CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.4アップデータ公開予定のお知らせ

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.4アップデータ公開予定のお知らせ

2019年9月19日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT(Windows版/macOS版/iPad版) Ver.1.9.4アップデータを9月26日(木)に公開予定です。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.9.4にアップデートいたします。

※ リリースが予定されているmacOS Catalina(10.15)でVer.1.9.3以前のCLIP STUDIO PAINTを使用する場合、いくつかの不具合を確認しています。macOSをアップデート予定の方は、CLIP STUDIO PAINTをVer.1.9.4にアップデートしてご利用ください。
※ iPad版は審査が完了し次第、AppStoreにてご利用いただけるようになります。

CLIP STUDIO PAINT の主な更新予定内容

Ver.1.9.4では下記の更新を予定しております。

ページ管理の操作性が向上【EX】

  • ○[ページ管理]ウィンドウ間でページをドラッグ&ドロップすることで、ページを別のページ管理フォルダー内に複製できます。
  • ○[ページ管理]メニュー→[ページの読み込み]にて下記の操作が可能です。
    ・複数ファイルの一括読み込み
    ・ページ管理ファイル(拡張子:cmc)とPDFファイルの選択

[速度による手ブレ補正]にゆっくり描いたときに補正をかける設定を追加【EX/PRO/DEBUT】

[速度による手ブレ補正]では、従来の機能に加えて、ゆっくり描いたときに補正をかける設定を選択できます。ペンをゆっくり動かしたときの細かなブレを重点的に補正することが可能です。[サブツール詳細]→[補正]から設定できます。

【mac】Sidecarに対応【EX/PRO/DEBUT】

10月にApple社より公開される、macOS Catalina(10.15)の新機能Sidecarに対応。CLIP STUDIO PAINTでのイラスト・マンガ制作においてiPadをMacに接続して使用できます。Sidecarを使用時、CLIP STUDIO TABMATEも使用可能です。

  • ○拡張デスクトップ
    -[キャンバス]ウィンドウをiPadにドラッグ&ドロップで移動するとApple Pencilで描画できます。タッチジェスチャーも利用可能です(タッチによるUI操作はできません)。Macに全体図や資料を表示するなどの利用方法も。iPad側をメインディスプレイに設定すると、アプリ全体をiPad側に移動できます。
  • ○ミラーリング
    -Macで起動したCLIP STUDIO PAINTの画面をミラーリングしてiPadで描画することができます。
  • ※Sidecarは、最新のiPadOSで使用できます。
    ※Sidecarを使用するには、iPadとMacで同じApple IDにサインインしてください。
    ※Sidecarでは三本指のスワイプで[取り消し]・[やり直し]が実行できます。

フィルター効果に[イラスト調]を追加【EX/PRO/DEBUT】

    ○[フィルター]メニュー→[効果]に、[イラスト調]コマンドを追加。写真などの自然画像をイラスト調や線画にできます。

[色と線]を選択して処理した例

その他の改善点・変更点

    その他、ご指摘いただいていたいくつかの機能改善や仕様変更、不具合を修正。
  • ○階調を持つ線トーンの描画品質が向上。【EX/PRO】
  • ○【iPad】iPadOS 13以降の環境において、[ツールプロパティ]のフォント一覧に[一覧にないフォントを探す] を追加。システムのフォントピッカーからiPad にインストールされているフォントを、フォントリストに追加可能に。【EX/PRO】
  • ○【mac】タッチジェスチャーに対応。【EX/PRO】
    -トラックパッドを使用して、タッチジェスチャー操作が可能。
    -macOS 10.15以降の環境では、Sidecarを使用してiPad上でタッチジェスチャー操作が可能。
  • ○[レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]に、[CLIP STUDIO SHARE]→[光沢レイヤー]が追加。CLIP STUDIO SHAREの3Dビューアで表示するときに、箔押しのような表現をするためのレイヤー。【EX】
  • ○[編集]メニュー→[スマートスムージング]が、正式な機能に。
  • ○【Win/mac】新規インストール時と、アップデート時に、イントロダクションを表示。一度表示されたあとは、次回のアップデートまで表示されません。イントロダクションは[ヘルプ]メニューから、再度表示することが可能。

CLIP STUDIO の主な更新予定内容

Ver.1.9.4ではいくつかの軽微な不具合を修正いたします。


その他、50件以上の機能改善、不具合修正を行います。

CLIP STUDIO SHAREの主な更新予定内容

3D表示・表現を強化

3D表現で作品をシェアする・表示する機能を強化し、発表する際の表現の幅を広げることで、より制作を楽しんでいただくためのアップデートを行います。

閲覧時の使い勝手を改善

SNSでシェアした際の表示(Twitterカード表示など)やビューアなどを改善することで、よりSNSなどでのシェアがしやすいサービスを目指したアップデートを行います。 また、上記リリースに関わらず改善・変更を日々実施してまいります。

© CELSYS, Inc.