イラスト・マンガ描き方ナビ > イラスト・マンガ入門講座 > 悩める初心者はココを見よ!デジ絵を描くのに必要なパソコン環境

悩める初心者はココを見よ!デジ絵を描くのに必要なパソコン環境

パソコンの絵

「これからデジタルでイラストを描いてみたい!」と考えたとき、まず一番のハードルはPC環境ですね。ここではデジ絵の超初心者さんに向けて、必要なパソコン環境をまとめました。

 

アナログで絵を描いていた人が、デジタルにも挑戦してみたい!と思ったとき、問題になるのはパソコン環境です。

 

「家に今あるパソコンでデジタルイラストが描けるのかな?」

「お絵描きソフトは高そう……」

 

など、いろいろな疑問が頭に浮かんでなかなか踏み出せないデジ絵の超初心者さんに向けて、必要なパソコン環境をまとめました。購入するときに検討の材料にしてください。(※文中の価格は変更の場合がありますので、あくまでも目安と考えてくださいね。)

 

1.パソコン本体

現在使っているパソコンがあるなら、まずはそれを使って問題はありません。ノートパソコンでもイラストは描けます。使っていくうちに重くなったり作業が遅くなったり、固まったまま動かなくなることが多くなってきたら、メモリの増設や買い替えを検討すればよいでしょう。

 

新しくパソコンを購入する場合、パソコンに詳しくない人は店員さんに相談しながら購入すると思いますが、

「パソコンで絵を描きたいんです」

と伝えると店員さんも具体的な相談にのってきやすいと思います。

 

動作速度に影響があるメモリ容量は、いまどきのパソコンなら4GB以上、長く安定して使える環境がほしいなら、もう一段上の8GBを選べば安心でしょう。
OSは、一部には「絵を描くならMac!」という人もいますが、デジ絵の場合はWindowsでも問題ないです。使い慣れているものを選ぶとよいでしょう。

 

0802_003

 

また、簡単な略画等なら、スマートフォンやiPadなどのモバイルタブレット+スタイラスペン(タッチペン)という選択肢もあります。ただし細密なタッチで描けるわけではないので、描いているうちに物足りなくなる可能性は高いです。

 

自分がどの程度のイラストを描きたいのか、少し考えてからPC環境を検討してみてください。

 

2.イラストソフト

デジ絵はお絵描きソフトを使って絵を描きます。ソフトは、無料のフリーソフトからプロ用のイラスト作成ソフトまで幅広く開発されています。

 

高いものは機能が充実していますが、自分が描きやすいかどうかは試してみないとわかりません。
ソフト操作は考えるよりも慣れることが一番です。たとえ有料のソフトでも無料体験版を備えているものが多いので、描き心地を試してみた上で、予算と相談して選ぶとよいでしょう。

 

0802_004B(修正済)
<メジャーなソフトウェア>

Adobe Photoshop
世界的に有名なグラフィックソフト。歴史も長く高機能で、プロのデザイナーの多くが利用しています。使う人の間では、よく「フォトショ」などと呼ばれています。
→Adobe社のソフトの無償体験版ダウンロードページ(試用期限30日)

 

CLIP STUDIO PAINT
高機能な漫画・イラスト制作ソフト。漫画制作ではとくに支持が高く、プロの漫画家も愛用しています。このソフトは「クリスタ」や「クリップスタジオ」の名前で呼ばれることが多いです。
→CLIP STUDIO PAINTの無料体験版ダウンロードページ(30日間無料体験)
 

ペイントツールSAI
直感的に使いやすいイラスト制作ソフト。ほかと比べると機能面はシンプルですが、動作が軽いのが特徴です。とくに愛称はなく、そのまま「SAI(サイ)」と呼ばれています。
→SAIのソフトウェアダウンロードページ(試用期間31日)
 

 

ソフトは画材のひとつです。デジタルイラストを描くのか、デジタルマンガを描くのか、筆圧感知で表情のある線を引きたいのか、色はアニメのようにくっきり塗るほうが好きなのか、水彩のようにふんわりぼかすほうが好きなのか、背景をきちんと描き込みたいのか、キャラクターだけを描いていくのか、etc…。自分の描きたい絵に合わせて選ぶと、失敗は少ないでしょう

 

3.ペンタブ

パソコンにつなげて絵を描くツールです。
マウスで描くよりもなめらかな線が描けますので、パソコンで絵を描くならまずは揃えておきたいアイテムです。ペンタブも販売している会社は何社かありますが、やはり人気があるのはWacom(ワコム)でしょう。製品ラインナップの多さがほかを抜きん出ています。

 

Wacomの絵

 

Wacomの中でもサイズ、描き心地などが違うさまざまなペンタブが出ていますが、初心者ならば「Intuos Draw」が1万円以内の価格で買いやすいでしょう。ただし、サイズはS(210×169 mm)のみになります。
少し値段が上がりますが「Intuos Comic」ならタッチ機能がつくほか、サイズがSとM(275×217 mm)から選べるようになります。またこの製品には「CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)」が付いてくるので、お絵かきソフトを持っていない人にはちょうどよいパッケージと言えます。

 

どのペンタブを選ぶにしても、まずはお店で描き心地を試してから購入するのがよいでしょう。
なお、芯は消耗品なので、使っていくうちにつぶれてきたら買い換えが必要だと覚えておいてください。

 

4.モニター

今使っているもので特に問題がなければ、そのまま使っても大丈夫です。
これからイラスト用に買い換えるならば、モニターは大きいものにした方が疲れにくいし描きやすいでしょう。20インチ以上がおすすめです。

 

 

5.その他

必須ではありませんが、下絵をアナログで描きたい場合はスキャナが必要です。取り込んだ下絵をデータ化して、ソフトで開けばペン入れはデジタルでできます。また、アナログで描いたテクスチャや色彩を取り込んで、イラスト素材として使うこともできます。また、描いたイラストを出力するには、プリンタが必要です。
マウスやキーボードは動作に問題がなければ、新調する必要はありません。ショートカットキーを多用するようなデジ絵の上級者になったときに、購入を検討すればいいでしょう。

 

デジ絵を始めたい!と思ってから全部揃えるのであれば、スペックによって幅がありますが

 

パソコン(モニター含む)… 約5〜30万円(〜果てしない‥)
ペンタブ … 約1万円 〜20万円(〜さらに高価なものも‥)
ソフト … フリー〜約3万円(〜あれこれ買うとさらに加算‥)
スキャナ … 約1万円〜

 

と、かなり大きな金額となります。一方、パソコンを買い替えず、ソフトはフリーのものにして、小さなペンタブだけ買うことにするなら、だいたい1万円前後で始めることができます。

 

 

アナログの場合は絵の具や紙は消耗品ですから、なくなったら買い足さなければいけません。しかしデジタルは、1回揃えてしまえばあまり買い替えの頻度は多くないので、長い目で見ればお得です。
パソコンを最初からハイスペックにする必要はありませんから、自分の予算に合わせて必要なものを適宜揃えていけばいいでしょう。描いていくうちに、例えば「もう少し柔らかい線が描きたい」「もっと反射の少ないモニターがいい」など、自分には何が必要なのかもわかってくると思います。

 

 

(制作:ナイル株式会社)
(執筆:いしだ わかこ)
(イラスト:アンディ♂)

 

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。