CLIP STUDIO TABMATEは、ペンタブレットやタブレットデバイスと併用し、
CLIP STUDIO PAINTでより快適にイラストやマンガ、アニメーションの制作を行える新型片手入力デバイスです。

各ボタンの設定をカスタマイズすることで、使用頻度の高い操作をワンアクションで実行できます。
左右対称のデザインのため、右利き・左利きどちらの方でもスムーズに導入できます。

CLIP STUDIO PAINT DEBUTのご利用について
ABOUT HOW TO START USING CLIP STUDIO PAINT DEBUT

本製品には、CLIP STUDIO PAINT DEBUT for Windows/macOS シリアルナンバーが付属しています。
ご利用の場合は、下記ページの手順に従ってソフトウェアをインストールしてください。

「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」ダウンロード

シリアルナンバーは、パッケージ上部のふた裏面に貼り付けられています。

* シリアルナンバーは再発行できませんので、大切に保管してください。

仕様
SPECIFICATION

通信方法:Bluetooth® 3.0 class2(無線)
電波到達距離:約3~10m
電波周波数:2.4GHz
電源:単三電池×1
保証期間:6ヶ月
サイズ:縦11.7cm × 横2.5cm~3.4cm 奥2.8cm~4.4cm

*「コミックマーケット93」会場販売製品は、マンガン電池・アルカリ電池のみご使用いただけます。2018年以降販売の製品では充電池もご使用いただけます。
* 本製品はドライバ不要です。
* 本体にBluetooth®機能がない場合は、別途Bluetooth®アダプターをご用意いただく必要がございます。動作確認アダプターリスト
 ≫macOSはMac本体に内蔵のBluetooth®で動作確認をしています。
 ≫Galaxyは本体にBluetooth®機能が内蔵されている必要があります。
* 同梱されている「安全上のご注意」の記載事項を必ずご確認の上ご使用ください。

動作環境
SYSTEM REQUIREMENTS

OS: Windows 8.1 64bit , Windows 10 64bit
macOS 10.13 , 10.14 , 10.15 , 11.0
Android 9以降

対応ソフトウェア:CLIP STUDIO PAINT DEBUT / PRO / EX Ver.1.10.0以降

* 上記以外のOSには対応しておりません。

パッケージ内容
PACKAGE CONTENTS

  • コントローラー本体 ×1
  • CLIP STUDIO PAINT DEBUT for Windows / macOS ダウンロード版シリアルナンバー ×1
  • 単3電池(動作確認用) ×1
  • ご案内/保証書(紙) ×1

* 付属の電池は初期動作確認用です。動作確認後は、市販の電池に交換してご使用ください。
*「コミックマーケット93」会場販売製品は、マンガン電池・アルカリ電池のみご使用いただけます。2018年以降販売の製品では充電池もご使用いただけます。

ユーザーガイド
USER GUIDE

各部名称

はじめてのご利用

* 使用するデバイスにBluetooth®機能(モジュール)が搭載されている必要があります。
* お使いのパソコンやBluetooth®アダプターによっては独自のBluetooth®機能を使用する場合があります。その場合はそれぞれの取扱説明書をお読みください。

Windows Windows8.1以降の場合

  • 通知領域の「(Bluetooth®)」アイコンを右クリックし、「Bluetoothデバイスの追加」をクリックします。
    * アイコンが [▲] 内に格納されていることがあります。
  • 「Bluetoothデバイスの管理」画面が表示されたら、「Bluetooth:オン」になっていることを確認し、本製品の「(CLIP STUDIO)」ボタンを3秒間長押しして電源を入れます。
  • 電源を入れてペアリングモードになると、本製品のLEDが赤/青交互に点滅します。
  • 「Bluetoothデバイスの管理」の一覧に表示された「TABMATE」を選択して「ペアリング」をクリックします。
  • ペアリングが完了すると、「Bluetoothデバイスの管理」の一覧に表示された「TABMATE」が「接続済み」となり、本製品のLEDが赤に点灯します。

これで本製品をCLIP STUDIO PAINTでご利用いただけます。

macOS

  • Bluetooth®メニューから「“Bluetooth”環境設定を開く」をクリックします。
    * Bluetooth®メニューが表示されていない場合は、アップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。表示された「システム環境設定」画面で「Bluetooth」をクリックします。
  • Bluetooth®パネルが表示されたら、「Bluetooth:入」になっていることを確認し、本製品の「(CLIP STUDIO)」ボタンを3秒間長押しして電源を入れます。
  • 電源を入れてペアリングモードになると、本製品のLEDが赤と青に点滅します。
  • Bluetooth®パネルのデバイス一覧に表示された「TABMATE」を選択して「ペアリング」をクリックします。
  • ペアリングが完了すると、デバイス一覧に表示された「TABMATE」が「接続済み」となり、本製品のLEDが赤に点灯します 。

これで本製品をCLIP STUDIO PAINTでご利用いただけます。

主な操作/動作

  • 電源のON/OFFは「(CLIP STUDIO)」ボタンを3秒間長押しして行います。
  • 電源ONで自動的にペアリングサーチを実行します。ペアリングサーチを実行したい場合は、電源OFF→ONを行ってください。
  • ペアリングサーチの結果接続できるデバイスが見つからなかった場合、または無操作のまま10分が経過した場合、スリープモードになります。復帰するには、いずれかのボタンを押してください(ただし「(CLIP STUDIO)」ボタンは対象外です)。
  • スリープモードのまま20分が経過すると、自動的に電源が切れます。
  • TABMATEは、最後にペアリングを行ったデバイスをメモリーしています。メモリーしているデバイスとは、自動的に接続を行います。
  • メモリーしているデバイスと接続中は、他のデバイスとは接続できません(接続可能な機器として認識されないため、検出されません)。他のデバイスと接続するには、接続中のデバイスをシャットダウンするか、ペアリングを解除してください。

設定の変更

設定は、[ファイル]メニュー(macOSの場合[CLIP STUDIO PAINT]メニュー、Galaxy / Androidの場合[P]メニュー)→ [CLIP STUDIO TABMATE]→[CLIP STUDIO TABMATE設定]にて、TABMATEを接続した状態で行います。

TABMATEは、4つのモードを切り替えながら使用することができます。
上記ダイアログの左上でモードを切り替えながら、各ボタンに割当てたい操作を設定してください。
なお、TABMATE本体のボタンを押下すると、上記ダイアログでそのボタンがフォーカス表示されます。
各ボタンについての細かい設定については、本ページ「ボタンアクションと特殊な設定」をご参照ください。

なお、ご購入時の初期状態では、以下のように設定されています。

 

モード 1

モード 2

モード 3

モード 4

+ ボタン

取り消し(アンドゥ)

取り消し(アンドゥ)

取り消し(アンドゥ)

取り消し(アンドゥ)

- ボタン

やり直し(リドゥ)

やり直し(リドゥ)

やり直し(リドゥ)

やり直し(リドゥ)

A ボタン

ツールを一時変更:回転

ツールを一時変更:回転

DEBUT:ツールを一時変更:自動選択
PRO/EX:クイックマスク

ツールを一時変更:回転

B ボタン

(キャンバスの)回転をリセット

(キャンバスの)回転をリセット

押した時間で実行
短押し:塗りつぶし
長押し:選択を解除

(キャンバスの)回転をリセット

C ボタン

ブラシサイズを上げる

ブラシサイズを上げる

ブラシサイズを上げる

ブラシサイズを上げる

D ボタン

ブラシサイズを下げる

ブラシサイズを下げる

ブラシサイズを下げる

ブラシサイズを下げる

Q ボタン

DEBUT:カラーセット(ポップアップ)
PRO/EX:クイックアクセスパレット(ポップアップ)

DEBUT:カラーセット(ポップアップ)
PRO/EX:クイックアクセスパレット(ポップアップ)

DEBUT:カラーセット(ポップアップ)
PRO/EX:クイックアクセスパレット(ポップアップ)

DEBUT:カラーセット(ポップアップ)
PRO/EX:クイックアクセスパレット(ポップアップ)

方向パッド(上)

ツールを一時変更:レイヤー移動

ツールを一時変更:レイヤー移動

ツールを一時変更:レイヤー移動

ツールを一時変更:レイヤー移動

方向パッド(下)

ツールを一時変更:手のひら

ツールを一時変更:手のひら

下のレイヤーでクリッピング

連打回数で実行
1回:自動選択(ツール変更)
2回:選択範囲(ツール変更)

方向パッド(右)

メインカラーに切り替え

ツールローテーション
1:鉛筆
2:ペン

ON/OFF で実行
ON:サブカラーに切り替え
OFF:メインカラーに切り替え

ツールを一時変更:塗りつぶし

方向パッド(左)

透明色に切り替え

拡大・縮小・回転(変形)

ON/OFF で実行
ON:透明色に切り替え
OFF:メインカラーに切り替え

拡大・縮小・回転(変形)

ホイール(上回転)

ズームイン(キャンバスを拡大)

ズームイン(キャンバスを拡大)

ズームイン(キャンバスを拡大)

ズームイン(キャンバスを拡大)

ホイール(下回転)

ズームアウト(キャンバスを縮小)

ズームアウト(キャンバスを縮小)

ズームアウト(キャンバスを縮小)

ズームアウト(キャンバスを縮小)

ホイール(押下)

全体表示(キャンバスを全体表示)

全体表示(キャンバスを全体表示)

全体表示(キャンバスを全体表示)

全体表示(キャンバスを全体表示)

トリガーボタン

ツールを一時変更:スポイト

ツールを一時変更:消しゴム

ツールを一時変更:スポイト

選択を解除

CLIP STUDIO ボタン
(短押し)

モード2へ切換え

モード3へ切換え

モード4へ切換え

モード1へ切換え

CLIP STUDIO ボタン
(長押し)

電源 ON/OFF

*「(CLIP STUDIO)」ボタンの設定は変更できません(「長押し=電源ON/OFF」「短押し=モード切換え」)。
* モード1「下書き/スケッチ」、モード2「ペン入れ/ドローイング」、モード3「色塗り/ペイント」、モード4「加工/仕上げ」をイメージした設定が割当てられています。

ボタンへのアクションと特殊な設定

TABMATEの基本的な使い方は、ボタンを押して、割当てたメニューコマンド/ツール変更を実行する、というものです。
しかしそのほかに、1つのボタンに対して、「押した時間で実行(短押し/長押し)」「連打回数で実行(1~4回まで)」といった操作で割当てを分けて設定することができます。
また、あらかじめ設定した任意のツール群を押すごとに切り替える「ツールローテーション」、押している間だけパレットを表示する「パレットをポップアップ」、押す・離すという操作にそれぞれ操作を割り振ることによって”押している間だけタイムラインを再生する(ON・OFF両方に「再生/停止」を設定)”といった操作を実現できる「ON/OFFで実行」などを設定できます。

ユーザーサポート
USER SUPPORT

動作確認アダプターリスト
ADAPTER LIST

Bluetooth®モジュールを内蔵していないPCでは、別途Bluetooth®アダプターが必要です。
セルシスで動作確認を行ったBluetooth®アダプターについては以下をご参照ください。

* 動作を保証するものではありません。