リリースノート

CLIP STUDIO PAINT

Release notes

年額・月額利用プラン/アップデートプランご利用の方向け
CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.4 アップデータを公開しました

2024年1月30日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.2.3.4 アップデータ(Windows / macOS / iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook)を1月30日に公開。

年額・月額利用プラン/アップデートプランご利用の方向け

Windows/macOSでご利用の場合は、CLIP STUDIOからアップデートを行っていただけます。
Windows/macOS以外は審査が完了し次第、各アプリストアからダウンロードしていただけます。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.4の主な更新内容

Ver.2.3.4では下記の更新をいたしました。

共通
  • キャンバスの3Dレイヤーに画像素材をドラッグ&ドロップしたとき、ドロップした位置がカメラの回転や前後移動するときの中心になるよう変更されました。
  • レイヤーマスクが適用されている3Dレイヤーやコマ枠フォルダーに格納されている3Dレイヤーに対して、[ツールプロパティ]パレットの[編集対象を注視]や[アングル]を設定すると、レイヤーマスクやコマ枠で表示している範囲に3D素材が収まるように配置されるようになりました。
  • CLIP STUDIO MONOに作品を登録するときに、作品にカラープロファイルが埋め込まれている場合、出力作品にカラープロファイルが反映されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[環境設定]ダイアログ→[パフォーマンス]の[取り消し回数]の初期設定が、30に変更されました。Android環境で[取り消し回数]が30より大きい場合は、アップデートと同時に30に変更されます。
  • 機能制限版の使用時に、復元保存の失敗を通知するメッセージが表示されないようになりました。
  • [サブツール詳細]パレットで[投影方法]を[平行投影]に設定した3Dレイヤーを素材登録し、キャンバスにドラッグ&ドロップしたときに、ドロップした位置に画像の不透明部分の中心が配置されるようになりました。
  • バックグラウンドで保存を行ったときに、エクスプローラーやFinderなどOSのファイル管理画面のサムネイル上にコマ枠が正しく表示されるようになりました。
  • CLIP STUDIOでCLIP STUDIO ASSETSやCLIP STUDIO TIPSなどのサイトを表示したときに、SNSで共有するボタンが正しく動作するようになりました。
  • 複数のレイヤーに対して[編集]メニュー→[変形]を実行し、画像の一部がキャンバスからはみ出した状態で確定した場合、特定の表示倍率で表示しているときに変形結果がずれないようになりました。
  • [マンガパース]を有効にした3Dレイヤーで、カメラに近い部位の3Dデッサン人形のマニピュレーターが正しく操作できるようになりました。
  • 【Win / mac / iPad /Galaxy / Android / Chromebook】特定のファイルで復元保存に失敗したときに、メッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】使用する端末を移行するときなど、移行後の端末でCLIP STUDIO PAINTを起動したときにライセンス認証を行い、[切替えて起動]を確認する画面からCLIP STUDIO PAINTを起動したときに、ライセンスの移行が正しく行えるようになりました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】一部の端末で、ライセンス登録を行っていないときの起動時などに表示される画面に、不要な記号が表示されないようになりました。
  • 【mac】macOS 14でテキスト時に現在の入力言語を示すインジケータが表示された状態で、CLIP STUDIO PAINTから別のアプリに切り替えても、強制終了しないようになりました。
  • 【Win】[色混ぜ]パレットを操作したあとに、スタイラスペンなどでキャンバスに描画したときに、正しく描画されるようになりました。
  • 【Chromebook】サブシステムがAndroid 13に更新されたChromebookで、コンパニオンモードが使用できるようになりました。
EX/PRO
  • 3Dデッサン人形-Ver.1や一部の3Dキャラクター素材を、[オブジェクトスケール]が100%以外になっている3Dオブジェクトの子として親子関係を設定し、親子全体の3Dオブジェクトを複製したときに、3Dオブジェクトの配置がずれないようになりました。
  • アニメーションフォルダー内のレイヤーフォルダーに格納されているベクターレイヤーに対して選択範囲内の移動を行ったときに、[レイヤー]パレットや[タイムライン]パレットがフローティング表示になっていても、キャンバス上の表示が更新されるようになりました。
EX
  • [サブツール詳細]パレットの[投影方法]が[平行投影]に設定されている3Dレイヤーに[レイヤーのLT変換]を実行したときに、[平行投影]のまま線画が抽出されるようになりました。
  • 3Dレイヤーに対して、[レイヤーのLT変換]を実行したときに、レイヤーの表示が一部欠けたり、余計なゴミが生成されたりしないようになりました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.3.4では下記の更新をいたしました。

共通
  • CLIP STUDIOでCLIP STUDIO ASSETSやCLIP STUDIO TIPSなどのサイトを表示したときに、SNSで共有するボタンが正しく動作するようになりました。

その他、いくつかの軽微な不具合を修正いたしました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.3 の主な更新内容(2023年12月15日公開)

Ver.2.3.3では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】定期認証時に[切替えて起動]または[認証台数超過]を確認する画面が表示されたときに、[戻る]をクリックすると、お持ちのライセンスの一覧が表示されるようになりました。なお、CLIP STUDIOアカウントにログインしていない場合は、ライセンスが表示されません。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.2の主な更新内容(2023年12月13日公開)

Ver.2.3.2では下記の更新をいたしました。

EX
  • CLIP STUDIO MONOに登録したDC3マスターコンテンツをCLIP STUDIO MONO上で再生したときに黒い線が入る問題を修正しました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.3.2では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【mac】CLIP STUDIOで、素材管理画面の素材フォルダーの[名前を変更]などの文字入力を有効にしたあと、文字入力可能な部分をクリックすると、文字入力が確定する問題を修正しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.1の主な更新内容(2023年12月8日公開)

Ver.2.3.1では下記の更新をいたしました。

共通
  • 3Dレイヤーのカメラの操作基準がつねにキャンバスやコマ枠の中心になっていましたが、[レイヤー移動]ツールで3Dレイヤーを移動した場合は、カメラの操作基準も移動するようになりました。
  • 【mac】レイヤー名の変更などダブルクリックで文字入力を有効にしたあとに、文字入力可能な部分をクリックすると、文字入力が確定する問題を修正しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.0の主な更新内容(2023年12月5日公開)

メッシュ変形の強化【EX/PRO】

メッシュ変形で複数の格子点を選択できるようになり、複雑な変形もスムーズに行えるようになりました。
[編集]メニュー→[変形]→[メッシュ変形]実行時の[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットに、[選択の追加(クリック)]・[選択の追加(範囲選択)]・[変形対象上のドラッグ操作]が追加されました。これらの設定や修飾キーを使用することで、複数の格子点をまとめて選択し、移動できます。

3Dデッサン人形の操作性を改善

  • 3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材の部位をドラッグしたときに、自然な動きになるよう仕様が変更されました。
    • 足を持ち上げるようにドラッグすると、膝を曲げながら自然に足が持ちあがります。
    • 手や前腕をドラッグすると、肩から先だけが動きます。
    • 腕を持ち上げたときに、腋が体の正面を向くよう動きます。
    • 頭部をドラッグすると、首から先だけが動きます。
  • 3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材に、ポーズを設定するためのマニピュレーターが追加されました。前腕を選択すると、手首の位置を固定したまま肘の位置を回転できるマニピュレーターが表示されます。また、足の付け根を選択したときに、足の位置を固定したまま膝の位置を回転できるマニピュレーターが表示されます。
  • 3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材をアニメーションコントローラーで操作するときに、[ツールプロパティ]パレットの[関節角度制限]の設定が反映されるようになりました。

パースをつけない3Dオブジェクトの表示【EX/PRO】

[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[カメラ]カテゴリに、[投影方法]が追加されました。従来の[透視投影]に加え、3D空間にパースがかからない[平行投影]を選択できるようになりました。

ノーマルマップが設定された3Dファイルの読み込みに対応

3Dレイヤーで、テクスチャで陰影や凹凸を表現できる法線マップ(ノーマルマップ)を使用した描画ができるようになりました。法線マップが設定された3D素材や、FBX形式・glTF形式・GLB形式の3Dファイルを読み込むと、自動的に法線マップが描画されます。

鮮やかでリアルな混色を使ったグラデーションの作成が可能に

[グラデーションの編集]ダイアログや[グラデーションマップ]ダイアログに、[混色モード]が追加され、[知覚的]などの項目を選択したり、[輝度の補正]などを行えるようになりました。[知覚的 (Photoshop互換)]・[リニア (Photoshop互換)] を選択すると、Adobe Photoshopドキュメント(拡張子:psd)・Adobe Photoshop ビッグドキュメント(拡張子:psb)のファイルの読み込みや書き出し時のグラデーションの互換性が強化されます。これらの初期値は[混色モード]は[知覚的]、[輝度の補正]は[高]に設定されます。

テキスト機能を強化

  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[フォント]カテゴリに、[カーニング]が追加されました。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[行間・揃え]カテゴリに、[均等揃え]が追加されました。[フレームで折り返す]をオンの状態で[均等揃え]を設定すると、行の先頭と末尾の文字がテキストボックスの両端に揃うように配置されます。

【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット版に一定間隔で保存する機能を追加

タブレット環境において、[環境設定]ダイアログの[ファイル]の[キャンバスの復元を有効にする]が[一定間隔で保存する]に変更されました。一定間隔で保存を実行する[保存の間隔]や[保存方法]を設定できるようになりました。

【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット版シンプルモードのUIが左右反転できるように

タブレット環境のシンプルモードにおいて、インターフェースを左右反転できるようになりました。

スマートフォン版がより使いやすく

  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境で無料使用できる時間が、毎日1時間から毎月30時間に変更されました。
  • 【Galaxy / Android】Galaxyなど筆圧検知可能なスマートフォン環境において、スマートフォンプラン契約中の場合に、ペンの筆圧・回転・傾きを検知できるようになりました。

DC3マスターコンテンツ登録機能を追加【EX】

CLIP STUDIO PAINTで制作したイラスト・マンガをDC3マスターコンテンツとして登録できる機能が正式に追加されました。

  • [ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]に、[DC3マスターコンテンツを登録]が追加されました。
  • 【Win/mac】[ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[同人誌印刷データを出力]からファイルの出力が完了したあとに表示されるダイアログに、[DC3マスターコンテンツを登録]が追加されました。

また、CLIP STUDIO MONOを正式リリースしました。登録したDC3マスターコンテンツから「唯一無二」のコンテンツを製造し、CLIPPYを使って取引することができます。

Version 2.3.0の更新内容

下記の更新をいたしました。

共通
  • 3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材をアニメーションコントローラーで操作するときに、[ツールプロパティ]パレットの[関節角度制限]の設定が反映されるようになりました。
  • 3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材に、ポーズを設定するためのマニピュレーターが追加されました。前腕を選択すると、手首の位置を固定したまま肘の位置を回転できるマニピュレーターが表示されます。また、足の付け根を選択したときに、足の位置を固定したまま膝の位置を回転できるマニピュレーターが表示されます。
  • 3Dマニピュレーターの各項目が反応する範囲が広くなり、従来に比べて選択しやすくなりました。
  • 3D素材の回転マニピュレーターを操作するときに、マウスやペンを動かすと快適に回転できる方向と回転の中心点が表示されるようになりました。回転を行うと、回転した角度も表示されます。ただし、3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材の部位を回転する場合、角度は表示されません。
  • 3Dレイヤーで、テクスチャで陰影を表現できる法線マップ(ノーマルマップ)を使用した描画ができるようになりました。法線マップが設定された3D素材や、FBX形式・glTF形式・GLB形式の3Dファイルを読み込むと、自動的に法線マップが描画されます。
  • 一部のVRM形式の3Dファイルを読み込んだときに、指のボーンマッピングが改善され、指の関節を正しく操作できるようになりました。VRM形式の3Dファイルに新たな指のボーンマッピングを適用するには、Ver.2.3以降の環境で読み込み直してください。
  • [グラデーションの編集]ダイアログや[グラデーションマップ]ダイアログに、[混色モード]が追加され、[知覚的]などの項目を選択したり、[輝度の補正]などを行えるようになりました。[知覚的 (Photoshop互換)]・[リニア (Photoshop互換)] を選択すると、Adobe Photoshopドキュメント(拡張子:psd)・Adobe Photoshop ビッグドキュメント(拡張子:psb)のファイルの読み込みや書き出し時のグラデーションの互換性が強化されます。これらの初期値は[混色モード]は[知覚的]、[輝度の補正]は[高]に設定されます。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[フォント]カテゴリに、[カーニング]が追加されました。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[行間・揃え]カテゴリに、[均等揃え]が追加されました。[フレームで折り返す]をオンの状態で[均等揃え]を設定すると、行の先頭と末尾の文字がテキストボックスの両端に揃うように配置されます。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[フレームで折り返す]と[フレーム揃え]のカテゴリが、[テキスト]から[行間・揃え]に変更されました。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[ツールプロパティ]パレットに、[フレームで折り返す]と[均等揃え]が初期状態で表示されるようになりました。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットで、[互換設定]カテゴリの[バージョン]に[2.3.0]が追加されました。Ver.2.3以降で新規入力したテキストのバージョンの初期値は[2.3.0]に設定されます。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[情報]パレットに表示されるメモリ使用量の取得方法を改良し、より正確な値が表示されるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境において、[環境設定]ダイアログの[ファイル]の[キャンバスの復元を有効にする]が[一定間隔で保存する]に変更されました。一定間隔で保存を実行する[保存の間隔]や[保存方法]を設定できるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境のシンプルモードにおいて、インターフェースを左右反転できるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードにおいて、一部のメッセージの表示方法が、ダイアログからポップアップに変更されました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】スタジオモードにおいて、[ヘルプ]メニューに[よくある質問]が追加されました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境のシンプルモードにおいて、編集ツールランチャー右端の[プロパティ表示]をタップして、[ツールプロパティ]の表示・非表示を切り替えられるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードにおいて、ペンホバーに対応している端末で、スライダーのバー部分をホバーしたときに、反応しないようになりました。従来通り、スライダーのつまみはホバーで操作できます。
  • 【Win】ほかのアプリケーションの画像をクリップボードにコピーして、CLIP STUDIO PAINTで[貼り付け]を実行したときに、透過情報などを引き継げるアプリケーションが追加されました。
  • 3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材の部位をドラッグしたときに、自然な動きになるよう仕様が変更されました。
    • 足を持ち上げるようにドラッグすると、膝を曲げながら自然に足が持ちあがります。
    • 手や前腕をドラッグすると、肩から先だけが動きます。
    • 腕を持ち上げたときに、腋が体の正面を向くよう動きます。
    • 頭部をドラッグすると、首から先だけが動きます。
  • 3Dファイルを読み込んだときに、[バックフェースカリング]がオフになるよう変更されました。
  • 3Dレイヤーのカメラをマウスで回転するときに、[レイヤー移動]ツールによる3Dレイヤーの移動や、[レンズシフト]が設定されている場合も、つねにキャンバスやコマ枠の中心を基準に回転されるようになりました。
  • 天球がロックされた状態の3Dレイヤーに天球素材を貼り付けたとき、3Dレイヤーを新規作成して、天球素材が貼り付けられるようになりました。
  • 読み込めないファイル形式のテクスチャを含めた3Dファイルをキャンバスに読み込めるようになりました。読み込めないテクスチャを除いた状態で読み込みます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[ツールプロパティ]パレットに、[関節角度制限]が初期設定で表示されるようになりました。
  • キーフレームが有効なラスターレイヤーなどで、クリップがないフレームにキーフレームを貼り付けたときは、キーフレーム作成時と同様にクリップのない範囲全体にクリップが作成されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードに切り替えたときに、ライトテーブルの参照先に設定されているレイヤーのサムネイルが、対応していないレイヤーとして表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[環境設定]ダイアログ→[パフォーマンス]の[取り消し回数]の初期設定が、タブレット環境では100に変更されました。スマートフォン環境ではアップデートと同時に[取り消し回数]が50に変更されます。
  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境で無料使用できる時間が、毎日1時間から毎月30時間に変更されました。
  • 【Galaxy / Android】Galaxyなど筆圧検知可能なスマートフォン環境において、スマートフォンプラン契約中の場合に、ペンの筆圧・回転・傾きを検知できるようになりました。
  • キャンバスサイズを変更したあとも、3Dレイヤーに対してマウスでズームや回転などを行うときの中心の位置が維持されるようになりました。
  • [編集]メニュー→[キャンバス基本設定を変更]で、解像度やキャンバスサイズの縦横比を変更しても、3Dレイヤーの表示が崩れないようになりました。
  • 表現色が[グレー]に設定されているレイヤーをトーン化したレイヤーだけのキャンバスを、[書き出し設定]ダイアログで[最適な色深度を自動判別]に設定すると、[レイヤーに付与されたトーン効果を有効にする]をオフにしたときに、2値化されず、グレーで書き出せるようになりました。
  • 下描きに設定したレイヤーを素材登録し、その素材をキャンバスに貼り付けたときに、下描き設定が解除されないようになりました。
  • [ナビゲーター]パレットのイメージプレビューに、レイヤーマスク・クイックマスク・ストックした選択範囲などが表示されないようになりました。
  • [レイヤー]パレットでテキストレイヤーのレイヤー名を変更したあとに、テキストレイヤーのテキストを入力し直しても、レイヤー名が変更されないようになりました。
  • [テキスト]ツール選択時の[ツールプロパティ]パレットの[設定対象]を[選択中]にしてテキストを入力したときに、[ルビ]や[自動縦中横]などの設定が反映されるようになりました。
  • [バージョン情報]ダイアログの大きさを変えたときに、[診断情報をコピー]がライセンス情報と重ならないようになりました。
  • 以前のバージョンで特定の条件の設定を行ったテキストを複数選択して回転したときに、テキストの位置がガイド線からずれないようになりました。
  •  [画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、[書き出し設定]ダイアログから[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示し、ウォーターマーク画像を設定していなくても、変更した設定が保存されるようになりました。
  • キャンバスの縦横比の差が大きい作品で[タイムラプスの書き出し]を実行したときに、正しく実行できるようになりました。
  •  [画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、[書き出し設定]ダイアログから[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示し、[不透明度]を設定して[OK]をクリックすると、[不透明度]の設定が正しく保存されるようになりました。
  • [タイムライン]パレットのムービートラックやオーディオトラックで、クリップのないフレームにキーフレームを貼り付けられないようになりました。
  • [素材]パレットに素材が大量に登録されているときに、素材の一覧のスクロールバーをドラッグして下側にスクロールしても、スクロール位置が上端に移動しないようになりました。
  • [単位]を[px]に設定したキャンバスから作成されたレイヤーテンプレート素材をキャンバスに貼り付けたときに、拡大・縮小を正しく行えるようになりました。
  • CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.3以前に作成した作品も、コンパニオンモードのWebtoonプレビューを行えるようになりました。
  • [タイムライン]パレット上でクリップをドラッグして移動や延長の実行中に、ドラッグ中の位置が消えないようになりました。
  • [CLIP STUDIO PAINTご利用の準備]ダイアログで、切替えて起動や認証台数超過のメッセージが表示されたときに、ログインしていない状態で[戻る]をクリックしても、ライセンス一覧にライセンスが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[タイムラプスの書き出し]ダイアログから[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示し、指で変形ハンドルを操作したときに、意図しない位置に移動しないようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードでブラシ素材をダウンロード中にキャンバスを閉じても、ブラシの一覧でダウンロードが終了した表示に切り替わるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境において、シンプルモードで定規レイヤーを選択中に、[レイヤー]パレットのメニューをタップして表示されるメニューが定規レイヤーの位置に表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone】スクリーンキーボードの言語を切り替えたり、閉じたりしても、キャレットが文字列の先頭に移動しないようになりました。
  • 【Galaxy / Android】折りたたみスマートフォン環境において、[環境設定]ダイアログ→[フォルダブル端末設定]を[タブレット向け]から[スマートフォン向け]に切り替えたあとCLIP STUDIO PAINTを再起動し、スタジオモードからシンプルモードに切り替えて[カラー]パレットを表示したときに、スマートフォン向けの[カラー]パレットが表示されるようになりました。
  • 【Galaxy / Android】スマートフォン環境のDexモードにおいて、シンプルモードとスタジオモードの切り替えを行ったあとに、クリエイティブゲージのデザインも切り替わるようになりました。
  • 【Galaxy / Android】スマートフォン環境のDexモードにおいて、スマートフォンプランを利用したときに、試し描きモードの説明を表示するダイアログに、正しい内容が表示されるようになりました。
  • 【Win】一部のアプリケーションの画像をクリップボードにコピーして、CLIP STUDIO PAINTで[貼り付け]を実行したときに、意図した位置に貼り付けられるようになりました。
  • 【mac】macOS 14以降の環境で、アプリケーションフレームから分離してフローティング表示のキャンバスを含めた複数のキャンバスを開いているときに、意図しない操作でアクティブなウィンドウが切り替わらないようになりました。
  • 【Android】スマートフォン環境において、無料使用時間が満了した直後にクリエイティブチャージを行ったあと、キャンバスを表示してOSのナビゲーションバーの[戻る]をタップしても、チャージ画面が再度表示されないようになりました。
  • [フレームで折り返す]が有効なテキストを移動したあと、[取り消し]を実行しても、テキストが消えないようになりました。
EX / PRO
  • [編集]メニュー→[変形]→[メッシュ変形]実行時の[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットに、[選択の追加(クリック)]・[選択の追加(範囲選択)]・[変形対象上のドラッグ操作]が追加されました。これらの設定や修飾キーを使用することで、複数の格子点をまとめて選択し、移動できます。
  • [編集]メニュー→[変形]→[メッシュ変形]実行時に、[ツールプロパティ]パレットの[横格子点数]と[縦格子点数]を最大「20」まで設定できるようになりました。
  • [編集]メニュー→[変形]→[メッシュ変形]を実行して変形を確定すると、次回[メッシュ変形]実行時に、以前に確定した[横格子点数]と[縦格子点数]の設定が引き継がれるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[カメラ]カテゴリに、[投影方法]が追加されました。従来の[透視投影]に加え、3D空間にパースがかからない[平行投影]を選択できるようになりました。
  • 複数の3D素材に対して一括で親子関係を設定できるようになりました。子にしたい3D素材を複数選択し、[サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]の親にしたいパーツにドラッグ&ドロップすると設定できます。
  • 3Dオブジェクト素材を登録するときに、登録時のカリングの設定も保存されるようになりました。3Dオブジェクト素材の読み込み時にカリングの設定を反映するには、Ver.2.3以降の環境が必要です。
  • 3Dオブジェクト素材を登録するときに、[サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]で変更したパーツ名が反映されるようになりました。
  • [フキダシ]ツールに、[長方形フキダシ]サブツールが追加されました。
  • [レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]→[グラデーション]を選択したときに、[グラデーションの編集]ダイアログが表示されるようになりました。また、[レイヤー検索]パレットで[新規グラデーション]をクリックしたときも、[グラデーションの編集]ダイアログが表示されます。
  • [オートアクション]パレットにグラデーションレイヤーを新規作成する操作を登録するときに、グラデーションの設定を保存できるようになりました。[オートアクション]パレットの設定切り替えチェックで、[グラデーションの編集]ダイアログの表示も切り替えられます。
  • 3Dオブジェクト素材で親子関係を設定し、それらを複数まとめて選択したあとに、[ツールプロパティ]パレットで[オブジェクトスケール]を変更します。そのあとに[取り消し]を実行しても、正しく元の状態に戻せるようになりました。
  • ラスターレイヤーからベクターレイヤーに変換した画像などで、[ベクター線つなぎ]サブツールによる線つなぎを行ったときに、まれにアプリケーションが終了することがなくなりました。
  • 【Win】[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]で親子関係の変更を行うときに、指で操作しても正しく動作するようになりました。
EX
  • [ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]に、[DC3マスターコンテンツを登録]が追加されました。
  • [ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[同人誌印刷データを出力]からファイルの出力が完了したあとに表示されるダイアログに、[DC3マスターコンテンツを登録]が追加されました。
  • ロックされているレイヤーを含む見開きページに対して、[単ページに変更]を実行できないようになりました。
  • 複数ページに対して[一括処理]を実行したときに、途中で失敗しても、誤ったファイルに処理を行わないようになりました。
  • [ページ管理]メニュー→[ページの並び替え方法]が[Ctrl+ドラッグ]のとき、ページを[Ctrl]+[Alt]キー+ドラッグすると複製できるようになりました。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]で[アニメーションフォルダー外のレイヤーを出力]をオンにしたときに、アニメーションフォルダー外のフォルダーの中にあるアニメーションフォルダーは出力されないようになりました。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]で[アニメーションフォルダー外のレイヤーを出力]と[アニメーションセル内の下描きを出力]をオンにしたときに、アニメーションフォルダー外のフォルダーの中にある下描きレイヤーは出力されないようになりました。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]で[アニメーションフォルダー外のレイヤーを出力]をオンにしたときに、アニメーションフォルダーを含まないフォルダーの不透明度や合成モードは反映されるようになりました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.3.0では下記の更新をいたしました。

共通
  • CLIP STUDIOの[サービス]に、[CLIP STUDIO MONO]が追加されました。

その他、いくつかの軽微な不具合を修正いたしました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.2.2の更新内容(2023年10月31日公開)

Ver.2.2.2では下記の更新をいたしました。

共通
  • VRM形式の3Dファイルを読み込んだときに、頭部をマニピュレーターで回転できるようになりました。

  • VRM形式の3Dファイルを読み込んだときに、不要な頂点やスキンが削除されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】メモリの使用量を警告するメッセージの表示・非表示を切り替えられるようになりました。スタジオモードでは[環境設定]ダイアログ→[パフォーマンス]の[メモリの使用量を警告]、シンプルモードは[環境設定とヘルプ]の[メモリの使用量を警告]で設定できます。

  • VRM形式の3Dファイルを読み込んだときに、[サブツール詳細]パレットの[環境]カテゴリの[レンダリング設定]ダイアログで、[輪郭線を付ける]と[バックフェースカリング]がオフに設定されるようになりました。

  • VRM形式の3Dファイルを読み込んで3Dレイヤーを新規作成したときに、3Dキャラクターの物理シミュレーションがオフに設定されるようになりました。

  • 3Dレイヤーで[編集対象を注視]を実行したときに、[レイヤー移動]ツールなどを使用したレイヤーの移動や、キャンバスに画像素材の貼り付けた場合でも、キャンバスやコマ枠の中央に編集対象が移動されるようになりました。

  • [編集]メニュー→[画像解像度を変更]の実行時に、[補間方法]を[超解像(スマートスムージング)]に設定している場合は、変更処理中にキャンセルを行えるようになりました。

  • 3Dレイヤー編集時にマニピュレーターを使用して3D素材を回転する場合、Ver.2.2未満の環境と同様にマニピュレーターをなぞるような操作を行ったときに、回転の調整がしやすくなりました。

  • 選択範囲内を[レイヤー移動]ツールなどでドラッグしたときに、[レイヤー]パレットや[タイムライン]パレットのサムネイルが更新されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードの[素材]パレットで[ブラシ形状]タグがついた画像素材が表示されるようになりました。なお、シンプルモードの[素材]パレットの[全ての素材]→[画像素材]を選択しても、スタジオモードの[素材]パレットの[すべての素材]→[画像素材]→[ブラシ]に収録されている素材は表示されません。

  • Ver.1.5互換の3Dレイヤーのバージョン互換情報を含むキャンバスを、タブレットやスマートフォンで編集して保存したファイルを開いたときに、3Dレイヤーのロックの状態が、[レイヤー]パレットに正しく表示されるようになりました。

  • Ver.2.2未満の環境で作成した体型素材が、正しく読み込めるようになりました。

  • Ver.2.2未満のバージョンで特定の設定を行ったテキストレイヤーを含むキャンバスを保存したあと、Ver.2.2.0で開いてテキストを回転したときに、テキストが見切れないようになりました。

  • CLIP STUDIO MODELERで作成された3Dオブジェクト素材を読み込んだときに、すべてのパーツが表示されないようになりました。初期レイアウトに設定されているパーツが表示されます。

  • [画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、[書き出し設定]ダイアログで[表現色]を[CMYKカラー]に設定したあと、[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示して、ウォーターマーク画像を読み込んでも、プレビューにウォーターマーク画像が表示されるようになりました。

  • [タイムライン]パレットで開始フレームや終了フレームの位置を変更し、クリップの長さも連動して変わるときに、クリップの表示がすぐに更新されるようになりました。

  • [修飾キー設定]ダイアログの[中クリック]が[なし]以外に設定していても、マウスホイールを押しながらドラッグしたときに、3Dレイヤーを操作できるようになりました。

  • レイヤーマスクを含むレイヤーをアニメーションセルに貼り付けたあとに変形しても、レイヤーの一部が欠けないようになりました。

  • [環境設定]ダイアログの[レイヤー追加時にセル指定を追加する]がオンのとき、[レイヤー]メニュー→[表示レイヤーのコピーを結合]を実行してアニメーションフォルダーの直下にレイヤーが作成された場合に、[タイムライン]パレットにセル指定が追加されるようになりました。

  • VRM形式の3Dキャラクターに対して、オブジェクトランチャーの[モデルを床面に設置します]を実行すると、接地するようになりました。

  • [タイトル]や[作者名]が設定されていないVRM形式の3Dファイルを読み込んだときに、[アイテムバンク]パレットのアイテム名や3Dレイヤーが新規作成されたときのレイヤー名、3Dレイヤーのオブジェクトリストなどに、ファイル名が表示されるようになりました。

  • [レイヤー移動]ツールの[元画像を残す]がオンのとき、[タイムライン]パレットにセル指定を追加できない場合にドラッグしても、メッセージが連続して表示されないようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[オブジェクト]サブツールでファイルオブジェクトレイヤーを選択して、[ツールプロパティ]パレットの[ファイルの変更]からファイルを選択するダイアログを表示すると、ファイルオブジェクトレイヤーに設定しているファイルにチェックマークが表示されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、[書き出し設定]ダイアログから[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示して、プレビューのウォーターマーク画像のハンドルを操作したときに、適切な位置で動作が止まるようになりました。

  • 【 iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードにおいて、レイヤーに対して一部のコマンドが2回以上連続して実行されないようになりました。

  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境において、シンプルモードでキャンバスをすべて閉じている状態のメニューから、[環境設定とヘルプ]を選択し、[ヘルプ]の各項目をタップしたときに、正しく動作するようになりました。

  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境において、キャンバスが縦長の場合、[タイムラプスの書き出し]ダイアログから[ウォーターマーク設定]ダイアログを表示したときに、プレビューが正しい配置で表示されるようになりました。

  • 【Win / mac】CLIP STUDIOを開いてログアウトしたあとに、CLIP STUDIO PAINTを開いて[環境設定]ダイアログで[OK]をクリックしても、CLIP STUDIOを表示したときにログアウトの状態が維持されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone】OSの写真アプリやファイルアプリからAdobe Photoshop ドキュメント(拡張子:psd)・BMP・TGAの各形式のファイルをコピーしたときに、CLIP STUDIO PAINTで[貼り付け]が実行できるようになりました。

  • 【iPad / iPhone】テキストレイヤーやフキダシレイヤーのテキストをクリックしたあとに[貼り付け]を実行しても、クリップボードにコピーした内容が維持されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone】[タイムラプスの書き出し]ダイアログでウォーターマークを設定したあとに、CLIP STUDIO PAINTを閉じ、再度起動して[タイムラプスの書き出し]を実行しても、ウォーターマークが正しく表示されるようになりました。

  • 【iPad/iPhone】iPadOS 17とiOS 17の環境で、テキストを入力したときに、ソフトウェアキーボードの下に入力欄が隠れないようになりました。

  • 【iPad】OSの設定で[Pencilを使用するときにエフェクトを表示]をオンにしても、3Dレイヤーのオブジェクトリストをペンで長押ししたあとに、オブジェクトのドラッグ&ドロップが行えるようになりました。

EX/PRO
  • 親子関係にある3D素材やパーツを複製したときに、同じ位置に複製されるようになりました。複数の3D素材やパーツを選択して複製したときに、直接親子関係にある3D素材やパーツの場合は、親子関係が維持されます。

  • 3Dレイヤー上で親子関係のある複数の3D素材やパーツを選択して、ルートマニピュレーターで拡縮を行うと、親子関係のあるパーツが連動して拡縮されるようになりました。

  • [環境設定]ダイアログの[セルへの貼り付け方法]が、[選択中のレイヤーに貼り付け]のとき、ベクターレイヤーの貼り付け位置がずれなくなりました。

  • [環境設定]ダイアログの[セルへの貼り付け方法]が、[選択中のレイヤーに貼り付け]のとき、レイヤーマスクを含むベクターレイヤーをアニメーションフォルダー内のベクターレイヤーに貼り付けても、貼り付けた内容が見えなくなることがなくなりました。

  • [サブビュー]パレットの画像一覧から画像を選択し、[サブビュー]パレットの[前の画像へ]や[次の画像へ]を使用してイメージプレビューに表示する画像を切り替えたあと、画像一覧を表示すると、イメージプレビューの画像が選択状態で表示されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで、3Dデッサン人形と親子関係を設定している3D素材を同じ3Dレイヤーに配置していても、複数の3Dレイヤーを含む3Dレイヤーが編集できないようになりました。

  • 【Galaxy / Android / Chromebook】[サブビュー]パレットの[フォトライブラリから読み込み]の名称が[ストレージから読み込み]に変更されました。[サブビュー]パレットのメニューの[フォトライブラリから読み込み]も同様に変更されました。

EX
  • [新規光沢レイヤー]ダイアログで光沢レイヤーの色を設定したときに、プレビューに色が反映されるようになりました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.2.1の主な更新内容(2023年9月29日公開)

Ver.2.2.1では下記の修正をいたしました。

共通
  • 【Win】新規キャンバスや保存した直後のキャンバスの編集を開始したときに、アプリの動作に遅延が発生する。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.2.0の主な更新内容(2023年9月26日公開)

3D機能を強化

  • 3Dデッサン人形に小物を持たせるなど、3D素材同士で親子関係の設定が可能になり、操作性が向上【EX/PRO】
    • [サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]カテゴリで、3D素材同士で親子関係を設定できるようになりました。親に設定した3D素材に連動して、子に設定した3D素材の位置を移動できます。親に設定した3D素材が3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材の場合は、[アタッチ先の部位]を指定すると、体の特定の部位と3D素材を連動できます。
  • 3Dデッサン人形の体型がより詳細にカスタマイズ可能に
    • 3Dデッサン人形の[体型変更]が、従来より詳細に調整できるようになりました。[肩]を選択したときに従来の肩幅のほか肩の奥行きの厚みを設定したり、[脚]を選択したときに[膝上]と[膝下]を別に調整したりできます。[胴体]・[腕]・[腰]も同様に詳細に調整できます。
  • VRMファイルの読み込みに対応
    • VRM形式の3Dファイルの読み込みに対応しました。対応しているVRM形式のバージョンは、0.0と1.0です。VRM形式の3Dファイルを読み込むと、自動的にボーンマッピングが設定されて3Dキャラクターと同様にポーズを設定できます。揺れものの設定も、物理設定に置き換わります。ただし、表情の変更などは行えません。

サブビューの操作性を向上【EX/PRO】

[サブビュー]パレットに[画像一覧]が追加されました。クリックすると、[サブビュー]パレットに登録されている画像を一覧表示できます。

ウォーターマーク設定機能

  • [画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、任意の画像をウォーターマークとして設定できるようになりました。
  •  [タイムラプスの書き出し]から動画を書き出すときに、任意の画像をウォーターマークとして設定できるようになりました。タブレットやスマートフォンの場合は、スタジオモードでウォーターマークの設定を行えます。

【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードに手軽に試せる、ASSETSのおすすめ素材を表示

シンプルモードの画面から新しいブラシなどの素材を追加するときに、ブラウザを起動せず、アプリ上にCLIP STUDIO ASSETSのおすすめ素材が表示されるようになりました。デジタル作画が初めての方でも使いやすい素材や人気素材をピックアップ。より簡単に素材を活用できるようになりました。

CLIP STUDIO ASSETSからダウンロードした素材名に自動翻訳を適用

ASSETSからダウンロードした素材名に自動翻訳が適用されるようになりました。自動翻訳の適用はASSETSの[設定]にある[ダウンロード時の素材名]から設定できます。

画像解像度の変更とあわせてスマートスムージングの実行が可能に

[編集]メニュー→[画像解像度を変更]を実行したときに、[補間方法]から[スマートスムージング]を選択できるようになりました。スマートスムージングとは画像を拡大する際に細部を補完し解像感を向上させる機能です。

アニメーション機能の改善

  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[レイヤー追加時にセル指定を追加する]が追加されました。オンにすると、アニメーションフォルダー内にレイヤーを追加すると同時に、[タイムライン]パレットにセルが指定されます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[レイヤー削除・移動時にセル指定を削除する]が追加されました。オンにすると、アニメーションフォルダー内のレイヤーを削除すると同時に、[タイムライン]パレットのセル指定が削除されます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[セルへの貼り付け方法]が追加されました。[選択中のレイヤーに貼り付け]を選択すると、選択しているアニメーションセルに対して[貼り付け]を実行できます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[クリップの長さを自動延長する]が追加されました。オンにすると、[タイムライン]パレットの終了フレームの移動に連動して、クリップが延長されます。また、2Dカメラフォルダーやレイヤーフォルダーなどのクリップを延長したときは、内部のレイヤーのクリップも延長されます。

CLIP STUDIO MONO 連携機能

CLIP STUDIO MONOは、 CLIP STUDIO PAINTで制作したデジタル作品を「唯一無二」のコンテンツとして CLIPPY を使って取引することができる新しいサービスです。

  • CLIP STUDIOの作品管理画面に、[CLIP STUDIO MONOにマスターコンテンツを登録]が追加されました。
    ※ CLIP STUDIO MONO はプレビューリリースです。1日に登録できる件数を制限しております。後日、正式リリースを予定しております。

Version 2.2.0の更新内容

下記の更新をいたしました。

共通
  • 3Dデッサン人形の[体型変更]が、従来より詳細な設定ができるようになりました。[肩]を選択したときに従来の肩幅のほか肩の奥行きの厚みを設定したり、[脚]を選択したときに[膝上]と[膝下]を別に設定したりできます。[胴体]・[腕]・[腰]も同様に詳細な設定を行えます。
  •  [タイムラプスの書き出し]から動画を書き出すときに、任意の画像をウォーターマークとして設定できるようになりました。タブレットやスマートフォンの場合は、スタジオモードでウォーターマークの設定を行えます。
  • [画像を統合して書き出し]から画像を書き出すときに、任意の画像をウォーターマークとして設定できるようになりました。
  • [編集]メニュー→[画像解像度を変更]を実行したときに、[補間方法]から[スマートスムージング]を選択できるようになりました。[画像解像度の変更]と同時に[スマートスムージング]を実行できます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[レイヤー追加時にセル指定を追加する]が追加されました。オンにすると、アニメーションフォルダー内にレイヤーを追加すると同時に、[タイムライン]パレットにセルが指定されます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[レイヤー削除・移動時にセル指定を削除する]が追加されました。オンにすると、アニメーションフォルダー内のレイヤーを削除すると同時に、[タイムライン]パレットのセル指定が削除されます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[セルへの貼り付け方法]が追加されました。[選択中のレイヤーに貼り付け]を選択すると、選択しているアニメーションセルに対して[貼り付け]を実行できます。
  • [環境設定]ダイアログの[アニメーション]に、[クリップの長さを自動延長する]が追加されました。オンにすると、[タイムライン]パレットの終了フレームの移動に連動して、クリップが延長されます。また、2Dカメラフォルダーやレイヤーフォルダーなどのクリップを延長したときは、内部のレイヤーのクリップも延長されます。
  • [タイムライン]パレットを再生するときの処理が、従来に比べて負荷がかからないようになりました。
  • VRM形式の3Dファイルの読み込みに対応しました。対応しているVRM形式のバージョンは、0.0と1.0です。VRM形式の3Dファイルを読み込むと、自動的にボーンマッピングが設定されて3Dキャラクターと同様にポーズを設定できます。揺れものの設定も、物理設定に置き換わります。ただし、表情の変更などは行えません。
  • 3DレイヤーにglTF形式のファイルを読み込んだときに、従来より正しく鏡面反射が再現されるようになりました。
  • アプリからCLIP STUDIO ASSETSをブラウザで開いたときに、ログイン状態が引き継がれるようになりました。
  • [バージョン互換情報の保存]に必要なファイル容量が削減されました。すでにバージョン互換情報が保存されているファイルの容量を削減するには、一度、バージョン互換情報を削除したあと、再度バージョン互換情報を保存してください。[環境設定]ダイアログの[バージョン互換情報の保存]で、保存方法の設定を変更できます。
  • CLIP STUDIOの作品管理画面に、[CLIP STUDIO MONOにマスターコンテンツを登録]が追加されました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードの画面から新しいブラシなどの素材を追加するときに、ブラウザを起動せず、アプリ上にCLIP STUDIO ASSETSのおすすめ素材が表示されるようになりました。メニューコマンドの名称が次のように変更されました。
    • [素材]パレットのメニューの[新しい素材を探す]が[おすすめ素材を追加]に変更されました。
    • [サブツール]パレットのメニューの[新しいブラシを探す]が[おすすめブラシを追加]に変更されました。
    • [カラーセット選択]ダイアログの[新しいセットを探す]が[おすすめセットを追加]に変更されました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのレイヤー詳細メニューに、[レイヤーをクリア]が追加されました。レイヤーの描画を一括消去できます。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのヘルプの表示方法が変更されました。[メニュー]の[環境設定とヘルプ]から表示できます。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのレイヤーサムネイルに表示される一部アイコンの視認性が向上しました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】キャンバスが保存されずにアプリが終了した場合、次回起動時にメッセージが表示されるようになりました。
  • 【Win / mac / iPad / Galaxy / Android / Chromebook】キャンバスの復元ファイルの保存に失敗したときに、エラーメッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】メモリ使用量が一定水準を超えた場合に、警告メッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[初期化起動]ダイアログで初期化できる項目に、[バックアップファイルの削除]が追加されました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】端末のストレージの空き容量が6GB未満の場合、アプリ起動時にメッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境のシンプルモードにおいて、復元キャンバスが作成されたときのメッセージを再表示しない設定ができるようになりました。
  • 【iPad / Android / Chromebook】タブレット環境において、[初期化起動]ダイアログの[メッセージの再表示]を初期化してから起動したときに、シンプルモードとスタジオモードを選択する画面が表示されるようになりました。
  • 【Android / Chromebook】Android11以降の端末において、作品を共有するときにサムネイル画像が表示されるようになりました。
  • 【iPad】[環境設定]ダイアログの[描画ツール]に [予測ストロークを表示する] が追加されました。オンにすると、描画中に予測したストロークが一時的に表示され、すばやく描画したときの遅延が改善される場合があります。
  • ライセンス画面でログインを行うときに、利用可能なライセンスを1つだけ所有している場合、ライセンスを選択する操作を行わずに、CLIP STUDIO PAINTを起動できるようになりました。
  • [テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したとき、[サブツール詳細]パレットの[リサイズハンドルを表示]の設定がツールに保存されるようになりました。次回ツール使用時も、同様の設定で使用できます。
  • CLIP STUDIOのアプリ設定のバックアップに、[自動陰影]ダイアログに登録したプリセットも保存されるようになりました。
  • 3Dレイヤー編集時にマニピュレーターを使用して3D素材を回転するときに、マニピュレーターを見る角度によって操作方法が変わらず、つねにオブジェクトを中心にしてカーソルで円を描くように移動させる操作で回転できるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤーを選択しているときに、[サブツール詳細]パレットや[ツールプロパティ]パレットの[連動してカメラを前進・後退]と[関節角度制限]の設定がツールに保存されるようになりました。次回ツール使用時も、同様の設定で使用できます。
  • [環境設定]ダイアログの[ライトテーブル]の名称が[アニメーション]に変更されました。従来の操作に加えて、アニメーションセルや[タイムライン]パレットの操作に関する設定が行えるようになりました。
  • アニメーションフォルダー内のレイヤー名を変更したときに、同じ名前のレイヤーが同じフォルダー内に存在する場合は、メッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのログイン画面のデザインが改善されました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで3Dデッサン人形をキャンバスに追加したときに、配置した3Dデッサン人形が画面内に収まるように、キャンバスの表示位置と倍率が自動で調整されるようになりました。
  • 3Dレイヤーに複数の3D素材を配置していても、[オブジェクト]サブツールでクリックした3D素材を正しく選択できるようになりました。
  • 3Dレイヤーをコピーして異なるサイズのキャンバスに貼り付けたり、3Dレイヤーを含むキャンバスのサイズを変更したりすると、自動的にレンズシフトが設定されないようになりました。
  • [サブツール詳細]パレットで[約物の字幅を半角にする]をオンに設定されているテキストに対して、ハンドルを使用して縦横比を変更をしたときに、特定の記号がほかの文字に重ならないようになりました。
  • CLIP STUDIOの作品管理画面から作品をダウンロードしたときに、[通信管理]ダイアログの進捗が正しく表示されるようになりました。
  • アニメーションフォルダー内のレイヤー名を変更したあとに、[タイムライン]パレットで編集するタイムラインを切り替えても、変更後のレイヤー名が表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットで[選択の追加]を[選択状態の切り替え]に設定している場合、選択状態のテキストをクリックしたときに、選択状態を解除しやすくなりました。
  • アニメーションフォルダー内のレイヤーに対して[編集]メニュー→[自動陰影]を実行すると、参照元のレイヤーと陰影のレイヤーを格納したレイヤーフォルダーが作成され、キャンバスに自動陰影の描画が表示されるようになりました。
  • アニメーションフォルダーのクリップの先頭のフレームが選択されているときに、[タイムライン]パレットの[セル指定の削除]を行ったあと、[取り消し]で[セル指定の削除]の操作を取り消してから、[やり直し]を実行したときに、正しく操作が反映されるようになりました。
  • タイムラインの終了フレームの設定により、ムービーを書き出せない現象が発生しないようになりました。
  • [編集]メニュー→[自動陰影]を実行するときに、非表示のレイヤーを参照しないようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのテキスト入力欄上でスワイプしても、キャレットが端まで移動しないようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードでカラーセット選択画面を表示しながら、複数のカラーセット素材を同時にダウンロードしても、ダウンロード待機状態中の表示が正しく表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで機能を切り替えるときに、無効になっている項目名もグレーで表示されるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境で、作品ファイルからCLIP STUDIO PAINTをシンプルモードで起動したときに、ダイアログが表示されたあとでも、ファイルの状態を通知するメッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境において、CLIP STUDIOの作品管理画面や素材管理画面の表示を変更しても、初期設定に戻らないようになりました。
  • 【mac / iPad / iPhone】コマンドバーやメニューコマンドの[貼り付け]の有効・無効の表示が、正しく切り替わるようになりました。
  • 【iPad / Galaxy / Android】タブレット環境において、プッシュ通知をタップすると、アプリケーションの起動時に、CLIP STUDIOで通知内容が表示されるようになりました。
  • 【iPad/iPhone】CLIP STUDIOの作品管理画面の[クラウド]タブで、オフライン状態を示す画面が表示されるようになりました。
  • 【Galaxy/Android】[環境設定]ダイアログで[予測ストロークを表示する]をオンにしたときに、[ドットペン]サブツールの描画が正しくできるようになりました。
  • 【Galaxy/Android】Android13以降の環境において、CLIP STUDIO PAINTからの通知をオンに設定できるようになりました。
  • 【Win】指とペンで同時入力したときに、描画が乱れないようになりました。
  • 【mac】ポップアップを閉じた直後に、ブラシカーソルがちらつかないようになりました。
  • 【mac】複数のダイアログを表示しているときに、ダイアログからファイルを選択するダイアログを表示すると、ファイルを選択するダイアログが別のダイアログの下に重なって表示されないようになりました。
  • 【iPad】Split ViewやSlide Overを使用しているときに、ほかのアプリからクリップボードにコピーした内容を貼り付けられるようになりました。
  • 【iPad】シンプルモードのテキスト入力欄で、スクリブルによるテキスト入力ができるようになりました。
EX/PRO
  • [サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]カテゴリで、3D素材同士で親子関係を設定できるようになりました。親に設定した3D素材に連動して、子に設定した3D素材の位置を移動できます。親に設定した3D素材が3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材の場合は、[アタッチ先の部位]を指定すると、体の特定の部位と3D素材を連動できます。
  • [サブツール詳細]パレットの[配置]カテゴリから、オブジェクトリストが削除されました。[オブジェクト]サブツールなどで選択した3D素材の配置は、引き続き[配置]カテゴリで行えます。従来の[平行光]や[環境光]の設定は、[光源]カテゴリで行えます。
  • 3Dレイヤー上に読み込んだ3Dモデルを、3Dオブジェクト素材として登録できるようになりました。CLIP STUDIO PAINTで登録した3Dオブジェクト素材は、Ver.2.2以降の環境に対応しています。CLIP STUDIO ASSETSからダウンロードした3D素材やVer.2.2未満のバージョンでキャンバスに読み込んだ3Dモデルは、[素材]パレットに登録できますが、CLIP STUDIO ASSETSに公開できません。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[カメラ]カテゴリに、[注視点距離を編集対象に合わせる]が追加されました。オンにすると、キャンバス上で3D素材をクリックして編集対象を切り替えたときに、カメラから編集対象までの距離に合わせて、注視点の位置を自動で調整できます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[マウス・ジェスチャー]カテゴリが追加されました。マウスやタッチジェスチャーに3Dレイヤーの操作を割り当てられます。従来[操作]カテゴリにあった[ジェスチャーでカメラを操作する]も、[マウス・ジェスチャー]カテゴリで設定を行えます。
  • [サブビュー]パレットに[画像一覧]が追加されました。クリックすると、[サブビュー]パレットに登録されている画像を一覧表示できます。
  • [表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビュー]で、カラープロファイルをプレビューするときに、[ナビゲーター]パレットにも適用されるようになりました。
  • 画像素材とテンプレート素材に、自作以外の3D素材や[ファイル]メニューから読み込んでいない3Dモデルを含む3Dレイヤーがある場合、CLIP STUDIO ASSETSにこれらの素材を公開できないようになりました。
  • [サブビュー]パレットの画像を読み込み時に、従来は末尾に画像が追加されましたが、現在表示中の画像の次に追加されるようになりました。
  • [サブビュー]パレットの幅を狭くしたときに、非表示になるボタンが変更されました。[読み込み]・[カメラ撮影から読み込み]・[画像をキャンバスで開く]の順に非表示になります。
  • 2Dカメラフォルダー内にクイックマスクを挿入できるようになりました。
  • アニメーションフォルダー内のレイヤーを選択しているときに、[選択範囲]メニュー→[クイックマスク]を選択すると、アニメーションフォルダーの上にクイックマスクが作成されるようになりました。
  • ロックされたレイヤーフォルダー内のレイヤーを選択しているときに、[選択範囲]メニュー→[クイックマスク]を選択すると、そのレイヤーフォルダーの上にクイックマスクが作成されるようになりました。
  • [パース定規]サブツールでパース定規を作成中に、補助線の位置がずれないようになりました。
  • [パース定規]サブツールの[ツールプロパティ]パレットで[消失点の追加]をオンにしてパース定規を作成するときに、意図した方向に補助線を作成できるようになりました。
  • 一部の状況において、大きいキャンバスで[編集]メニュー→[色調補正]→[階調の反転]を実行したときに、時間がかからないようになりました。
  • 表現色がモノクロの画像素材をブラシ先端形状に複数使用しているベクター線を描画したときの、変形や編集にかかる時間が短縮されました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.2.0では下記の更新をいたしました。

共通
  • アプリからCLIP STUDIO ASSETSをブラウザで開いたときに、ログイン状態が引き継がれるようになりました。
  • CLIP STUDIOの作品管理画面に、[CLIP STUDIO MONOにマスターコンテンツを登録]が追加されました。

その他、いくつかの軽微な不具合を修正いたしました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.1.6の更新内容(2023年9月19日公開)

  • 【iPad/iPhone】iPadOS 17とiOS 17の環境で、テキストレイヤーが正しく表示されるようになりました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.1.4 の主な更新内容(2023年8月30日公開)

Ver.2.1.4では下記の修正をいたしました。

共通
  • Photoshop 形式 (拡張子:PSD・PSB)のファイルを開くと、強制終了する場合がある問題を修正しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.1.3 の主な更新内容(2023年8月29日公開)

Ver.2.1.3では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのメニューの[画像を共有]が[画像を書き出し]に、[タイムラプスを共有]が[タイムラプスを書き出し]に名称が変更されました。

  • 【Galaxy / Android / Chromebook】作品の共有を行うときに、ほかのアプリと連携できるようになりました。[画像を書き出し]や[タイムラプスを書き出し]のサブメニューから[共有]を選択すると、連携するアプリを選択できます。[端末内に保存]を選択すると、端末内に作品を保存できます。

  • 一部の環境において、CLIP STUDIO ASSETSから素材をダウンロードできるようになりました。

  • フォント一覧の[最近使用したフォント]に表示されているフォントを端末から削除すると、[最近使用したフォント]に表示される履歴が10件より少なくなる場合がある。

  • [タイムラプスの書き出し]から書き出した動画の映像が乱れないようになりました。

  • 【iPad / iPhone/ Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモード時に、CLIP STUDIO ASSETSから素材集をダウンロードしたあとに、すぐに操作できるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのテキスト入力欄でタイ語の「ำ」が入力されているときに、左矢印キーを押して「ำ」の左にキャレットを移動できるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードのテキスト入力欄で矢印キーを押したときに、キャレットが1文字単位で移動できるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで特定のツールを使用していても、[左右反転]が表示されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードでカラーセット素材をダウンロード中にカラーセット選択画面を閉じても、意図しないカラーセットがダウンロードされないようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで[素材]パレットから3D素材を追加して編集を確定したあとに、保存できるようになりました。

  • 【iPad/ iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードで、レイヤーをタップして表示されるメニューから[フチ効果]を選択して、[フチの色]を選択する画面の[カラーセット]からCLIP STUDIO ASSETSのカラーセットをダウンロードしたときに、正しいカラーセットがダウンロードできるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードの[素材]パレットの[ダウンロード一覧]に表示される素材集のサムネイルの四隅が欠けずに表示されるようになりました。

  • 【Win / mac】CLIP STUDIOとCLIP STUDIO PAINTを同時に起動している状態で、CLIP STUDIOの作品管理画面の[いますぐ同期]を実行しても、編集内容がCLIP STUDIOのクラウドに反映されるようになりました。

  • 【iPad / iPhone】シンプルモードのテキスト入力欄で、未確定の範囲外をタップしたときのキャレットの移動先が、未確定の範囲内に収まるようになりました。

  • 【Galaxy / Android】一部の端末において、特定のファイルの[タイムラプスの書き出し]が正しく実行できるようになりました。

EX/PRO
  • 3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[レンズシフト]を設定したあと、[垂直に補正]を実行したり、[ロール]を「0」以外に設定した状態で[補正をリセット]を実行したりしても、カメラを回転するときの基準位置が変わらないようになりました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.1.3では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【Win】CLIP STUDIOのWebページの表示を、EdgeとInternet Explorerから選択できるようになりました。

その他、いくつかの更新をいたしました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.1.2の主な更新内容(2023年8月10日公開)

Ver.2.1.2では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【Galaxy/Android】Galaxy Z Fold 5で、スマートフォン向けUIとタブレット向けUIを切り替えられるようになりました。
  • 【Win / mac / iPad / Galaxy / Android / Chromebook】[ウィンドウ]メニュー→[キャンバスタブを常に表示する]を無効にしているときに、メインウィンドウで複数のキャンバスを開いても、キャンバスタブが表示されない。なお、スマートフォン環境は除きます。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】シンプルモードでCLIP STUDIO ASSETSからブラシ素材をダウンロード中に、ツールを切り替えたり、画像素材やデッサン人形の編集を行ったりすると、キャンバス上で操作できなくなったり、アプリケーションが終了したりすることがある。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.1.0 の主な更新内容(2023年7月27日公開)

【iPad/Galaxy/Android/Chromebook】タブレットでの利用時に直感的に使えるシンプルモードを追加

タブレット環境にもシンプルモードが追加されました。従来のUI(スタジオモード)と比較して、ツールの切り替えなどが簡単にでき、より直感的に使用できるインターフェースを実装。初めてでもデジタル作画に親しみやすいよう、イラストを描くのに必要な基本的な機能をはじめ、3Dデッサン人形でポーズをつけたり、[囲って塗る]、[ゆがみ]ツールなど便利な機能をピックアップしました。
※Ver.2.1.0にアップデート後の初回起動時はスタジオモードが起動しますが、メニューからいつでもシンプルモードに切り替えられます。

タイムラプスのファイルサイズを軽量化

Ver.2.1以降の環境で[タイムラプスの記録]を有効にしたCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルサイズが軽量化されました。
※Ver.2.1以降で[タイムラプスの記録]を有効にしたCLIPファイルは、Ver.2.1未満のバージョンではタイムラプスを書き出せません。

作品の作業時間の記録

作品の作業時間が記録され、[情報]パレットに表示されるようになりました。一定時間操作がない場合、記録は一時停止され、操作を開始すると再び記録を開始します。記録された作業時間はCLIPファイル内に保存されます。
以前のバージョンで制作した作品は、作業時間に対応しているバージョンで表示した時間を起点として計測します。

透過GIFアニメーションの出力に対応

[ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションGIF]に、[背景を透過]が追加されました。背景を透過したアニメーションGIFを書き出せます。

3Dデッサン人形の操作性を強化

  • 3Dデッサン人形のポーズを簡単に左右対称化

    • [オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ポーズ対称化]が追加されました。腕・手・脚のポーズを左右対称にできます。

  • 3Dデッサン人形のポーズや体型を変更するときのパフォーマンスを改善

    • 3Dデッサン人形のポーズや体型を変更するときの操作時の遅延が軽減されます。

フォント名の検索

[テキスト]ツールの[ツールプロパティ]パレットや[フォントリスト設定]ダイアログなどからフォントを選択するときに、キーワードを入力してフォントを検索する機能が追加されました。

Version 2.1.0の更新内容

下記の更新をいたしました。

共通
  • Ver.2.1以降の環境で[タイムラプスの記録]を有効にしたCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルサイズが軽量化されました。なお、Ver.2.1以降で[タイムラプスの記録]を有効にしたファイルは、Ver.2.1未満のバージョンではタイムラプスを書き出せません。

  • [情報]パレットに作品の作業時間が表示されるようになりました。以前のバージョンで制作した作品は、作業時間に対応しているバージョンで表示した時間を起点として計測します。

  • CLIP STUDIOの作品管理画面をリスト表示にしたときに、作品ごとの作業時間が表示されるようになりました。

  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションGIF]に、[背景を透過]が追加されました。背景を透過したアニメーションGIFを書き出せます。

  • [オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ポーズ対称化]が追加されました。腕・手・脚のポーズを左右対称にできます。

  • [オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ポーズ直立化]が追加されました。首や胴体の左右の傾きをまっすぐに矯正できます。

  • 3Dデッサン人形のポーズや体型を変更するときのパフォーマンスが改善されました。

  • [テキスト]ツールの[ツールプロパティ]パレットや[フォントリスト設定]ダイアログなどからフォントを選択するときに、キーワードを入力してフォントを検索する機能が追加されました。

  • [テキスト]ツールの[ツールプロパティ]パレットなどからフォントを選択するときに、最近使用したフォントが10件まで表示されるようになりました。

  • [選択範囲をマスク]などでレイヤーマスクを適用したべた塗りレイヤーとグラデーションレイヤーに対して、[整列・分布]が実行できるようになりました。

  • CLIP STUDIO PAINTに複数の3Dファイルをドラッグ&ドロップして読み込めるようになりました。

  • キャンバスの縮小倍率を50%以下にした場合の描画内容が、従来より正確に表示されるようになりました。

  • [ショートカットキー設定]ダイアログや[コマンドバー設定]ダイアログなどの[オプション]の[ツールプロパティパレット]に、80以上の設定項目が追加されました。

  • [ショートカットキー設定]ダイアログや[コマンドバー設定]ダイアログなどの[オプション]に、[レイヤーパレット]が追加されました。次のレイヤーフォルダーに関する操作を設定できるようになりました。  

    • フォルダーを開閉

    • 配下のフォルダーをすべて開閉

    • 同階層のフォルダーをすべて開閉

    • 同階層と配下のフォルダーをすべて開閉

    • フォルダーをすべて開閉

  • [レイヤー]パレットに、修飾キーを使用したレイヤーフォルダーの操作が追加されました。

    • [Alt]キー:クリックしたレイヤーフォルダーと配下のレイヤーフォルダーの開閉を行えます。

    • [Ctrl]キー:クリックしたレイヤーフォルダーに加え、同じ階層にあるレイヤーフォルダーの開閉を行えます。

    • [Alt]+[Ctrlキー:クリックしたレイヤーフォルダー、同じ階層にあるレイヤーフォルダー、これらのレイヤーフォルダーの配下にあるレイヤーフォルダーの開閉を行えます。

  • [環境設定]ダイアログの[ツール]が、[ツール一般]と[描画ツール]に分割されました。新しいカテゴリで従来通りの設定を行えます。

  • [ファイル]メニュー→[画像を統合して書き出し]でPNG形式のファイルを書き出すときに、[書き出し設定]ダイアログに[アルファチャンネルを書き出す]が追加されました。アルファチャンネルの出力を設定できます。

  • [表示]メニュー→[グリッド・ルーラーの設定]に、[初期値に登録]が追加されました。よく使用する設定を初期値として登録できます。

  • [編集]メニュー→[変形]実行時の[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットに、[位置]が追加されました。変形中のオブジェクトやレイヤーの位置を数値で指定できます。

  • 3Dレイヤーの[フォグを有効にする]をオンにしたときに、初回だけフォグの開始距離と深さがオブジェクトとカメラ位置を元に自動調整された状態で適用されるようになりました。以前のバージョンでフォグを有効にしている場合は、従来通りの表示になります。

  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[フォグ]カテゴリに、[距離フォグ]と[不透明度]が追加されました。[距離フォグ]は、カメラからの距離に応じて球状に濃くできます。[不透明度]はフォグ全体の濃さを調整できます。

  • 【iPad/Galaxy/Android/Chromebook】タブレット環境において、[環境設定]ダイアログに[タッチ]が追加されました。[タッチ位置調整]を設定すると、タッチ位置を調整できます。

  • 【iPad/Galaxy/Android/Chromebook】タブレット環境にシンプルモードが追加されました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、[素材]パレットに素材集を大量に登録しているときのパフォーマンスが改善されました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】シンプルモードの[レイヤー]パレットの表示が変更されました。レイヤーマスクや定規などの機能とレイヤーの関連付け、下のレイヤーでクリッピング、レイヤーフォルダーの階層、選択中のレイヤーの枠線の色などを改善しています。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】シンプルモード表示時に、[環境設定]からイントロダクションを再表示できるようになりました。

  • 【Galaxy/Android】Galaxy Tab S8シリーズなどの一部環境において、[環境設定]ダイアログの[カーソル詳細]に、[予測カーソルを表示する]が追加されました。

  • 【Galaxy/Android】Galaxy Tab S8シリーズなどの一部環境において、[環境設定]ダイアログの[描画ツール]に [予測ストロークを表示する] が追加されました。オンにすると、描画中に予測したストロークが一時的に表示され、すばやく描画したときの遅延が改善される場合があります。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境において、シンプルモードの[環境設定]に、[指で描画する]が追加されました。

  • 【iPad】[素材]パレットに、新しい画像素材が追加されました。

  • [アニメーションセル]パレットの[キャンバス共通ライトテーブル]に、3Dレイヤーが登録できないようになりました。

  • 3Dレイヤーの[レンズシフト]を「0」以外に設定している状態で、3D素材に対して[編集対象を注視]を実行したあと、マウスでカメラの回転を実行したときに、カメラ回転の中心が画面の中心になるように、3Dレイヤーの表示が調整されるようになりました。

  • [素材]パレットの[単色パターン]の[基本]や[グラデーション]内にある[砂目]の画像素材のサムネイルが、キャンバス貼り付け時と同様に表現色がモノクロで表示されるようになりました。

  • 【Win/mac/iPhone】ポーズが設定されている3Dデッサン人形の身長や頭身を変更するときの基準が、従来のルートマニピュレータ―から、3Dデッサン人形の底面の高さに変更されました。

  • 【iPad/Galaxy/Android】タブレット環境において、筆圧に対応したペンを初めて使用したときに、[指とペンで異なるツールを使用]が自動でオンに切り替わらないようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境において、スタジオモードの[素材]パレットの[すべての素材]の直下に格納している自作のフォルダーや素材集が、シンプルモードの[素材]パレットの[全ての素材]の一覧に表示されるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、コマ枠フォルダーを含む素材が[素材]パレットの非対応素材になりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のスタジオモードにおいて、[下のレイヤーでクリッピング]をオンにしたあとに、レイヤーをロックしても、選択したレイヤーがすべて[下のレイヤーでクリッピング]がオンになっている場合、[下のレイヤーでクリッピング]のメニューコマンドにチェックマークが付くようになりました。[レイヤー]パレットの[下のレイヤーでクリッピング]もオンの状態で表示されるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、数値をタップして表示される[+]と[-]のボタンがやや小さく表示されるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、[新しいブラシを探す]を実行したときに、ブラシ素材だけが表示されるようになりました。

  • レイヤーマスクを適用したレイヤーや非表示のレイヤーを含むCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)を、以前のバージョンで開いても、キャンバスがロックされないようになりました。

  • CLIP STUDIOからCLIP STUDIO ASSETSにアップロードした素材を、CLIP STUDIOのマイアップロードからダウンロードしたあと、CLIP STUDIOのクラウドと素材を同期できるようになりました。

  • 一部のタイ語フォントで 「น้ำ」 を正しく表示できるようになりました。

  • テキストレイヤーを移動したあと、[テキスト]ツールで同じレイヤー上をドラッグすると、ドラッグした位置にテキストボックスが作成されるようになりました。

  • [テキスト]ツールでテキストを入力したときに、ゼロ幅スペース文字(U+FEFF)が表示されないようになりました。

  • [タイムラプスの書き出し]ダイアログが開いた直後に[OK]を押しても、タイムラプスを書き出せるようになりました。

  • 初期状態がピック不可に設定されている3Dオブジェクト素材に対して、ピックや表示の設定を変更したあとに[取り消し]を実行したときに、ピック不可の状態に戻るようになりました。

  • メッシュに関連付けられていないパーツを持つ3Dオブジェクト素材を編集しているときに、オブジェクトリストからパーツを選択しても、強制終了しないようになりました。

  • [カラーサークル]パレットか[近似色]パレットを非表示にして、色を変更するときのパフォーマンスが改善されました。

  • 3Dレイヤー選択時の[ツールプロパティ]パレットの[編集表示設定]で[通常]と[高速]を切り替えたときに、まれに3D素材の表示位置がずれることがありましたが、正しく表示されるようになりました。

  • 3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[レンズ]カテゴリで[レンズシフト]を設定したあとに、3D素材を選択して[編集対象を注視]を実行しても、3Dレイヤーのパース定規が正しく表示されるようになりました。その状態で[レイヤー移動]ツールで3Dレイヤーを移動しても、3D素材の表示がすれないようになりました。

  • キャンバスの端が表示されていない状態で、3Dレイヤー選択時の[ツールプロパティ]パレットの[編集表示設定]を切り替えたり、3Dレイヤー選択時に[取り消し]や[やり直し]などを使用してほかのレイヤーを操作したりしても、3Dレイヤーの動作が重くならないようになりました。

  • 3Dデッサン人形 Ver.2の選択時に、[ツールプロパティ]パレットの[頭身]で設定できる最大値が10.0になりました。

  • 3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[レンズ]カテゴリで[レンズシフト]を設定したあとに、3D素材を選択してオブジェクトランチャーや[ツールプロパティ]パレットの[アングル]からカメラアングルを選択しても、3D素材やパース定規が正しく表示されるようになりました。

  • 複数の3D素材を選択しているときに、[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットから[アングル]が設定できないようになりました。

  • 3Dレイヤーに一部のglTF形式のファイルを読み込んだときに、メッシュが正しく表示されるようになりました。

  • 【Win/mac/iPad】[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[操作]カテゴリで[ジェスチャーでカメラを操作する]をオンにしてピンチインやピンチアウトをしたときに、キャンバスの表示倍率によってカメラの前後の移動量が変わらないようになりました。

  • 【mac / iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIO ASSETSから素材をダウンロードしているときに、[一時停止]と[再開]を繰り返し行っても、素材がダウンロードされるようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】3Dレイヤーのオブジェクトランチャーでカメラをロックしたときに、2本指で3Dレイヤーを操作できないようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[編集設定]カテゴリで[追加方法]を[挿入位置を自動判別]に設定したときに、同じテキストレイヤーにテキストを追加できる範囲が変更されました。テキストを追加できる範囲が、キャンバスの解像度や拡大率により変動しないようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】レイヤーフォルダー選択時に、[テキスト]ツールでレイヤーフォルダー内のテキストをドラッグすると、テキストレイヤーが作成されないようになりました。

  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】一部のスマートスムージングやハンドスキャナーが使用できない環境で、これらの機能が使用できるようになりました。

  • 【iPad/Galaxy/Android/Chromebook】タブレット環境において、[初期サブツールを追加]ダイアログにスクロールバーが表示されるようになりました。

  • 【Galaxy/Android/Chromebook】CLIP STUDIOのクラウドから複数の作品や素材をまとめてダウンロードしたときに、まれに失敗する現象が発生しないようになりました。

  • 【Galaxy/Android/Chromebook】CLIP STUDIO ASSETSから特定の素材をダウンロードしたときに、まれに失敗する現象が発生しないようになりました。

  • 【Galaxy/Android/Chromebook】3Dレイヤーを含むキャンバスを画像やアニメーションとして書き出したときに、3Dレイヤーの内容を正しく書き出せるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、3Dファイルをドラッグ&ドロップしても読み込めないようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】ファイルアプリから開いたファイルの読み込みに失敗しても、スタート画面が表示されるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】シンプルモードで色を変更するときのパフォーマンスが改善されました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、3Dレイヤーの編集時に、未確定の編集内容が自動保存や復元保存されないようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境において、シンプルモードの[環境設定]で[一本指ロングタップでスポイトツール]の設定が、スタジオモードに切り替えたあとに引き継がれないようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境シンプルモードにおいて、[環境設定]の[一本指ロングタップでスポイトツール]をオフにして、シングルスワイプでキャンバスのスクロールが行える設定になっている場合は、長押ししたあとにスワイプ操作を行っても、ブラシなどで描画されないようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、[素材]パレットの[ダウンロード一覧]から、禁止マーク付きで表示される素材だけで構成された素材集をダウンロードしたあと、[ダウンロード一覧]を[リスト表示]にしても、素材集が表示されるようになりました。

  • 【iPhone/Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、レイヤー名をインライン入力で編集するときに、キーボードでカーソルを左に移動したあとに、右に2回移動しても、文字が消えないようになりました。

  • 【Galaxy/Android】スマートフォン環境のシンプルモードにおいて、エディットボックスの編集時に、キーボードのショートカットキーによる[取り消し]と[やり直し]を使用できるようになりました。

  • 【Win】ハンドスキャナーがDroidCamで使用できるようになりました。

  • 【mac】選択範囲ランチャーの位置変更時に、マウスカーソルの表示が切り替わるようになりました。

  • 【iPad】キャンバスをペンで入力中に指が画面に触れたとき、描画の中断や意図しない描画が行われないようになりました。

  • 【iPad】パレットなどを指で長押ししているときにキャンバスに描画しても、描画が乱れないようになりました。

  • 【iPad】キャンバスにペンで描画中、フローティング表示になっているパレットを指で触れたときに、ペンの描画が中断されないようになりました。

  • 【iPhone】ブラウザなどのリンクからアプリを起動したときに、画面をタップしなくてもスタート画面が表示されるようになりました。

EX/PRO
  • 3Dレイヤーのパース定規を編集したときに、3Dレイヤーのカメラの位置や向きが急に変わらないようになりました。

  • 魚眼パースが有効になっているパース定規に視野円調整ハンドルが追加されました。このハンドルを操作すると、視野円の大きさを調整できます。[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットの[視野円半径]と連動しています。

  • [ゆがみ]ツールの[サブツール詳細]パレットに、[アンチエイリアス]が追加されました。オフにすると、ピクセルの色を変えずにゆがませることができます。

  • 【Win/mac】[表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビュー]で、カラープロファイルを複数ディスプレイでプレビューするときに、ディスプレイごとにカラープロファイルが適用されるようになりました。

  • 【mac】[環境設定]ダイアログ→[カラー変換]の[カラー変換設定]や[表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビューの設定]のプルダウンメニューから、従来はシステムにインストールされていても表示されていなかったカラープロファイルを選択できるようになりました。

  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[透明箇所の操作]で[別のレイヤーへの選択切り替え]をオフにしている場合、コマ枠フォルダーで隠れている3Dオブジェクトをクリックして選択できるようになりました。

  • 3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットで[垂直に補正]を実行したあとに、3D素材の[編集対象を注視]を実行しても、縦パースの垂直が維持されるようになりました。

  • コマ枠フォルダー内に格納されている3Dレイヤー内の3D素材に[編集対象を注視]を実行すると、コマ枠に収まるように3D素材が表示されるようになりました。

  • [オブジェクト]サブツールで魚眼パース定規の選択時に、[サブツール詳細]パレットで[ゆがみの強さ]や[視野円半径]の設定を変更しても、ガイド線のハンドルの位置が必要以上に移動しないようになりました。

  • 1つのレイヤーに複数のパース定規が作成されているときに、2回目以降に作成したパース定規のハンドルが正しく操作できるようになりました。

  • 特定の角度の無限遠を含むパース定規を作成したときに、正しい方向にスナップできるようになりました。

  • 3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[カメラ]カテゴリの[使用中のカメラを複製]などで複数のカメラを設定したあと、[レンズ]カテゴリの[レンズシフト]を設定しても、3Dレイヤーのパース定規が正しく表示されるようになりました。

EX
  • [新規]ダイアログの[作品の用途]から[同人誌印刷所]を選択した複数ページ作品で、一部の設定を適用したときの製本3Dプレビューの表示が高速化されました。

  • [四面図]パレットの[キャンバスのカメラを透視図に反映]を実行したときに、キャンバスのカメラのレンズシフトも反映されるようになりました。

  • [四面図]パレットの[透視図とキャンバスを同期する]をオンにしたあと、[サブツール詳細]パレットの[レンズシフト]を設定したときに、[四面図]パレットの透視図にも[レンズシフト]の設定が同期されるようになりました。

  • 3Dレイヤー編集時に、[四面図]パレット上の3D素材をマウスホイールで操作したあと、3D素材の削除や追加を繰り返しても、マウスホイール操作時の変化量が安定するようになりました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.1.0では下記の更新をいたしました。

共通
  • CLIP STUDIOの作品管理画面をリスト表示にしたときに、作品ごとの作業時間が表示されるようになりました。

その他、いくつかの更新を行いました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.7 の主な修正内容(2023年7月7日公開)

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIO PAINTの[素材]パレットやCLIP STUDIOの素材管理画面からクラウドからダウンロードしていない追加素材を削除したあとに、CLIP STUDIOの[設定]メニュー→[メンテナンスメニュー]→[追加素材の初期化]を実行すると、削除した素材が使用できない問題を修正しました。
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIOの[設定]メニューから[追加素材をいますぐダウンロードする]や[メンテナンスメニュー]→[素材データベースの再構築]を実行すると、一部の初期収録素材が表示されない問題を修正しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.6 の主な修正内容(2023年6月27日公開)

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 【Win/mac】[初期サブツールを追加]ダイアログにスクロールバーが表示されない。
  • 【Win/mac】[テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[編集設定]カテゴリで[追加方法]を[挿入位置を自動判別]に設定したときに、同じテキストレイヤーにテキストを追加できる範囲が変更されました。テキストを追加できる範囲が、キャンバスの解像度や拡大率により変動しないようになりました。
  • 【Win/mac】レイヤーフォルダー選択時に、[テキスト]ツールでレイヤーフォルダー内のテキストをドラッグすると、テキストレイヤーが新規作成される。
  • 【Win/mac】[テキスト]ツールでテキストをクリックしたときに、テキストが移動したり、消えたりする。
  • 【Win/mac】一部の環境において、スマートスムージングやハンドスキャナーが実行できない。
  • 【Win/mac】アクティベーションコードの入力画面を表示したときに、ブラウザが起動して白い枠線のページが表示される。
  • 【Win/mac】CLIP STUDIOからCLIP STUDIO PAINTをアップデートしたあとに起動すると、CLIP STUDIO PAINTにドラッグ&ドロップしても、ファイルを読み込めない。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.5 の主な更新内容(2023年6月13日公開)

【iPhone / Galaxy / Android版】スマートフォンでの使用時にシンプルモードを追加

スマートフォン環境に シンプルモード が追加されました。従来のUI(スタジオモード)と比較して、ツールの切り替えなどが簡単にでき、より直感的に使用できるインターフェースを実装。初めてでもデジタル作画に親しみやすいよう、イラストを描くのに必要な基本的な機能から、3Dデッサン人形でポーズをつけたり、[囲って塗る]、[ゆがみ]ツールなどのピックアップされた便利な機能が使用できます。
※Ver.2.0.5にアップデート後の初回起動時はシンプルモードで起動しますが、いつでも従来のスタジオモードに切り替えられます。

【iPhone / Galaxy / Android版】スマートフォンでタッチ位置の調整が可能に

スマートフォン環境の[環境設定]ダイアログに[タッチ]が追加されました。[タッチ位置調整]を設定すると、タッチ位置を調整できます。

Version 2.0.5の更新内容

下記の更新をいたしました。

共通
  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境に、シンプルモードが追加されました。
  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境の[環境設定]ダイアログに[タッチ]が追加されました。[タッチ位置調整]を設定すると、タッチ位置を調整できます。
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[素材]パレットに、新しい画像素材が追加されました。
    ※Windows / macOS / iPad版においても、CLIP STUDIOで[起動時に追加素材をダウンロードする]を設定している場合は、新しい画像素材が追加されます。
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[下のレイヤーでクリッピング]をオンにしたあとに、レイヤーをロックしても、選択したレイヤーがすべて[下のレイヤーでクリッピング]がオンになっている場合、[下のレイヤーでクリッピング]のメニューコマンドにチェックマークが付くようになりました。[レイヤー]パレットの[下のレイヤーでクリッピング]もオンの状態で表示されるようになりました。
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】ポーズが設定されている3Dデッサン人形の身長や頭身を変更するときの基準が、従来のルートマニピュレータ―から、3Dデッサン人形の底面の高さに変更されました。
  • 【iPhone / Galaxy / Android】スマートフォン環境において、クリエイティブゲージ満了後の試し書きモードの表示色が、赤色から青色に変更されました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】タブレット環境において、筆圧に対応したペンを初めて使用したときに、[指とペンで異なるツールを使用]が自動でオンに切り替わらないようになりました。
  • 【iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[操作]カテゴリで[ジェスチャーでカメラを操作する]をオンにしてピンチインやピンチアウトをしたときに、キャンバスの表示倍率によってカメラの前後の移動量が変わらないようになりました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】ピンチインやピンチアウトでページ管理ウィンドウの拡大・縮小を行ったときに、ページの順序が入れ替わらないようになりました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】指でドラッグ中に別の指が画面に触れても、表示が乱れず、ドロップが正しく動作するようになりました。
  • 【Galaxy / Android】タブレット環境で、画面に指を置いた状態でペンをホバーしたときに、意図しないキャンバスのスクロールが発生しないようになりました。
  • 【Galaxy / Android】キャンバスを指でシングルスワイプしているときにペンでホバーしても、キャンバスの位置が飛んだり、意図しない線が描画されたりしないようになりました。
  • 【iPhone】ツールバーを指で長押ししているときにキャンバスに描画しても、描画が乱れないようになりました。
PRO/DEBUT
  • 【iPhone/Android】スマートフォン環境のDEBUT/PROで、複数ページ作品を開けないメッセージが表示されたあと、作品管理画面が表示されるようになりました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.3 の主な更新内容(2023年4月28日公開)

Ver.2.0.3では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【Win/mac】オフライン環境でも利用しやすくなるように、ライセンス認証の仕様を変更しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.2 の主な更新内容(2023年4月21日公開)

Ver.2.0.2では下記の更新をいたしました。

共通
  • バージョン互換情報を保存したCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)で、レイヤーフォルダーを非表示にして保存したあと、レイヤーフォルダーを表示しても、レイヤーフォルダー内のレイヤーが表示されない問題を修正しました。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.1 の主な更新内容(2023年4月18日公開)

Ver.2.0.1では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】[環境設定]ダイアログに[言語]が追加されました。OSで使用している言語と異なる言語でCLIP STUDIO PAINTを表示できます。
  • [オブジェクト]サブツールで複数のレイヤーを選択しているときに、キャンバス上でコンテキストメニューを表示すると、ラスターレイヤー選択時と同様のメニューが表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[透明箇所の操作]から、[別のレイヤーへの選択切り替え]をオフにして、[ドラッグで範囲指定して選択]を[レイヤー内オブジェクト]か[制御点]に設定している場合、キャンバスをドラッグしたときに、編集中以外のレイヤーに含まれる定規やベクターレイヤーの制御点などが選択されないようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールで複数のレイヤーをドラッグして移動するときに、非表示のレイヤーは移動されないようになりました。
  • [環境設定]ダイアログの[ファイル]で[保存状態ポップアップを表示する]が有効になっている場合、保存中にキャンバスを編集したときに、保存完了時に表示されるメッセージが変更されました。
  • テキストレイヤーのテキストをコピーしたり、素材登録したりしても、一部のルビの設定が正しく引き継がれるようになりました。
  • 非表示のレイヤーやレイヤーマスクを含むレイヤーを持つ作品でバージョン互換情報を保存すると、未対応のバージョンでファイルを開いても、キャンバスがロックされないようになりました。
  • バージョン互換性のためにロックされているレイヤーを含むキャンバスに対して、下記のメニューコマンドを実行したときに、設定が正しく反映されるようになりました。
    • [編集]メニュー→[キャンバス基本設定を変更]
    • [ページ管理]メニュー→[ページ基本設定を変更]【EX】
    • [ページ管理]メニュー→[作品基本設定を変更]【EX】
  • [オブジェクト]サブツールで3D頭部モデルを選択しても、[サブツール詳細]パレットに[カメラ]と[レンズ]のカテゴリが表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールで[3Dデッサン人形(男性)]か[3Dデッサン人形(女性)]を選択して、頭身を変更したあとに、[ツールプロパティ]パレットで[性別]を変更しても、足元の位置がずれないようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールでラスターレイヤーを1枚だけ選択しているときに、カーソルキーを押しても、レイヤーを移動できるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[選択可能なオブジェクト]でオフに設定されている種類のレイヤーをドラッグしても、移動しないようになりました。
  • [テキスト]ツールでテキストを選択したと同時に、テキストが拡大・縮小しないようになりました。
  • 3Dキャラクター素材の胸の部位を選択し、手のポーズ素材を読み込んだときに、右手にポーズが適用されるようになりました。
  • 一部の環境において、ハンドスキャナーが動作しない問題を修正しました。
  • 選択範囲ランチャーの位置を変更したあと、[変形]を実行したり、[オブジェクト]サブツールなどでレイヤーを移動したりしても、選択範囲ランチャーが元の位置に戻らないようになりました。
  • 選択範囲ランチャーの位置を変更したあと、3Dレイヤーのオブジェクトランチャーなどを表示しても、選択範囲ランチャーが元の位置に戻らないようになりました。
  • CLIP STUDIOで[追加素材を今すぐダウンロードする]を実行しても、メンテナンスエラーの画面が表示されないようになりました。
  • 3Dレイヤー選択時に、CLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルを読み込んだ直後や、[オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[編集表示設定]を切り替えても、オブジェクトランチャーが表示されるようになりました。
  • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIOのクラウド設定画面で[CLIP STUDIO表示時とログイン時にアプリ設定のバックアップを行う]をONにしても、ログイン時にバックアップが行われるようになりました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】特定の環境において、ハンドスキャナーのカメラ映像の端に乱れが発生しないようになりました。
  • 【Galaxy / Android / Chromebook】ハンドスキャナー実行中に端末の画面をロックした場合、画面復帰時にカメラを再初期化することで、[ハンドスキャナー]ダイアログの動画が再度初期状態から動作するようになりました。
  • 【iPad / iPhone】[テキスト]ツールで拼音キーボードを使用して文字入力したときに、スペース部分に[×]が表示されないようになりました。
  • 【Galaxy / Android】ハンドスキャナー実行中に、カメラを使用するほかのアプリを起動した場合、CLIP STUDIO PAINTを再度アクティブにしたときにカメラを再初期化することで、[ハンドスキャナー]ダイアログの動画が再度初期状態から動作するようになりました。
  • 【Win】CLIP STUDIO PAINTのインストール先を変更した環境でバージョンアップを行ったあと、利用可能なバージョンに戻すと、インストール先が初期設定のフォルダーに戻ってしまう問題を修正しました。
  • 【Win】カメラを使用する別のアプリを起動していたなどの理由で、ハンドスキャナー実行時に動画を取得できない場合、[ハンドスキャナー]ダイアログにメッセージが表示されるようになりました。
  • 【iPad】[レイヤー]パレットでレイヤー名を編集した直後、[ペン]ツールでキャンバスに描画したときの最初のストロークが、正しく描画できるようになりました。
  • 【iPad】画面を分割して表示するマルチタスクモード時に、ハンドスキャナーを実行すると、[ハンドスキャナー]ダイアログにカメラが利用できないことを伝えるメッセージが表示されるようになりました。
EX/PRO
  • パース定規の消失点が、従来より大きく視認性が高いデザインに変更されました。
  • [オブジェクト]サブツールを使用中に、[レイヤー]パレット上でレイヤーフォルダーの定規を選択しても、[ツールプロパティ]パレットに定規の設定項目が表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[透明箇所の操作]から、[平行線定規の方向指定]をオンにしたときに、平行線定規が表示されている状態でラスターレイヤーの描画部分をドラッグしても、ラスターレイヤーが移動せず、平行線定規の方向を指定できるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤーを選択中に、[ツールプロパティ]パレットと[サブツール詳細]パレットの[編集表示設定]が同期されるようになりました。
  • [魚眼パース]に設定していないパース定規の消失点を[無限遠にする]に設定しても、無限遠点に正しくスナップできるようになりました。
  • [魚眼パース]と[アイレベルを固定]が有効なパース定規で、消失点がレンズ円からはみ出さないようになりました。
  • 1点透視の魚眼パース定規で、レンズ円からアイレベルハンドルがはみ出さないようになりました。
  • [パース定規]サブツールでパース定規を作成するときに、[Shift]キーを押すと、指定した角度刻みに線を引けるようになりました。
  • [サブツール詳細]パレットの[レンズ]カテゴリで[垂直に補正]を設定した3Dレイヤーに[補正をリセット]を実行すると、3Dレイヤーのパース定規がずれないようになりました。
  • 複数のオブジェクトを含む、流線レイヤーや集中線レイヤーに対して整列・分布を実行したときに、オブジェクトごとに整列・分布を実行できるようになりました。
EX
  • ストーリーエディターにタイ語を入力したときに、母音や声調符号を入力しても、キャレットの位置がずれないようになりました。
  • 最大サイズで作成したキャンバスに対して、[編集]メニュー→[キャンバスの高さを変更する]→[領域を挿入]を実行するときに、[キャンバスサイズも変更する]をオフにしても、余白が追加されるようになりました。
  • 【Win / iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時に、[サブツール詳細]パレットの[操作]カテゴリで、[ジェスチャーでカメラを操作する]をオンにし、[ピンチイン・アウトでカメラを前後移動]をオンにしても、[四面図]パレットの正投影図でカメラの前後移動ができるようになりました。
  • 3Dレイヤーのパース定規が表示されている状態で、[四面図]パレットの[透視図のカメラをキャンバスに反映]を実行したときに、パース定規が更新されるようになりました。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.2.0.1では下記の更新をいたしました。

共通
  • 【Win】CLIP STUDIO PAINTのインストール先を変更した環境でバージョンアップを行ったあと、利用可能なバージョンに戻すと、インストール先が初期設定のフォルダーに戻ってしまう問題を修正しました。

その他、いくつかの軽微な不具合を修正いたしました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.0の主な新機能(2023年3月14日公開)

Ver.2.0.0では下記の機能を追加しました。

よりリアルな混色を実現するブラシ混色

  • ブラシ系ツールの[サブツール詳細]パレットの[インク]カテゴリに、[混色モード]が追加されました。[知覚的]を選択すると、従来よりリアルで鮮やかな混色を行えます。[輝度の補正]を設定することで、より詳細な混色の調整を行えます。
  • ブラシ系ツールの設定項目の仕様変更に合わせて、一部既存のサブツールの初期設定が変更されています。
    ※Ver.2.0以前のバージョンからアップデートした場合は、使用しているサブツールの設定は変更されません。新しい混色を使用したい場合は、[サブツール詳細]パレットで設定を変更してください。

簡単に影を生成する陰影の自動作成機能

  • [編集]メニューに[自動陰影]が追加されました。線画と塗りつぶした領域を参照して陰影を付けることができ、彩色作業の効率化に活用できます。[自動陰影]では、光源の位置・角度・影の色を設定でき、プレビューを見ながら影を調整できます。

キャラクタ―イラスト作画に活用できるデッサン人形頭部モデル

  • [素材]パレットの[3D]に[頭部]が追加されました。頭部の形状や顔のパーツを調整できる3D頭部モデルが収録されており、キャラクターイラスト作画の補助にご利用いただけます。なお、DEBUTでは一部の機能をご利用いただけません。

カメラで撮影した手のポーズを3Dデッサン人形に反映できるハンドスキャナー

  • [オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材選択時の[ツールプロパティ]パレットやオブジェクトランチャーに、[ハンドスキャナー]が追加されました。デバイスのカメラを使用して手のポーズを設定できます。

パース定規が魚眼構図パースに対応【EX/PRO】

  • パース定規で魚眼パースの構図を作成できるようになりました。[ツールプロパティ]パレットや[レイヤー]メニュー→[定規・コマ枠]→[パース定規の作成]の[魚眼パース]から設定できます。

ゆがみツールの効果が複数レイヤーで適用可能に

  • 複数のレイヤーを選択してから[ゆがみ]ツールを使用すると、選択したラスターレイヤー・選択範囲レイヤー・レイヤーマスクに[ゆがみ]ツールの効果が適用されるようになりました。また、[マスクがレイヤーにリンク]がオンになっているレイヤーマスクを含むレイヤーの場合は、レイヤーマスクにも効果を適用できます。

レイヤー、オブジェクトの整列・分布機能

  • 整列・分布機能が追加されました。複数のレイヤーの描画や、ベクターレイヤー内の複数オブジェクトや制御点などに、整列・分布を行えます。[整列・分布]パレットまたは[編集]メニューの[整列・分布]の各項目より実行できます。

3D機能の表現力向上

  • 3Dカメラのあおり補正【EX/PRO】
    • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[レンズ]カテゴリが追加されました。[レンズシフト]はカメラに写っている対象はそのままで、3Dレイヤーでの描画位置を調整できます。[縦パース]の[垂直に補正]は、3D空間の垂直方向のゆがみを補正し2点透視パースに変更できます。
  • 3D空間の奥行を表現できるフォグ機能
    • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[フォグ]カテゴリが追加されました。[フォグを有効にする]をオンにすると、3D空間に奥行きを表現する霧のような効果を追加できます。

レイヤー名のキーワード検索【EX】

  • [レイヤー検索]パレットに、キーワードを入力してレイヤーを検索する機能が追加されました。

[テキスト]ツールを大幅にリニューアルし、ワードラップと欧文合字(リガチャ)機能も追加

  • [テキスト]ツールでテキストを複数選択して、まとめて移動や変形を行えるようになりました。[ツールプロパティ]パレットを使用して複数テキストの設定をまとめて変更できます。また、ドラッグ操作でテキストボックスを作成でき、テキストボックス内にテキストが収まるように入力できます。このほかにも新機能を追加しています。新機能は[サブツール詳細]パレットからご利用いただけます。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[フレームで折り返す]が有効なときに、従来に比べて改行に適した位置で改行されるようになりました。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[フォント]に[欧文合字]が追加されました。特定の文字の組み合わせを合字に置き換えるよう設定できます。

回転する物体の表現に最適な回転ぼかしフィルター【EX/PRO】

  • [フィルター]メニュー→[ぼかし]に、[回転ぼかし]が追加されました。ぼかす量や方向、回転の円の縦横比も設定できます。

タッチジェスチャーによる3Dカメラ操作

  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ジャスチャーでカメラを操作する]が追加されました。オンにすると、タッチジェスチャーでカメラの移動や回転を行えます。[有効にするジェスチャー操作]で使用する操作を設定できます。

表示言語に新たな言語を追加

  • アプリケーションの表示言語に、中国簡体字・タイ語・ポルトガル(ブラジル)語・インドネシア語が追加されました。なお、中国簡体字は、Windows/macOSでは表示できません。

Version 2.0.0の更新内容

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

  • ブラシ系ツールの[サブツール詳細]パレットの[インク]カテゴリに、[混色モード]が追加されました。[知覚的]を選択すると、従来よりリアルで鮮やかな混色を行えます。[輝度の補正]を設定することで、より詳細な混色の調整を行えます。
  • ブラシ系ツールの設定項目の仕様変更に合わせて、既存のサブツールの初期設定が変更されています。
  • [編集]メニューに[自動陰影]が追加されました。線画と塗りつぶした領域を参照して陰影を付けることができ、彩色作業の効率化に活用できます。[自動陰影]では、光源の位置・角度・影の色を設定でき、プレビューを見ながら影を調整できます。
  • [素材]パレットの[3D]に[頭部]が追加されました。頭部の形状や顔のパーツを調整できる3D頭部モデルが収録されており、作画の補助にご利用いただけます。なお、DEBUTでは一部の機能をご利用いただけません。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材選択時の[ツールプロパティ]パレットやオブジェクトランチャーに、[ハンドスキャナー]が追加されました。デバイスのカメラを使用して手のポーズを設定できます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ジャスチャーでカメラを操作する]が追加されました。オンにすると、タッチジェスチャーでカメラの移動や回転を行えます。[有効にするジェスチャー操作]で使用する操作を設定できます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[フォグ]カテゴリが追加されました。[フォグを有効にする]をオンにすると、3D空間に奥行きを表現する霧のような効果を追加できます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[ツールプロパティ]パレットに、[表示するマニピュレーター]が追加されました。3D素材のルートマニピュレータ―で操作できる[移動]・[回転]・[拡縮]の各項目の表示・非表示を切り替えられます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[天球用パノラマ書き出し]から書き出した画像の品質が改善されました。
  • 3Dデッサン人形キャンバスに配置したあとに種類を変更できるようになりました。[オブジェクト]サブツールで3Dデッサン人形を選択したあと、次の方法で切り替えられます。
    • [ツールプロパティ]パレットの[性別]から性別を切り替えられます。
    • [素材]パレットから別の体型素材を3Dデッサン人形にドラッグ&ドロップすると、体型・性別・3Dデッサン人形のバージョンを変更できます。
  • [サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]カテゴリや[配置]カテゴリのオブジェクトリストから、3D素材のパーツ名を変更できるようになりました。オブジェクトリストの名前の部分をダブルクリックすると、新しい名前を入力できます。
  • [レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]に[3Dデッサン人形]が追加されました。3Dデッサン人形の種類とポーズを選択してから、3Dレイヤーを新規作成できるようになりました。
  • ボーンとメッシュの数が多く変形可能な3Dファイルの読み込み処理が高速化されました。
  • 移動マニピュレーターとルートマニピュレータ―を使用した3D素材の移動が高速化されました。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットに、[ツールプロパティ]カテゴリが追加され、[設定対象]を選択できます。[テキスト]ツールの設定対象に応じて設定項目を切り替えられます。[選択中]に設定すると[オブジェクト]サブツールと同様に選択したテキストを編集できます。[新規のみ]に設定すると、従来通りの操作を行えます。
  • [テキスト]ツール選択時の[サブツール詳細]パレットに、[操作]カテゴリが追加されました。下記の項目を設定できます。
    • [ドラッグ]は、[テキスト]ツールでキャンバス上をドラッグしたときの操作を設定できます。[テキストボックス作成]に設定すると、ドラッグした範囲のサイズのテキストボックスを作成できます。作成されたテキストボックスは、[フレームで折り返す]が有効に設定されます。
    • [選択の追加]は、[テキスト]ツールでキャンバス上をクリックしたときの操作を設定できます。[追加選択]を選択すると、テキストの複数選択が行えます。
  • [テキスト]ツールでテキストを複数選択し、まとめて[ツールプロパティ]パレットで設定を変更したり、移動や変形を行えるようになりました。
  • [修飾キー設定]ダイアログを[ツールの処理別の設定]に設定し、[サブツール]から[テキスト]を選択したときに、[ツール補助操作]が設定できるようになりました。修飾キーを押しながら、クリックやドラッグするときの操作を割り当てられます。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[フレームで折り返す]が有効なときに、従来に比べて改行に適した位置で改行されるようになりました。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットに[互換設定]カテゴリが追加されました。テキストの描画方法のバージョンを切り替えられます。従来バージョンとテキストの互換性を持たせたいときに使用できます。
  • [テキスト]ツールの[サブツール詳細]パレットの[フォント]に[欧文合字]が追加されました。特定の文字の組み合わせを合字に置き換えるよう設定できます。
  • 複数のレイヤーを選択してから[ゆがみ]ツールを使用すると、選択したラスターレイヤー・選択範囲レイヤー・レイヤーマスクに[ゆがみ]ツールの効果が適用されるようになりました。また、[マスクがレイヤーにリンク]がオンになっているレイヤーマスクを含むレイヤーの場合は、レイヤーマスクにも効果を適用できます。
  • [オブジェクト]サブツールで複数のレイヤーを選択して、まとめてレイヤーの描画を移動できるようになりました。それに伴い、[サブツール詳細]パレットの[操作]に、次の項目が追加されました。
    • [常に枠を表示]は、レイヤーの複数選択時やラスターレイヤー選択時、ベクターレイヤーでベクター線が選択されていないときに、描画の周囲に青い枠を表示できます。
    • [フォルダーを選択]は、クリックしたレイヤーを含むレイヤーフォルダーを選択できます。
    • [透明箇所を操作]の[ドラッグで範囲指定して選択]の[レイヤー]は、ドラッグで作成した矩形の範囲に含まれる複数のレイヤーを選択できます。
  • [オブジェクト]サブツールで、テキストレイヤー内の複数のテキストを選択して、移動や変形を行えるようになりました。また、[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットでフォントの設定をまとめて変更できます。
  • [オブジェクト]サブツールで選択したテキストは、青い枠で表示されるようになりました。
  • [修飾キー設定]ダイアログを[ツールの処理別の設定]に設定し、[サブツール]から[オブジェクト]と[レイヤー選択]を選択したときに、[ツール補助操作]に[選択状態の切り替え]と[選択状態の切り替え(ドラッグ時は追加選択)]が追加されました。以前のバージョンで[追加選択]に設定していた場合、アップデート後に[選択状態の切り替え(ドラッグ時は追加選択)]が割り当てられます。
  • 文字数の多いテキストを編集するときの描画が高速化されました。
  • [環境設定]ダイアログの[ファイル]に、[保存をバックグラウンドで実行する]が追加されました。CLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルの新規保存、上書き保存、復元保存の実行中も作業を継続できます。
  • [色の設定]ダイアログを、ショートカットキーやコマンドバーから表示できるようになりました。[ショートカットキー設定]ダイアログや[コマンドバー設定]ダイアログの[オプション]の[描画色]から設定できます。
  • 選択範囲ランチャーの下部にハンドルが追加されました。ドラッグすると選択範囲ランチャーの位置を変更できます。
  • レイヤーの表示・非表示などを切り替えたときの、キャンバスの描画の更新が高速化されました。
  • [環境設定]ダイアログの[カラー変換]に、[保存時の既定のプロファイル]が追加されました。RGBの汎用画像形式で保存するときに、[ファイル]メニュー→[保存]や[別名で保存]など[書き出し設定]ダイアログが表示されない場合でも、カラープロファイルをファイルに埋め込めるようになりました。
  • アプリケーションの表示言語に、中国簡体字・タイ語・ポルトガル(ブラジル)語・インドネシア語が追加されました。なお、中国簡体字は、Windows/macOSでは表示できません。
  • [ヘルプ]メニューに、新機能を確認できる項目が追加されました。
  • 【mac/iPad/iPhone】Apple社のユニバーサルクリップボードに対応しました。macOS・iPad・iPhoneのApple社のデバイス間でコピー&ペーストを行えます。CLIP STUDIOでは、テキストのコピー&ペーストを行えます。
  • 【iPad】OSの設定で[Apple Pencil]の[ダブルタップ]で[インクの属性を表示]を選択すると、CLIP STUDIO PAINTでApple Pencilをダブルタップしたときにと、[ブラシサイズ]パレットの表示・非表示が切り替えられるようになりました。
EX/PRO
  • パース定規で魚眼パースの構図を作成できるようになりました。[ツールプロパティ]パレットや[レイヤー]メニュー→[定規・コマ枠]→[パース定規の作成]の[魚眼パース]から設定できます。
  • 整列・分布機能が追加されました。複数のレイヤーの描画や、ベクターレイヤー内の複数オブジェクトや制御点などに、整列・分布を行えます。[整列・分布]パレットまたは[編集]メニューの[整列・分布]の各項目より実行できます。
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットに、[レンズ]カテゴリが追加されました。[レンズシフト]はカメラに写っている対象はそのままで、3Dレイヤーでの描画位置を調整できます。[縦パース]の[垂直に補正]は、3D空間の垂直方向のゆがみを補正し2点透視パースに変更できます。
  • [オブジェクト]サブツールでパース定規選択時の[サブツール詳細]パレットに、[ガイドの存在する消失点にのみスナップ]が追加されました。ガイドを表示していない消失点やレンズ中心に対してスナップしないようにできます。
  • [環境設定]ダイアログの[曲線や直線のハンドル]の設定が、パース定規のハンドルサイズに反映されるようになりました。
  • [フィルター]メニュー→[ぼかし]に、[回転ぼかし]が追加されました。
  • [フィルター]メニュー→[変形]に、[歪曲収差補正]と[パノラマ変換]が追加されました。
  • [新規]ダイアログの[テンプレート]にテンプレート素材を設定したときに、設定したテンプレート素材が読み込めない場合、メッセージが表示されるようになりました。
EX
  • [レイヤー検索]パレットに、キーワードを入力してレイヤーを検索する機能が追加されました。
  • [編集]メニューに[キャンバスの高さを変更]が追加されました。キャンバスへの領域の追加や削除を開始する位置と高さを設定できます。Webtoonなどの執筆時に、コマの間に余白を追加したり、不要なコマを削除したりするときに便利です。

【仕様変更内容】

下記の機能を仕様変更いたしました。

共通
  • [初期サブツールを追加]ダイアログを使用して、複数のサブツールをまとめて追加できるようになりました。
  • レイヤーにリンクされていないレイヤーマスクや定規を含むレイヤーを選択するか、選択したレイヤーフォルダーに該当するレイヤーを含む場合、レイヤーマスクや定規の選択状態を示す枠が表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールの[サブツール詳細]パレットの[選択の追加]に[選択状態の切り替え]が追加されました。クリックしたレイヤーなどに対して、選択と解除を切り替えられます。
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[透明箇所の操作]から[ドラッグで範囲指定して選択]がオンのときに、編集中ではないレイヤーのベクターやテキストをドラッグで選択できるようになりました。
  • Ver.2.0にアップデートすると、[オブジェクト]サブツール選択時の[ツールプロパティ]パレットに、[選択の追加]が表示されるよう設定が切り替わります。
  • [色混ぜ]パレットとコンパニオンモードの色混ぜで使用するブラシは、バージョンアップ時に、[混色モード]が[知覚的]、[輝度の補正]が[中]に設定されるようになりました。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy/Android/Chromebook】[修飾キー設定]ダイアログに、マウスホイールを使用する操作が追加されました。
  • 【iPad/iPhone/Galaxy/Android/Chromebook】[クイック共有]や[フォトライブラリへ書き出し]を使用して画像を書き出すときに、カラープロファイルが埋め込まれるようになりました。
  • 【mac】Finderで画像ファイルをコピーして、CLIP STUDIO PAINTで[貼り付け]を実行したときに、画像ファイルに描画されている内容が貼り付けられるようになりました。
EX/PRO
  • [オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]の天球の位置が、環境光と平行光の直後に変更されました。
  • [オブジェクト]サブツールでパース定規選択時の[ツールプロパティ]パレットの[スナップ]をオフにしたときに、パース定規のスナップ切り替えハンドルが禁止マークで表示されるようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールでフキダシレイヤー内のテキストを選択し、キャンバスの何もないところをクリックしたときに、フキダシが選択されないようになりました。
  • [オブジェクト]サブツールでテキストを選択しているときに、同じレイヤー内のフキダシをクリックすると、フキダシの元々の選択状態が解除され、クリックしたフキダシだけが選択されるようになりました。 
EX
  • 3Dレイヤーを含めた複数レイヤーを選択している場合、[四面図]パレットに3Dレイヤーの内容が表示されないようになりました。

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • [サブツール詳細]パレットの、[インク]カテゴリで[下地混色]を[にじみ]に設定し、[絵の具量]と[絵の具濃度]の値を低めに、[色延び]の値を高めに設定したブラシで描画すると、ブロック状の抜けなど意図しない模様が表示される場合がある。
  • 3Dレイヤーを複製したときに、3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材の[関節角度制限]の設定が複製されず、つねにオンに設定される。
  • CLIP STUDIOの[アプリ設定のバックアップをいますぐ行う]を実行したときに、データ量が大きいとバックアップに失敗する場合がある。
  • 複数のテキストを含むテキストレイヤーで、[オブジェクト]サブツールなどで一部のテキストを移動したときに、ガイド線の一部が表示されたままになる。
  • 一部のフォントで符号などが重なって描画される。
  • 【Galaxy/Android/Chromebook】キャンバスが慣性スクロールしている間、ペンで描画ができない。
  • 【iPad/iPhone】ログイン画面でメールアドレスを入力しにくい。
  • 【iPad/iPhone】ログイン画面で自動入力を使用すると、誤った内容が入力される場合がある。
  • 【iPad/iPhone】iPadOS 16とiOS 16の環境で、ファイルAppから複数ページのフォルダーをCLIP STUDIO PAINTにドラッグ&ドロップしても、ファイルを読み込めない。
  • 【iPad】[Command]+[O]キーを押してファイルを開いたあと、修飾キーの一時ツール切り替えで[手のひら]ツールに切り替わらない場合がある。
  • 【iPad】ページ管理ウィンドウとキャンバスウィンドウの間にあるセパレーターを指で操作できない場合がある。
EX/PRO
  • [オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットの[透明箇所の操作]をクリックして表示される画面で、選択中のラジオボタンを再度クリックすると、ラジオボタンが何も選択されていない状態になる。
  • [オブジェクト]サブツールの使用中に、[Ctrl]+[Shift]+[z]キーを押して[やり直し]を実行すると、[サブツール詳細]パレットで[操作]カテゴリが選択される。

CLIP STUDIO Ver.2.0.0の主な更新内容

Ver.2.0.0では下記を更新しました。
詳しくはリリースノートをご覧ください。

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

共通
  • アプリケーションの表示言語に、中国簡体字・タイ語・ポルトガル(ブラジル)語・インドネシア語が追加されました。なお、中国簡体字は、Windows/macOSでは表示できません。
  • 【mac/iPad/iPhone】Apple社のユニバーサルクリップボードに対応しました。macOS・iPad・iPhoneのApple社のデバイス間でコピー&ペーストを行えます。CLIP STUDIOでは、テキストのコピー&ペーストを行えます。

Microsoft、Windows、Internet ExplorerおよびEdgeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
macOS、iPad、iPhone、iCloud、およびiCloud Driveは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
Galaxyは、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。
Android、Chromebook、およびGoogle Playは、 Google LLCの商標または登録商標です。