イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > アオリやフカンも簡単に!角度のついた顔を描きやすくする4つのコツ

アオリやフカンも簡単に!角度のついた顔を描きやすくする4つのコツ

アオリ、フカンの顔の描き方

正面や左右を向いた顔は描きやすいですが、アオリやフカンって描きにくいですよね。今回は角度のついた顔を少しでも描きやすくするコツをご紹介します。

 

顔を色んな角度から確認してみよう

 

まずは、様々な角度を向いた顔を見ていきます。

鼻や目は描きにくいところなので注目しましょう。

 

 

 

 

 

色んな角度の顔を描くときのコツ

 

■鼻を描くコツ:最後につけ足す

 

角度のついた顔を描くときに困るのは、やはり鼻のバランスではないでしょうか?

 

そんなときは目から描き、最後に鼻をつけ足す方法を取ってみましょう。

見えない部分も描くことでバランスがとれます。

 

 

■目を描くコツ:リボン状に考える

 

角度がついた顔を描く際は、目をリボン状に考えてみましょう

顔に角度がついて見切れた目が描きやすくなります。

 

 

 

リボンを板状に貼ってしまうのではなく、頭部は球体なので湾曲させて貼り付けるイメージが良いです。自然な角度がついた目が描きやすくなります。

 

 

板状の目と、リボン状の目との顕著な違いは以下があります。

 

▼板状の目
・奥の目が縮小しただけで、目全体が見えている

・下まぶたが一直線

 

▼リボン状の目
・奥の目が半分しか見えていない

・下まぶたがハの字になっている

 

 

■歯を描くコツ:歯もリボン状に考えよう

 

歯も目と同様にリボン状に考えてみましょう

角度がついても描きやすいです。

 

 

■顎を描くコツ:顎下を描こう

 

角度をつけることで、顎の裏が見えることがあります。

この緑色の部分をちゃんと描かないと不自然な絵になります。

 

 

ひねりを加えてキャラクターに動きを出してみよう

 

角度をつけるコツを学んだところで応用です。

頭部にひねりを加えて動的にしてみましょう。

 

動作が加わることでキャラクターに魅力が出ます

 

考え方として面を意識した方法があります。

まず、正面・背面を仮にA面とし、側面をB面とします。

 

ひねりのない状態では、A面のみしか見えません。

そこに頭をひねり、B面を加えることで動きが出ます。

 

さらに、平行だった面に「曲げ」を加えることで、より動的になります。

 

A面とB面の組み合わせと、くの字に曲げるという2つのひねりをくしして、様々な頭の動作を作ってみましょう。

 

 

〈作者紹介〉

 

 

※本記事は、『いちあっぷ』(https://ichi-up.net/)から提供いただきました。

『いちあっぷ』は、プロの現場で生まれた”イラストの描き方講座”です。イラスト製作のノウハウやコツを、画像付きで分かりやすくお届けしています。

 

FBヘッダー

 

■運営会社について

『いちあっぷ』『いちあっぷゼミ』を運営するのは、株式会社MUGENUPです。

MUGENUPでは、最速最大の『作る』環境を『創る』をミッションとし、2Dイラスト/3D/アニメーション/映像など、多様なコンテンツを制作中です。
大手の作品に携われるチャンスもある、在宅イラストレーターの無料登録はこちらからどうぞ!

プロによる添削でレベルアップできる、イラストレーター育成プログラムいちあっぷゼミも運営しています!

 

 

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。