イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > 【作画資料】日本刀の種類や構造・描き方

【作画資料】日本刀の種類や構造・描き方

作画資料、日本刀の種類や構造

日本の歴史の中で作られてきた独自の武器、「日本刀」。その造形は美術的にも独特の魅力があり、現代のイラストやマンガの世界でも、歴史物からファンタジーまで、幅広いジャンルで登場します。 この講座では、日本刀を描くときのポイントやテクニックのほか、構造や種類など知っておくと役立つ知識について解説します。

 

1.日本刀の成り立ちと種類

 

日本刀の成り立ち

日本刀は、古くは大陸から伝来した刀剣がルーツにあり、そこから日本独自の発展を遂げた刀です。時代によって変遷はありますが、片刃で反りがあることが共通した特徴です。

 

日本刀の種類

日本刀には大きく分けて、以下の種類があります。

 

 

163_01 (1)

 

  1. 太刀(たち)
  2. 大太刀(おおだち)
  3. 短刀(たんとう)
  4. 打刀(うちがたな)
  5. 脇差(わきざし)
  6. 薙刀(なぎなた)
  7. 長巻(ながまき)

 

ここでは代表的な日本刀である「太刀」と「打刀」について解説していきます。

 

 

太刀(たち)

太刀は平安時代に登場し、以後戦場で用いられた古い種類の刀です。

 

163_01 (2)

 

平安〜鎌倉時代に主流だった大鎧(おおよろい)で太刀を携帯する場合、刃を下にして、左脇に紐を通して吊るします。これを『太刀を佩(は)く』もしくは『佩刀(はいとう)する』と言います。

 

163_01 (3)

 

打刀(うちがたな)

打刀は室町初期に登場し、室町後期には武士が太刀に代わって打刀を用いるようになり、以後明治初期まで実戦で用いられた刀です。日本刀と言えば、この打刀を思い浮かべる方が多いと思います。太刀と比べると反りが浅いのが特徴です。

 

163_01 (4)

 

戦国時代以降の鎧の一つである足軽胴(あしがるどう)で打刀を携帯するときは、刃を上にして、腰に差します。これを『刀を差(さ)す』もしくは『帯刀(たいとう)する』と言います。

 

163_01 (5)

 

2.日本刀の構造

 

さらに日本刀の細かい構造についてみて行きましょう。

 

刀身

刀身は、日本刀の本体である金属の部分です。

 

163_01 (6)

 

  1. 刀身……刀の本体にあたる部分
  2. 切先(きっさき)……刀身の先端部分
  3. 刃(は)……物を斬る鋭利な部分
  4. 刃先(はさき)……刃の端の部分
  5. 物打(ものうち)……切っ先から3寸(約9cm)ほどの部分。主にこの部分で斬る
  6. 峰(みね)……刃の反対側の背にあたる部分。「棟(むね)」とも。時代劇の「峰打ち」はこの部分で相手を打つことを言う
  7. 鎬(しのぎ)……刀身の中ほどにある刃と峰の境界
  8. 鎺(はばき)……鞘に収めた刀身が抜けないように固定する金具
  9. 茎(なかご)……柄に収まる持ち手側の部分
  10. 目釘穴(めくぎあな)……柄から抜けないように目釘を通して固定するための穴

 

典型的な日本刀は、刀身の中程に鎬(しのぎ)という刃と峰の境がある「鎬造り(しのぎづくり)」という形状をしています。断面図にするとこのようになります。

 

163_01 (7)

 

 

刀装

刀装は、柄(つか)や鞘(さや)などの外装部分です。時代によってもいろいろな種類がありますが、ここでは打刀拵(うちがたなこしらえ)と呼ばれる刀装を例に解説します。

 

163_01 (8)

 

  1. 柄(つか)……手で握る部分
  2. 柄頭(つかがしら)……柄の末端。柄を補強するためにつけられた金具
  3. 目釘(めくぎ)……刀身を柄に固定するための留め具
  4. 鞘(さや)……刀身部分を納めて保護するための筒
  5. 鯉口(こいくち)……鞘の口
  6. 鍔(つば)……柄を握る手の保護や、刀全体の重心を調整するためにつける金具

 

鍔(つば)には円形や角形のものが多く、時代によって様々なデザインがあります。笄(こうがい。髪を手入れする用具)や小柄(こづか。小刀)を納める穴が空いているものもあります。
鍔は、鉄・銅・金・銀、真鍮(しんちゅう)や、それらの合金など、複数の素材を組み合わせたもので作られています。

 

163_01 (9)

 

刀を抜くときはまず、左手の親指で鍔(つば)をぐっと押します。この動作を「鯉口を切る」と言います。これですぐに刀が抜ける状態になります。

 

163_01 (10)

 

3.日本刀の構え方と握り方

 

日本刀の構えや技について

日本刀の構え方は、剣術流派や時代、また自分や相手が甲冑を着ているかどうかによっても、構え方や技が大きく異なります。
ここでは、イラストやマンガで使いやすい例として、ポピュラーな構えや技を紹介します。

 
 
■正眼(せいがん)の構え
ほとんどの剣術流派に存在すると言われる、基本的な構え方です。剣道では「中段の構え」にあたります。
正中線(頭から縦に通る左右中央の線)に沿うように、身体の中心で刀を構え、切先は相手の喉元を狙います。

 

163_01 (11)

 
 

■上段の構え
刀を振りかぶった状態で構えるため、斬り下ろす際にはもっとも早く攻撃できる構えです。

 

163_01 (12)

 
 

■八相の構え
上段が変形した構えで、兜を被っていて刀を振りかぶるのが難しい場合などの構えです。刀身を上に向けて持つため、腕が疲れにくい構えでもあります。

 

163_01 (13)

 
 

■霞の構え
相手の目を狙う構え方です。左右どちらに構えてもよく、中段に構えることもあります。

 

163_01 (14)

 

 

■袈裟斬り(けさぎり)
袈裟斬りは日本刀を使った基本的な技です。
相手の左の肩口から入って右脇腹に抜けるよう、斜めに斬りつけます。

 

163_01 (15)

 
 
■抜刀(ばっとう)
刀を鞘に収めた状態から一気に引き抜いて斬りつける技です。一見、右手のみで刀を抜いているように見えますが、実はスムーズに抜くためには左手の動作も重要です。刀を途中まで抜いたら左手の鞘を水平に倒し、鞘を後ろに引いて、右手で一気に抜きます。

 

163_01 (16)

 

 

 

 

日本刀の握り方

日本刀は基本的に両手で持ちます。
右手を前にして、手と手の間を空けて、斜め上から柔らかく握ります。この時、右手の人差し指は鍔(つば)に触れますが、親指は鍔につけないように注意して下さい。

 

163_01 (17)

 

上から見た場合、両手の親指と人差し指の間が、峰の延長ライン上に乗るように持ちます。

 

163_01 (18)

 

また、左手は末端の柄頭(つかがしら)をあまらせて握ります。剣道の竹刀のように、柄頭を左手の小指で隠す握り方はしません。

 

163_01 (19)

 

柄に対して直角に持ったり、手首が下向きに折れていたり、握るときに絞りすぎるのは悪い例です。気をつけましょう。

 

163_01 (20)

 

握る時は、力の強い指ほど力を抜いてしめます。親指と人差し指は浮いているくらいに軽く、中指はしめずゆるめずくらい、薬指と小指はしっかりしめて握ります。

 

163_01 (21)

 

 

4.日本刀を使ったイラストを描く

 

日本刀の長さ

日本刀にはいろいろな種類がありますが、今回は打刀(うちがたな)を描いてみます。時代は幕末に設定しました。
打刀の一般的な刃の長さは約70cm、柄まで含めると約95cmあります。
ちなみに、脇差の刃の長さは約50cm、短刀の刃の長さは30cm以下です。このようにおおよその長さを覚えておくと、描くときの目安になります。

 

163_01 (22)

 

 

線画

時代は幕末ということで、その当時に流行したと言われる、長めで反りの浅い刀をイメージして、線画から描いていきます。

 

163_01 (23)

 

■日本刀の切先を描くポイント

  1. まず、切先の輪郭から描いていきます。
  2. 切先の輪郭をひとまわり小さくしたイメージの線を、峰側を少しだけ空けて中に描きます。
  3. 先端同士を繋げます。
  4. カーブが終わったところから、垂直に線を引きます。

 

163_01 (24)

 

このようにして刀の線画を描いていきます。

 

塗り

続いて、線画を塗っていきます。
刀は金属なので、グラデーションを使いながら、光源の位置やコントラストを意識して塗りましょう。

 

刃の部分は白黒やグレーだけで塗ってしまうと、単なる鉄の棒のように見えてしまうので、少し青味を入れてあげると日本刀らしさが出ます。

 

 

163_01 (25)
 

163_01 (26)
 

次に刃文(はもん)を塗ります。刃文は日本刀の特徴の一つで、刃の部分に出る模様のことです。刃文は刀を作った刀工の個性が強く出る部分です。忘れずに塗りましょう。

 

163_01 (27)

 

刃文の形は大別すると「直刃(すぐは)」と「乱刃(みだれば)」があり、直刃以外は全て乱刃に分類されます。
古い太刀では直刃が多く見られますが、江戸時代の打刀には華やかな乱刃が多く見られます。
今回は幕末の刀なので、乱刃にしました。

 

163_01 (28)

 
 

テクスチャ

おおかた塗り終えたところで、日本刀の鍛(きた)え肌を表現するために、木目のテクスチャを刀身に貼ります。

 

163_01 (29)

 

鍛え肌とは、日本刀を作る際に、鉄を繰り返し金槌で叩いては折り返すことで刀身に現れる、木目のような模様のことを言います。
模様は刀が作られた国や流派によって異なりますが、ここではそこまで厳密には考えず、あくまで日本刀らしさを表現するためにテクスチャを選びました。

 

163_01 (30)

 

テクスチャを貼るときはあまり模様が主張しすぎないように、レイヤーの不透明度を下げます。また、単純に貼ったままでは違和感が出るため、適度に削って質感に合わせます。

 

163_01 (31)

 

最後に反射光を追加して、完成です。

 

163_01 (32)

 

⽇本⼑のような歴史的なモチーフは奥が深いので、少し調べるだけでもいろいろな描き⽅のポイントが分かります。

⽇本⼑は多くの種類がありますので、みなさんぜひ調べた知識を⽣かして描いてみてください!

 

最初に、Palmieの動画講座で講座内容をチェックしてみましょう。

 

 

イラスト学習サイトPalmieでは約100本の講座を公開しています。毎週新しい講座も追加されているのでぜひチェックしてみてくださいね!

 


 

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT EX
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。