リリースノート

CLIP STUDIO PAINT

Release notes

【Apple M1(Apple Silicon)対応】CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.3(macOS版)アップデータを公開しました

2020年11月11(更新)

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.10.3アップデータ(macOS版)を公開しました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.10.3にアップデートいたしました。

CLIP STUDIO PAINT の主な更新内容

Ver.1.10.3では下記の更新をいたしました。

【macOS】Apple M1チップ(Apple Silicon)搭載のMacに対応

  • Apple M1チップ搭載のMacにおいて複数ページの書き出しや画像の出力、描画の処理速度が向上し、より快適に操作できます。

Version 1.10.3 の修正内容

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

共通
  • 【mac】Apple M1チップを搭載したMacに対応しました。Apple M1チップを搭載したMacでネイティブアプリとして動作します。

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 【mac】ブラシやペンでストロークを繰り返すと、正しくストロークが行えない場合がある。

Version 1.10.2 の修正内容(2020年10月22日公開)

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 【Win/mac/iPad/Galaxy】[ツール]パレットの幅をツールが2列ずつ表示されるように変更しても、次回起動時にツールが1列で表示される場合がある。
  • 【Win/iPad/iPhone/Galaxy】[スポイト]ツール使用中にキャンバスを指でタップしても、取得した色を表すカーソルが表示されない。
  • 【Win/Galaxy】[スポイト]ツールを指で操作すると、アプリケーションが終了する場合がある。
  • 【Win】[Alt]キーを押して[ファイル]メニューが選択された状態になっても、キーボードでメニューを操作できない。
  • 【Win】[投げなわ選択]サブツールや[長方形]サブツールなどを指で操作したときに、図形や選択範囲が作成されない。
  • 【Win/Galaxy】[環境設定]ダイアログ→[カーソル]の[カーソル形状]を[なし]に設定しても、カーソルが表示される。
EX
  • 【Win】ストーリーエディターにハングル文字を入力すると、同じ文字が2回入力される。

Version 1.10.1 の修正内容(2020年10月2日公開)

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • [テキスト]ツールでテキスト入力をキャンセルすると、アプリケーションが終了する場合がある。

Version 1.10.0 の修正内容(2020年9月30日公開)

SVG形式の読み込みと書き出し、コピーと貼り付けに対応【EX/PRO】

  • SVG 形式に対応したソフトウェアAdobe Illustrator などで編集した SVG 形式のファイルの読み込み、ベクターレイヤーを SVG 形式に書き出せる入出力機能に対応。
  • 【Win/mac】Adobe Illustrator内の図をコピーし、クリップボード内でSVG形式に変換された線や塗りをベクター線としてCLIP STUDIO PAINTに貼り付けられます。
  • 【Win/mac】CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーをSVG形式でコピーして、制御点などの情報を維持した状態でIllustratorに貼り付けられます。

[レイヤー]メニューの[定規・コマ枠]に定規の描画と作成機能を追加【EX/PRO】

  • [定規に沿って描画]が追加され、キャンバスに表示されている定規に対して、線を描画できます。
  • [ベクターから定規]が追加され、選択したベクターレイヤー内の描画から定規を作成できます。

【iPad】Apple Pencilのスクリブルに対応【EX/PRO】

iPadOS14以降の環境で手書きメモを自動的にテキスト変換する、Apple Pencilのスクリブルが使用できます。
*対応言語はiPadOSの仕様により、現在は英語および中国語(繁体字・簡体字)です。

【iPad】マウスやトラックパッドでの操作が可能に【EX/PRO】

マウスやトラックパッドに接続し、操作が可能になります。図形描画時に予測線が表示されたり、マウスのボタンに修飾キーを設定したりできます。

【iPad】iPad版東映アニメーションデジタルタイムシートアプリとの連携【EX】

東映アニメーションより公開されたiPad版東映アニメーションデジタルタイムシートアプリと連携できます。[アニメーション]メニュー→[タイムライン]に、連携するための項目が追加。

※iPad版は審査が完了し次第、AppStoreにて、ご利用いただけるようになります。

【Win】東映アニメーションデジタルタイムシートとの連携を強化【EX】

デジタルタイムシート情報形式(拡張子:xdts)の保存先や読み込み先を指定せずに連携できるようになります。この機能強化に伴い、東映アニメーションデジタルタイムシートもCLIP STUDIO PAINTと併せてアップデートしました。

その他の改善点・変更点

その他、ご指摘いただいていたいくつかの機能改善や仕様変更、不具合を修正。

  • ibisPaint作品ファイル読み込み時に、ibisPaintのレイヤーフォルダーを読み込めるようになります。
  • ブラシ系ツールの[サブツール詳細]パレットに、[速度値の環境補正]を追加。オンにすると、[ブラシサイズ]や[不透明度]などの[影響元]に[速度]を指定したときの値が、どの作業環境でも同じように変化します。ただし、従来の[速度]の設定とは異なるものになります。
  • [紙質]を設定したツールを使用した描画が高速化されます。
  • フォントリストの表示が高速化されます。
  • 【Win/mac】アプリケーションのアイコンを変更。
  • [ベクター線単純化]サブツールなどの[サブツール詳細]パレットに[曲線の変換]の項目を追加。ベクター線を単純化するときに、曲線の種類を[3次ベジェ]などに変換できるようになります。【EX/PRO】
  • CLIP STUDIOの[アプリ設定を復元する]で、復元する環境とは異なるOSで作成したアプリ設定のバックアップを選択した場合、[筆圧検知レベルの調節]での調整結果が反映されないようになります。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy】[ツール]パレットをペンや指で操作するときに、横方向のスワイプでツールの並べ替え、縦方向のスワイプでパレットのスクロール、ロングプレスでメニューを表示する操作になります。
  • 【mac/iPad/iPhone】[レイヤー]パレットの[レイヤーカラー]をクリックすると、コマンドバーの[保存]が使用できない場合がある問題を修正。【EX/PRO】
  • 【mac】ほかのソフトウェアでコピーした内容、[クリップボードから新規作成]や[貼り付け]を実行しても、反映されない問題を修正。
  • 【iPad】保存先を選択するダイアログが表示されたときに、ダイアログ以外をタップすると、アプリの操作ができない問題を修正。
  • [多角形]サブツールで、ガイドやグリッドにスナップすると、アプリケーションが終了する場合がある問題を修正。【EX/PRO】

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.1.10.0では下記の更新をいたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

【Win/mac】アプリケーションランチャーの仕様変更

  • アプリケーションランチャーから、アプリケーション情報がなくなります。従来通りアップデートを通知するバッジは表示されます。

その他の改善点・変更点

  • 【Win/mac/iPad/iPhone】CLIP STUDIO PAINT for Galaxyでバックアップしたアプリ設定を、他のOSでも復元できるようになります。
  • 【mac】CLIP STUDIOの起動時に、CLIP STUDIOが強制終了する場合がある問題を修正。

Version 1.10.0 の修正内容

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

共通
  • ブラシ系ツールの[サブツール詳細]パレットに、[速度値の環境補正]が追加されました。オンにすると、[ブラシサイズ]や[不透明度]などの[影響元]に[速度]を指定したときの値が、どの作業環境でも同じように変化します。ただし、従来の[速度]の設定とは異なるものになります。
  • ibisPaint作品ファイル読み込み時に、ibisPaintのレイヤーフォルダーを読み込めるようになりました。
  • [紙質]を設定したツールを使用した描画が高速化されました。
  • フォントリストの表示が高速化されました。
  • [ツール]パレットをスクロールできるようになりました。
  • 【Win/mac】アプリケーションのアイコンを変更しました。
  • 【mac】キャンバスの拡大縮小や回転の操作が高速化されました。
  • キャンバスの解像度を変更する処理が高速化されました。次の操作を行ったときの処理が短縮されます。
    • [編集]メニュー→[画像解像度を変更]
    • [ファイル]メニュー→[画像を統合して書き出し]の実行時に[拡大・縮小時の処理]を[コミック向き]に設定【PRO/EX】
    • [ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[製本3Dプレビュー]【EX】
    • [ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[一括書き出し]の実行時に[拡大・縮小時の処理]を[コミック向き]に設定【EX】
EX/PRO
  • [ファイル]メニュー→[読み込み]に[ベクター]が追加されました。Adobe Illustratorなどで出力したSVG形式のファイルを、ベクターレイヤーとして読み込めます。
  • [ファイル]メニューに[ベクター書き出し]が追加されました。ベクターレイヤーをSVG 形式のファイルとして書き出せます。
  • 【Win/mac】[環境設定]ダイアログの[コマンド]に[クリップボードにSVGコードがあるとき]の項目が追加されました。Adobe Illustrator内の図をコピーし、クリップボード内でSVG形式に変換された線や塗りを、CLIP STUDIO PAINT に貼り付けるときの動作を設定できます。
  • 【Win/mac】[編集]メニューに[ベクターをSVG形式でコピー]が追加されました。ベクターレイヤー内の制御点などの情報を維持した状態で、Adobe Illustratorに貼り付けられます。
  • [ベクター線単純化]サブツールなどの[サブツール詳細]パレットに[曲線の変換]の項目が追加されました。ベクター線を単純化するときに、曲線の種類を[3次ベジェ]などに変換できるようになりました。
  • [レイヤー]メニュー→[定規・コマ枠]に、[定規に沿って描画]が追加されました。キャンバスに表示されている定規に対して、線を描画できます。
  • [レイヤー]メニュー→[定規・コマ枠]に、[ベクターから定規]が追加されました。選択したベクターレイヤー内の描画から定規を作成できます。
  • 【iPad】 マウスやトラックパッドを接続して操作できるようになり、次の設定が行えるようになりました。
    • [環境設定]ダイアログ→[ツール]→[オプション]→[修飾キー(Shift)押し下げで直線作成時にプレビューを表示する]
    • [修飾キー設定]ダイアログ→[絞り込み]の[マウス]
    • [サブツール詳細]パレット→[連続曲線]カテゴリーの[予測線を表示]
  • 【iPad】iPadOS14以降の環境で、Apple Pencilのスクリブルを使用できます。
EX
  • ストーリーエディターでテキスト編集時に、[選択範囲]メニュー→[すべてを選択]ですべてのテキストを選択できるようになりました。
  • ストーリーエディターでテキスト編集時に、[Home]キーと[End]キーが使用できるようになりました。[Home]キーで行頭に、[End]キーで行末に移動できます。
  • 【iPad】iPad版東映アニメーションデジタルタイムシートアプリと連携できるようになりました。[アニメーション]メニュー→[タイムライン]に、[東映アニメーション デジタルタイムシートにタイムシート情報を適用]・[東映アニメーション デジタルタイムシートの編集結果を読み込む]・[東映アニメーション デジタルタイムシートパス設定]が追加されました。

【仕様変更内容】

下記の機能を仕様変更いたしました。

共通
  • [選択範囲]ツールなどで選択範囲内の画像を移動中、一時的に[虫めがね]ツールなどに切り替えたときには、移動中の画像を確定しないようになりました。
  • [折れ線選択]サブツールや[連続曲線]サブツールなどで、描画を開始した点をクリックして確定するときに、描画を開始した点として認識する範囲を調整しました。
  • CLIP STUDIOの[アプリ設定を復元する]で、復元する環境とは異なるOSで作成したアプリ設定のバックアップを選択した場合、[筆圧検知レベルの調節]での調整結果が反映されないようになりました。
  • CLIP STUDIO PAINTの起動時に、環境設定が保存されるようになりました。
  • タブレット端末などの小さい画面でメニュバーが見切れる場合、メニューバーをスクロールできるようになりました。
  • [タイムライン]パレット上でドラッグ操作として認識する移動距離を調整しました。
  • [環境設定]ダイアログに[プライバシー設定]が追加されました。
  • 【Win/iPad/iPhone/Galaxy】[テキスト]サブツールに対し、[修飾キー設定]ダイアログの[ツールの処理別の設定]の[シングルスワイプ]の項目の初期値が[なし]に変更されました。初期化起動時に反映されます。iPadでスクリブルを使用するときに、指でテキストの入力を開始できます。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy】[CLIP STUDIO]ダイアログの[設定]メニューから、[GoogleAnalytics設定]が廃止されました。Ver.1.10.0以降は、CLIP STUDIO PAINTの[環境設定]ダイアログより、同様の設定を行えます。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy】[ツール]パレットをペンや指で操作するときに、横方向のスワイプでツールの並べ替え、縦方向のスワイプでパレットのスクロール、ロングプレスでメニューを表示する操作になりました。
  • 【iPhone/Galaxy】[クイックアクセス]パレットのボタン名が表示れているときは、ボタンを押したときにツールチップが表示されないようになりました。
EX/PRO
  • [オブジェクト]サブツールなどで、定規やベクターなどをクリックして選択するときに、定規やベクターとして認識される範囲を調整しました。
  • 描画系ツールを使用して、定規にスナップして描画するときに、定規を認識する範囲を調整しました。ガイドやコマ枠などにスナップする場合も同様に調整しています。
  • 描画系ツール選択時の[サブツール詳細]パレット→[補正]カテゴリーで[ベクター吸着]の最大値が従来の「100」から「200」に変更されました。
EX
  • 【Win】[アニメーション]メニュー→[タイムライン]→[東映アニメーション デジタルタイムシートにタイムシート情報を適用]や[東映アニメーション デジタルタイムシートの編集結果を読み込む]の実行時に、デジタルタイムシート情報形式(拡張子:xdts)の保存先や読み込み先を指定せずに連携できるようになりました。

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 下記コマンドの実行時に表示されるダイアログで、[基準点]の何もないところを指でタップすると、選択状態の矩形が消える場合がある。
    • [ファイル]メニュー→[新規]ダイアログで[作品の用途]を[アニメーション]を選択した場合
    • [編集]メニュー→[キャンバスサイズを変更]
  • マウスカーソルが適切な解像度で表示されない場合がある。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションスタンプ]を実行すると、プログレスバーが一瞬100%表示になる。
  • [フィルター]メニュー→[効果]→[モザイク]を選択し、[モザイク]ダイアログの[プレビュー]をオフにしても、プレビューが解除されない。
  • [環境設定]ダイアログ→[キャンバス]の[表示倍率]で、最小値の先頭に不要なスペースがある。
  • [新規]ダイアログの特定の項目で数値を削除すると、左側に空白が発生する。
  • [新規]ダイアログの小数点を入力できる項目で数値を入力すると、先頭に空白が挿入される。
  • 【mac/iPad/iPhone】[レイヤー]パレットの[レイヤーカラー]をクリックすると、コマンドバーの[保存]が使用できない場合がある。
  • 【Win/iPad/iPhone/Galaxy】指で描画していると、[手ブレ補正]が効かない場合がある。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy】[CLIP STUDIO]ダイアログの[素材管理]で[お気に入り]を選択して、「素材をお気に入り登録するとここに表示されます」と表示されているときに、素材のダウンロードを行っていると、一瞬「フォルダー内の素材をすべて表示」と表示される場合がある。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy】[ファイル]メニュー→[クイック共有]を使用した書き出しが中断できる。
  • 【Win/mac】外部ディスプレイを切断したあとに、CLIP STUDIO PAINTを起動すると、すべてのパレットが画面中央に配置される。
  • 【iPad/Galaxy】3Dデッサン人形のオブジェクトランチャーから、カメラアングルを選択するメニューを表示したときにペンでスクロールできない。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[CLIP STUDIO]ダイアログの[作品管理]と[素材管理]において、保存先フォルダーリストや保存先ラベルリストがペンでスクロールできない。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[CLIP STUDIO]ダイアログの[作品管理]の保存先フォルダーリストや[素材管理]の保存先ラベルリストのボタンが見えなくなる場合がある。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で[環境設定]ダイアログの[インターフェース]→[配色テーマ]を[淡色]にしたときの、[CLIP STUDIO]ダイアログのクラウドの容量のバーがわかりにくい。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で端末の向きを変更すると、[テキスト]ツールを選択時の[ツールプロパティ]パレットのフォント一覧や[フォントリスト設定]ダイアログの[選択フォント一覧]の表示が崩れる場合がある。
  • 【iPad/Galaxy】[初期化起動]ダイアログをペンで操作したときに、チェックボックスの設定が意図しない動作になる。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[ショートカットキー設定]をスクロールしたときに、正しく動作しない。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[サブツールの選択]ダイアログを表示してタップしたまま、端末の向きを切り替え、[サブツールの選択]ダイアログを閉じると、ダイアログを表示する前の端末の向きに合わせたレイアウトで表示される。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[サブツール詳細]パレットを閉じたときに、ツールチップが表示される。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[表示]メニュー→[フィッティング]を有効にした状態で、[キャンバス表示]をタップしても、フィッティングの設定が反映されない。
  • 【mac】ほかのソフトウェアでコピーした内容が、[クリップボードから新規作成]や[貼り付け]を実行しても、反映されない。
  • 【iPad】保存先を選択するダイアログが表示されたときに、ダイアログ以外をタップすると、アプリの操作ができない。
EX/PRO
  • [編集]メニュー→[素材登録]の各項目を選択して表示される[素材のプロパティ]ダイアログで、[素材のイメージ]に大きい画像を読み込むと、アプリの操作ができなくなる場合がある。
  • 下記の項目を選択したときに表示されるダイアログで、[裁ち落とし幅]の値を消去したときに、正しく消去されない。
    • [ファイル]メニュー→[新規]
    • [編集]メニュー→[キャンバス基本設定を変更]
    • [ページ管理]メニュー→[ページ基本設定を変更]【EX】
    • [ページ管理]メニュー→[作品基本設定を変更]【EX】
  • [多角形]サブツールで、ガイドやグリッドにスナップすると、アプリケーションが終了する場合がある。
  • [編集]メニュー→[素材登録]の各項目を選択して表示される[素材のプロパティ]ダイアログで[検索用タグ]で追加したタグを削除するボタンが表示されない。
  • 新規ダイアログの[作品の用途]を切り替えた直後に、[ファイル名]にテキスト入力すると、正しく入力できない場合がある。
  • 【Windows/Galaxy】[サブツール]パレットのメニューから[サブツールを素材として登録]を実行したとき、素材のサムネイルに含まれるアイコンのサイズが環境により大きく異なる。
EX
  • ストーリーエディターを表示中に、他のパレットなどを設定したあとに、再度ストーリーエディターのテキストエリアをクリックすると、意図しない文字が選択される。
  • 【Win/iPad/Galaxy】[パレットの基本レイアウトをタブレットに適した構成にする]が有効になっている場合、[ファイル]メニュー→[新規]や[ページ管理]メニュー→[作品基本設定を変更]で[同人誌印刷用データ出力が可能かチェックする]をオンにし、条件を満たしていない場合に表示されるメッセージの表示が崩れている。
  • 【mac/iPad/iPhone】ストーリーエディターにハングル文字を入力すると、カーソルの位置がずれる。
  • 【mac/iPad/iPhone】縦書きに設定したストーリーエディターにハングル文字を入力すると、描画されない場合がある。
  • 【iPhone/Galaxy】スマートフォン環境で、[ページ管理]メニュー→[作品基本設定を変更]で[表紙]をオンにしても、[ページ数]の(本文ページ+表紙)の表示が一瞬で消える。
  • 【Win/Galaxy】ストーリーエディターのテキストエリアで文字変換を確定せずに、他のテキストエリアに移動すると、変換前の文字が入力された状態になる。
  • 【mac】ストーリーエディターで、[Shift]キーを押しながら十字キーでテキストエリアを移動すると、移動を開始したときに選択していたテキストエリアに[?]の文字列が追加される。

MicrosoftおよびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
macOS、iPad、iPhone、iCloud、およびiCloud Driveは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。