イラスト・マンガ描き方ナビ > プロのお仕事 > 【人気漫画家に聞く】大今良時流、読者の心を掴む演出テクニック!!

【人気漫画家に聞く】大今良時流、読者の心を掴む演出テクニック!!

大今良時先生インタビュー

読者の心を揺さぶる作品『聲の形』『不滅のあなたへ』の作者、大今良時先生に、漫画の演出の3つの柱となる「構図」「コマ割り」「小道具」についてそれぞれの(秘)テクニックを伺います。週刊少年マガジンの人気企画「漫画家への花道」からの特別掲載!

 

「構図」の肝は「情報量」!!

 

――大今先生が「絵 の構図」で気をつけていることはありますか?

 

基本的なことですが、読者に特に見てもらいたいカッコいいシーン・可愛いシーンは、キャラクターをカメラ目線にすることが多いです。

読者の目に留まりやすくするためです。

 

――第1話に登場する将也の部屋のシーンですが、ここでは足元からのあおるような構図ですが、どんな意図ですか?

 

ここで意識したのは、「何が画面に映るのか」という点です。

 

将也の部屋には、ペットボトルや漫画などの小物類、そしてベッドやテーブルなどの家具類がギュウギュウに詰め込まれています。

もしこの部屋を上から見下ろすような構図で描くと、画面に映る物が多すぎて、なんだか重たい、圧迫感のある絵になります。

 

そして、絵の重さは、そのままシーンの重さに繫がります。つまり、妙に意味深な絵になってしまうんです。

そうなるのを避けるために、できるだけ足元の方から見上げるように、画面に映る物が少なくなるように意識した構図です。

 

▲将也たちが部屋で遊んでいる様子を描いたコマ。画面に映る物の量を意図的に少なくしている。

 

 

――なるほど。構図によってコマの印象が変わるんですね。

 

はい。逆に、読者に目を留めてほしいシーンや、シリアスなシーンでは、画面に映る物の数を増やしたり、柱や壁の木目をたくさん描いたり、トーンをしっかり貼ったりして、画面が重くなるようにしています。

 

 

コマ割りは「緩急」を意識すべし!!

 

――次に「コマ割り」について、気をつけていることはありますか?

 

これも基本的なことですが、「めくり」を意識することは大事だと思います。

読者が左のページをめくった、次の右のページのことで、ここに重要なコマを持ってくると効果的なんです。

 

――将也の自宅での1日を描いているシーンでも、確かに「めくり」のコマは印象的ですね。

 

はい、将也の「退屈に負けてしまう」という心情を強調するために「めくり」を応用しました。

まず、「めくり」の前の1ページを、わざと単調なコマ割りにしています。

 

▲将也の日常を表現したコマ。「めくり」の大ゴマで将也の「退屈」を強調している。

 

――確かに、同じようなサイズのコマが並んでいますね。どういう効果があるんでしょうか。

 

こういう単調なコマ割りって、読みやすい反面、続くと飽きてしまうんです。

 

でも、それを逆手にとって、わざと読者の気を一瞬緩め、その後の「めくり」の効果を大きくしているんです。

こうやって緩急をつける演出は個人的に好きで、前作『マルドゥック・スクランブル』でも使っています。

 

――そうなんですね。どのシーンですか?

 

オクタヴィアという少女が、シェルという殺人鬼に殺されるシーンです。

オクタヴィアとシェルが穏やかに会話している1ページ目は、コマのサイズがほぼ均一で、かつ小さめです。

そして続く「めくり」の1ページでは、大ゴマで、オクタヴィアがシェルに頭をつかまれて浴槽に沈められています。

 

▲和やかな会話から一転!「めくり」で読者に驚きを与えることができる。

 

――なるほど。この「単調なコマ割りからの大ゴマ」という演出は、不気味なシーンとの相性が非常に良さそうですね!

 

 

小道具に工夫を!!

 

――将也の視界に現れる「バツ印」は、『聲の形』に登場する「小道具」の中でもかなり印象的です。思いついたきっかけはありますか?

 

▲教室中を埋め尽くす「バツ印」。将也の周囲への不信感を見事に表現している。

 

こればっかりは、「ひらめいた」としか言えないんです。

教室のクラスメイト全員に「バツ印」がついている見開きのシーンを思いついて、担当さんも「それは面白そうだ」と言ってくれたので、採用しました。

「バツ印」が顔からはがれたり、もう一度ついたりする演出は、将也の気持ちを表現する上でかなり役に立っていますね。

 

――他にも、「キャラの気持ち」を表現するために使った「小道具」はありますか?

 

将也の「シャーペン」です。限られたページ数で、将也の感じている「退屈」を表現するために使いました。

日常でも、退屈な時ってシャーペンをカチカチやりますよね(笑)。

 

漫画は、短いページ数の中でいかにキャラクターの気持ちを描けるかが大切なので、小道具の工夫はおすすめですよ。

 

▲将也の「シャープペン」。身近なアイテムが「退屈」を伝える小道具になる。

 

――「小道具」とはちょっと違いますが、「将也の姉」も存在感がありますよね。家族の中で唯一、顔がきちんと見えるシーンがありません。何か理由がありますか?

 

まぁ、面白いかなってノリな部分もありますが(笑)、将也と硝子のドラマに無関係だからです。

極端に言えば、もしかしたら読者の皆さんからすると「いなくてもいいキャラ」なんです。

 

でも、将也の人格形成に大きく関わっているキャラクターなので、私的には「当然そこにいるキャラ」なんです。

『聲の形』という物語には必要ない、だけど、そこにいないのはおかしい。

その二つを両立させるために、今のような描き方になりました。

 

――ちなみに、将也の人格形成に関わっているとは?

 

姉の歴代の彼氏達が、将也の性格に大きな影響を与えています。

将也は小さい頃から、「姉の彼氏」という沢山の大人達と交流を持つことで、「根拠のない自信」や「何でも怖がらずに面白がってしまう性格」を身に付けたんです。

 

 

おススメの漫画トレーニング!!

 

――では、「演出力」を磨く上で、お勧めの練習法はありますか?

 

「練習法」というと大げさですが、私、コントをよく見るんです。コントって、短い時間の中で「笑い」を作らないといけないですよね。

そこが、限られたページ数で読者に魅力的なお話を見せないといけない漫画と似ていて、参考になるなぁと。

 

――なるほど、面白い発想ですね。大今先生のお勧めの芸人さん、コントはありますか?

 

「しずる」さんの「超能力コント」ですね。冒頭、ザワザワとした都会の雑踏の音が流れます。

そして、歩いている二人がすれ違った瞬間に音が消えて、いきなり台詞が入るんです。

「わかってるよ。君も能力者なんだろ?」って(笑)。

 

これ、そのまんま「めくり」の応用ですよね。1P目が均一なコマ割りで都会の雑踏、次のページに大ゴマで「わかってるよ」という構成。

 

 

新人作家へアドバイス!!

 

――最後に、「演出」に悩む新人さんにアドバイスをお願いします!

 

漫画は、冒頭6Pまでに何か魅力がないと、読者が飽きてしまうと聞いたことがあります。

 

だから私は、漫画や、もしくは映画や小説に触れる時、「どこで飽きた」っていうのを覚えておくようにしているんです。

そして、「自分だったら、どこにどんな演出を入れるか」「どうすれば飽きずに最後まで楽しめたか」を想像するんです。

 

皆さんも、ぜひやってみてください。

 

――大今先生、貴重なお話をありがとうございました!

 

第99回 少年マガジン新人漫画賞の原稿を大募集中!

詳しい応募要項は少年マガジン公式HP「マガメガ」をチェック!

 

<作家プロフィール>

大今良時
第80回新人漫画賞にて『聲の形』で入選を受賞。
後に「別冊少年マガジン」にて『マルドゥック・スクランブル』(原作/冲方丁 単行本全7巻)を連載。
2013年に新人漫画賞受賞作をリメイクした読み切り『聲の形』が多くの支持を受け、同作は「週刊少年マガジン」にて連載。2016年にアニメ映画も公開された。2016年から「週刊少年マガジン」にて『不滅のあなたへ』を大人気連載中。

 

作者プロフィールイラスト:にしもとひでお

(C)大今良時/講談社   (C)にしもとひでお/講談社

※本記事は講談社『週刊少年マガジン』公式HP「マガメガ」内の新人賞企画「漫画家への花道」から特別掲載しています。

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT EX
171019_300x250_01
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。