イラスト・マンガ描き方ナビ > 意外と知らない話 > 同人誌のキホン②同人誌の形や印刷についての基礎知識

同人誌のキホン②同人誌の形や印刷についての基礎知識

035_同人誌のキホン2_001

自分がどういう本を作りたいかをイメージするためにも、この講座で同人誌のサイズや綴じ方、ページの数え方などの基礎知識を覚えておきましょう。『同人誌のキホン』の第2回は、同人誌の形や印刷について解説します。

 

 

同人誌のサイズなどに決まりはあるの?

 

本のサイズは様々ですが、同人誌で主に使用されるサイズは「B5」と「A5」の2つです。

 

・B5…一般的なノートサイズ。本にすると大きめで存在感があります。
・A5…教科書などで多くあるサイズ。コンパクトなので、小説など文字の多い本に向いてます。

 

 

同人誌印刷所の料金表を見ると、印刷するサイズによってページ数の選択肢が違う場合があります。本のサイズは最初に決めてから作り始めましょう。

 

 

同人誌は右綴じがキホン

 

身近にあるマンガの単行本を1冊手にとってみてください。表紙を見たときに、右側が綴じられていると思います。これが右綴じです。同様に、マンガや小説の同人誌も右綴じにするのが基本となっています。

 

右が偶数ページ、左が奇数ページとなり、本文は左ページから始まります。

 

 

左綴じの場合はすべてが逆になり、解説書や設定資料集など文字が横書きの本に使われます。

 

表紙と本文って?

 

同人誌を印刷する際、一冊の本の中でも表紙と本文は紙や色を変えることが多いため、基本的に分けて扱われます。

印刷用語で表紙は「表1」、裏表紙は「表4」と呼ばれています。表紙の裏の部分を「表2」、裏表紙をめくった裏の部分を「表3」といいます。

 

 

 

 

下図のように表紙と裏表紙は1枚の紙に印刷されるため、右綴じの本の場合、見開き状態で左が表紙、右が裏表紙となります。

印刷所のホームページなどに記載されている「カラー表紙」は、表紙と裏表紙を合わせた表面がカラー印刷され裏面は白紙になります。

 

 

 

 

また、本のなかで表紙の4ページ分を除いた残りを「本文」といいます。

本文のページ数はサイズや印刷所によって異なりますが、だいたい4ページ単位(4倍数)や8ページ単位(8の倍数)に設定されています。

 

本文が20ページの本は20+4で、総ページが24ページの計算になります。

 

印刷所や印刷プランによって、ページ数の表記は総ページ数(表紙+本文)であったり、表紙と本文が分かれて記載されていたりするため、間違いのないようよく確認しておきましょう。

 

 

印刷所と印刷方法を決めよう!

 

サイズ、ページ数などが決まり、本の全体像が見えてきたら次は印刷所を決めます。

 

同人誌印刷所のWEBサイトに記載されている料金表、料金シミュレーター、発注書、マニュアルなどを参考にして、どのような仕様で、何部印刷するのかを決めていきます。同人誌ではオフセット印刷という印刷方法で制作されるのが一般的で最小単位は30~50部からになりますが、オンデマンド印刷で制作する場合には10部からなど、少ない部数を印刷できる印刷所もあります。

どこの印刷所も、「セットプラン」「キャンペーン」などのスタンダードな設定のプランが用意されているため、初心者の場合はそのプランを利用してみるとよいでしょう。

 

各印刷所のホームページを見るほか、印刷したい条件を入力して、複数の印刷所を比較できるサイトもあります。

 

・pixiv FACTORY BOOKS ( https://factory.pixiv.net/books)

・同人誌オンライン入稿 するる ( https://www.sururu.net/)

 

 

<オフセット印刷とオンデマンド印刷>

「オフセット印刷」は原版を一度作成してから印刷するため、50冊以上など大部数の印刷に向いており、部数や色数などが価格に反映され、部数が多くなるほど一冊当たりのコストが低くなります。それに対して「オンデマンド印刷」では、コピー機のようにトナーで印刷するため、初期費用がかからず10冊~など少部数を比較的安価に印刷ができます。

オフセットは細い線などの繊細な表現を再現できますが、オンデマンドではすこし柔らかい感じになります。

印刷の精度の差はあるものの、初心者の場合は予算や印刷部数に合わせて選択すればよいでしょう。

 

また、すぐに手軽に本を作りたい!という場合には、コンビニなどのコピー機を使ってコピー本を作る方法もあります。

※コピー本について詳しくは、「番外編 コピー本の作り方を教えます!」をご覧ください。

 

POINT
印刷会社のWEBサイトを見てみると、印刷する色はパソコンの画面上でもある程度わかりますが、紙まではなかなかイメージできません。印刷会社によっては、基本の印刷プランで使用可能な紙の見本を配布しています。パンフレットと一緒に取り寄せてみるとよいでしょう。紙のメーカーが出している紙見本帳もあります。紙にこだわりたいのなら、こちらも見てみることをオススメします。特殊紙や紙見本を見ていると、「次はこうしたい!」「こんな配色にしたい!」などいろいろと想像が膨らみます。

 

 

<同人誌のキホン講座一覧> 
★第1回 同人誌と同人誌即売会について教えて!
★第2回 同人誌の形や印刷についての基礎知識
★第3回 同人誌を「本」にするための構成とは?
★第4回 同人誌表紙印刷の種類と特徴が知りたい
★第5回 同人誌の原稿用紙は表紙と本文で違う?
★第6回 同人誌をデジタルで作る理由
★第7回 同人誌の原稿を印刷所へ入稿する!
★番外編 コピー本の作り方を教えます!

CRIP STUDIO PAINT EX

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
171019_300x250_01
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。