の萌えキャラクターをつくる際の萌えポイントを徹底紹介します! 本記事は、発売より増刷を重ねる大人気書籍 『メンズ萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編』(ホビージャパン)からの特別掲載です。

オリジナルキャラクター(オリキャラ)をつくるコツ①
ここのポイントで個性を出す~ファッション編~

男の子は女の子に比べて洋服のバリエーションは少ないですが、その着こなしによってキャラクター「らしさ」をつくることができます。

 

同じジーパンでもきちんと穿いているか、腰で穿いているか、ダメージジーンズを穿いているかなどのちょっとした違いでも、異なる性格の男の子が表現できます。

 

ほかにも

 

  • 制服の着こなし方(同じ学ランでもインナーがYシャツかTシャツかでも大きな差です)
  • 好みのサイズ(体にフィットする服か、だぼだぼっとした服か)
  • 色(基本的に男性は紺や茶などの落ち着いた色が似合うが、白黒メインはシックなイメージ、減色は活発なイメージ)
  • 小道具(カバン、靴、アクセサリーなど)

などで差をつけてみましょう。

 

■制服

9305_01

 

同じ制服でも、真面目キャラはブレザーのボタンもちゃんと留めます。

インナーもキャラクターによってYシャツ、パーカーなど幅広く選択できます。

 

 

■メガネいろいろ

9305_02

小さな子には大きな黒ぶちメガネ、大人の男性にはノーフレームが似合います。眼帯キャラクターも個性的です。

 

 

■帽子いろいろ

9305_03

シルクハットはイギリスの紳士風。スポーツ少年はキャップで。クールなキャラにはキャスケットが似合います。

 

 

■服装いろいろ

同じキャラクターでも衣装が違うと印象も変わります。

9305_04

スーツで少しフォーマル、大人っぽく。七分丈のパンツは少年らしく見えます。ロングコートとロングブーツでカジュアルだけど落ち着いた服装に。

 

 

オリジナルキャラクター(オリキャラ)をつくるコツ②
ここのポイントで個性を出す~しぐさ・ポーズ編~

 

しぐさや感情表現においても、いろいろな表現方法があります。

通常、小さい子は感情表現が豊かで、逆に大人の男性は冷静でスマートです。

また、動きやしぐさに関しても、小さい子は大きく、オーバーアクション、大きな人は控えめにするのが基本です。

 

しかし、このバランスを崩したときこそ、そのキャラクターの魅力はぐんとアップします。

ギャップを意識してキャラクターをつくると面白いでしょう。

 

■花束の渡し方

9305_05

同じ「花束の渡し方」でも性格によって変わります。花の種類もセットで変えると、さりげなく個性を主張できます。

 

 

■スポーツ観戦

9305_06

同じものを見ていてもキャラクターによってリアクションが異なります。表情だけでなく、しぐさによって個性を出すことができます。

 

 

■動物と

9305_07

小さい子と大きい動物、大人と子犬や小動物という大と小の組み合わせはバランスも良く、キャラクターも動きやすくなります。

 

 

Point
同じ外見でも、性格が違うと異なるリアクションをするので別人のようになります。キャラクターをつくるときは外見だけでなく、性格も細かく設定するといいかもれません。

 

例:女生徒に「先生ってカワイー!」と言われたときのリアクション

 

9305_08

①笑顔でかわす:「それはどうもありがとう」とサワヤカにレスポンス。女性の扱いがうまそう!?

 

9305_09

②落ち込む:「かっこいい」ならまだしも「可愛い」なんて男としての魅力が……!と本気で落ち込む。

 

9305_10

③照れる:大人の男が「可愛い」なんて恥ずかしい……!!ちょっと女性と接するのは慣れていないみたい?

 

 

オリジナルキャラクター(オリキャラ)をつくるコツ③ 
ワンポイントで可愛さを見せる

 

男の子の可愛さは大きな萌えポイントです。

見た目はかっこいいのに、例えば甘いものが大好きだったり、泣き虫だったり……そういった見た目とのギャップはいつでも萌えゴコロをくすぐります。

 

ファッションでも、エプロンをつけたり、アクセサリーをつけたりと、可愛いアイテムをセットするだけで萌えキャラができあがります。

 

 

9305_11

顔にクリームがついたり、ジュースがとんだりは女の子と同じで重要萌えポイントです。ドジっ子アピールにあります。

 

9305_12

男の子萌えの鉄板・女装!以外と似合ってるのはお約束で、とんでもない美少女に変身することも!?

わざとハズしてギャグっぽくしてもかわいいですね!

 

 

9305_13

 

鉛筆を意味もなくくわえてるのが可愛いです。

 

 

9305_14

ネコやイヌなどの動物耳+しっぽは定番の萌えアイテム。いろいろな動物をキャラクターに当てはめてみてください。

 

 

9305_15

女の子のアクセサリーをつけると可愛らしさUPです。

 

9305_16

 

同じように前髪を結んだりすると、おデコが見えて可愛く見えます。

 

 

9305_17

 

ダブルピース!ノリノリでやる子と恥ずかしがってる男の子。脇を開けて元気なしぐさと脇をしめてしぶしぶ……という感じです。

 

 

9305_18

可愛さを出す究極のアングル上目遣い!ちょっとずらしたメガネがまたキュートに見せます。

 

 

オリジナルキャラクター(オリキャラ)をつくるコツ④ 
ワンポイントでセクシーさを見せる

男の子のセクシーさは、普段は隠れている肌を露出させたときに現れます。

そこから出てくる男らしい体や無防備な雰囲気に色気を感じます。

 

まずは「萌え5大ポイント」を参考に、肌を少しだけのぞかせてみてください。

ほかにも、大人の男性特有のしぐさにもセクシーさがにじみ出ることがあります。

 

 

9305_20

指をなめているしぐさ。「舌」は隠れたセクシーポイントですよね……!

 

 

9305_19

 

化学の先生や保健室の先生が着る白衣は大人の魅力をアピールする鉄板衣装です。

 

 

9305_21-

 

コートの襟を立てるしぐさは男性特有です。

 

 

9305_23

 

髪を結ぶとうなじが見えます。男の子でもうなじはセクシーポイントです。

 

 

9305_22

 

水に濡れてシャツが肌に張り付いていると身体のラインが浮き出てとってもセクシー!

 

9305_24

 

背広を着るしぐさはサラリーマン特有のセクシーポイントだと思います。

 

9305_25

 

素肌にシャツをはおりように来ているとセクシー。Yシャツは男の子の「萌え」がたくさんつまっています。

 

 

オリジナルキャラクター(オリキャラ)をつくるコツ⑤ 
ワンポイントで男らしさを見せる

女の子と比べて、豪快にご飯を食べたり、動きに制約がないのが男の子です。

女の子にはできない大胆な動きやポーズは、男らしさを上げる助けになります。

 

また、筋肉や喉仏などの男性独自の体の部位をアピールするのも有効です。

 

9305_27

 

缶飲料を飲み干すときのノドの動きが堪りません。

 

 

9305_26

学ランやロングコート、マントは男らしさを表すアイテムです。身長を高く、体型も少し大きく見せることができます。

 

 

9305_28

 

豪快にハンバーガーにかぶりつく。口を大きく開けると、男らしいです。

 

※本記事は、ホビージャパン社の大人気書籍『メンズ萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編』から一部を抜粋して特別掲載いたしました。

 

『メンズ萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編』

 

なんとなくわかっていても、いざメンズ萌えキャラクターを作ろうとすると難しい、その萌えのポイントをズバリ解説!
メンズの服装やしぐさからギャップ萌えの設定法、男の子の可愛らしさや大人の男性の力強さセクシーさについて、とことん追求!メンズ萌えキャラをつくるときののバイブルです!

 

—‚ÌŽq•Ò_ƒJƒn?[*BˆÄ-2

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
171019_300x250_01
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。