CLIP STUDIO PAINTの
主な機能

CLIP STUDIO PAINT

FUNCTION

※項目の横の[DEBUT][PRO][EX]は、その機能が搭載されているモデルを表しています。
各モデルの主な違いはこちらをご覧ください。

効率よく描くDRAW EFFICIENTLY

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

効率的に選択範囲を作成

選択範囲ツールに用意されているサブツールパレットから選択することにより、効率的に選択範囲を設定できます。サブツールパレットには通常の矩形や円、投げなわ、折れ線選択の他、[選択ペン]・[選択消し]などがあり、描画した形状で選択範囲を作成できます。 また、シュリンク選択では、ドラッグした範囲内にすべて納まっている描線の、外周に密着した選択範囲を作成します。
さらに、選択レイヤーを作成することでより効率的に塗りつぶしや描画が行えます。

  • 効率的に選択範囲を作成

複雑な形状の選択範囲を画像を確認しながら、描くように作成できるクイックマスクにより、着色作業を効率的に行うことができます。

  • 効率的に選択範囲を作成
  • PRO
  • EX

Illustrator形式ファイルの入出力

Illustratorなどで出力したSVG形式のファイルを、ベクターレイヤーとして読み込めます。また、ベクターレイヤーをSVG 形式のファイルとして書き出すことができます。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

手早くきれいな塗りつぶし

隙間があって色がはみ出してしまう場合に、隙間を閉じた状態で塗りつぶしたり、塗り残した細かい部分を囲って塗りつぶすなど、[塗りつぶし]ツールを使ってクリックするだけで、手早くきれいに塗りつぶすことができます。

複数の色を使用した複雑なグラデーションも[グラデーション]ツールを使って作成できます。

  • [グラデーション]ツール

2色の線で囲まれた範囲を[等高線塗り]ツールを使って滑らかなグラデーションで塗りつぶせます。

  • [等高線塗り]ツール
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

影を自由に生成 Ver.3

線画と塗りつぶした領域から自動で陰影をつけることができます。プレビューを見ながら光源の位置や角度、影の色を調整するだけで簡単に自然な陰影を描画でき、彩色を効率化します。

  • PRO
  • EX

思い通りの色を生み出す

通常のカラーサークル、カラースライダーに加え、カラーセット、イメージ通りの色を見つけるのに役立つ近似色、中間色、使用した色がすぐに見つかるカラーヒストリーの6種類のカラー系パレットがあります。カラーセットパレットは、最初から登録されているカラーセットだけでなく、自分でオリジナルのカラーセットを作成することや、スウォッチをカラーセットとして読み込めます。中間色パレットは最大4つの色から中間色を作成できます。近似色パレットは色相・彩度・明度・輝度など条件を指定し、似ている別の色を選択できます。

  • 中間色・近似色パレット
  • カラーサークル・カラーセット
  • PRO
  • EX

定規による精巧な作画

基本図形はもちろん、対称な図形が描ける対称定規やパースに沿った線で遠近感のある背景を簡単に描けるパース定規、2点、3点など複数点の対称図形を描ける「対称定規」 や、「同心円定規」「放射線定規」「平行線定規」などの多彩な定規がそろっています。ブラシのタッチを活かして正確に描けます。

  • 定規による精巧な作画
  • PRO
  • EX

はみ出した線をきれいに消す

ベクターレイヤー上で描いた線は[消しゴム]ツールで線のはみ出した部分だけを消したりなど、便利な使い方もできます。

  • EX

写真や3Dモデルから輪郭線や色面を抽出

写真や3Dデータから、輪郭線と色面を抽出できます。[レイヤーのLT変換]を実行すると、「輪郭線」と「トーン」をそれぞれ別のレイヤーに変換できるので、線画に修正を加えたり、トーンの設定変更、削りなど、さらにクオリティを高めるための加工も容易です。デジタルならではのデータをそのまま利用するだけでなく、ペンやブラシで描きたしたり、着彩したり加工を加えることもでき、一歩進んだ表現でマンガやアートワークに活用できます。

  • 写真や3Dモデルから輪郭線や色面を抽出
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

3Dプリミティブの追加でさらに使いやすく

[素材]パレットの[3D]内の[プリミティブ]から複数の3Dプリミティブをブロックのように組み合わせて小物や背景を作成し、作品のアタリなどに活用できます。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

イラストを飾る数万点の素材

木、草、炎、雪をはじめとした背景画像やパーツ制作にすぐに使えるブラシ素材や、建物、小物、ポーズの3D素材など数万点以上公開されています。無料の素材も豊富で、いつでも、ダウンロードできます。商業利用も可能なので安心です。

  • イラストを飾る数万点の素材
  • イラストを飾る数万点の素材
  • イラストを飾る数万点の素材
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

表現の幅を広げるレイヤー合成

レイヤーを重ねる際、合成モードを変更することで様々な演出や効果つけることができます。合成モードは29種あり合成の仕方によって、様々な効果を表現したり、色の微妙な濃淡を調整したりすることができます。

  • 表現の幅を広げるレイヤー合成
  • PRO
  • EX

全体を手軽に加工できるレイヤー効果

レイヤープロパティパレットで、各レイヤーに様々な効果を設定することができます。細かく設定でき、1クリックでいつでも元に戻すことができます。[画像素材レイヤー]選択時には、質感を加えてイメージを変えることができます。他にもレイヤーに描かれている画像にフチや水彩境界をつけたり、白黒の網点に変えたりといった効果を全体にかけられます。

  • 全体を手軽に加工できるレイヤー効果
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

[ゆがみ]サブツールで画像の形状も直感的に変更 Ver.3

[ゆがみ]サブツールを使えば、ペンでなぞるだけでキャンバス上の画像の形状を変更できます。ゆがみツールは、複数のレイヤーを選択して同時に適用できます。

  • PRO
  • EX

複数の操作を一度に行えるオートアクション

よく行う操作や繰り返し行う操作をオートアクションに登録して、クリック1回で実行できます。また、ショートカットはカスタマイズが可能で、使い慣れたショートカットに変更できるなど、デザインワークをスピードアップする便利な機能があります。

  • 複数の操作を一度に行えるオートアクション
  • PRO
  • EX

用途にあわせて切り替えられるワークスペース

「マンガ用」「イラスト用」「デザイン用」など、用途やスタイルにあわせて配置したパレットのレイアウトを、ショートカットやコマンドバーの設定とあわせてワークスペースとして保存し、いつでも呼び出すことができます。また、スマートフォンの画面でも作業しやすいシンプルなUIが選べます。

  • 用途にあわせて切り替えられるワークスペース
  • PRO
  • EX

ワークスペースを素材として登録・読み込み

ワークスペース素材には、パレットのレイアウト・ショートカット設定・コマンドバー設定・環境設定の単位設定を登録できます。登録した素材は、[素材]パレットに登録するだけでなく、CLIP STUDIO ASSETSで配布できます。
また、CLIP STUDIO ASSETSで配布されているワークスペース素材を、自分の環境に読み込むこともでき、読み込み時に反映する設定を選択できるので、ショートカットなどを変えずに、パレットのレイアウトを変更することも可能です。
線画用、色塗り作業用など自分に合ったワークスペースを、設定しやすくなります。

  • ワークスペースを素材として登録・読み込み
  • ワークスペースを素材として登録・読み込み
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

ウィンドウカラーテーマの設定

好みにあわせてウィンドウのカラーを変更できます。

  • ウィンドウカラーテーマの設定
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

高解像度Retinaディスプレイやタッチ操作にも最適なインターフェース

タブレットやWindows8.1以降のタッチ操作に最適なインターフェースを備え、各パレットの配置、アイコンなどデザイン要素のサイズや指では操作がむずかしい箇所の調整を行えます。
Windows版ではマルチモニタ環境で異なるテキストスケールを設定した状態でも適切な解像度で表示します。
macOS版ではアプリケーションやキャンバスなどをRetinaディスプレイ本来の解像度で表示します。

  • 高解像度Retinaディスプレイやタッチ操作にも最適なインターフェース
  • 高解像度Retinaディスプレイやタッチ操作にも最適なインターフェース
  • PRO
  • EX

タブレット/スマートフォンでも本格的なイラスト制作を

iPad / iPhone / Galaxy / Android / ChromebookでもWindows / macOSと同様の機能を使用でき、モバイルデバイスひとつで快適な制作が行えます。筆圧検知対応のペンの性能を最大限に引き出し、なめらかな描き味を実現しています。シンプルなUIを選択すれば、初心者もモバイルで快適に描けます。描いた絵をアプリから直接SNSにシェアしましょう。

  • PRO
  • EX

入力デバイス「CLIP STUDIO TABMATE 2」に対応Ver.3

iPadOS・iOSでも使えるようになった入力デバイス「CLIP STUDIO TABMATE 2」で、作業をさらに効率化できます。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

コンパニオンモードで異なるデバイスとも連携、より快適な創作環境を実現

CLIP STUDIO PAINTがインストールされたスマートフォンと、パソコンやタブレットを同じWi-Fi環境で接続すると、スマートフォンをCLIP STUDIO PAINT専用の片手入力デバイスとして使用できる「コンパニオンモード」が利用できます。スマートフォン上によく使う機能をまとめたクイックアクセス、ツールの不透明度やサイズも変更できるカラーサークル、タッチジェスチャーを使用してキャンバスの操作を行うジェスチャパッド等を表示します。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

macOSのSidecarに対応

ミラーリング、拡張デスクトップ、どちちでも利用できます。Sidecar使用時に、CLIP STUDIO TABMATEも使用できます。

  • Surface Dialを使用した操作に対応
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

Surface Dialを使用した操作に対応

表示の倍率変更や回転、取り消し、ブラシサイズの変更、タイムラインの移動、平行線定規の回転がSurface Dialで行えます。

  • Surface Dialを使用した操作に対応
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

作品やソフトウェアの各種設定をクラウドで共有・バックアップ

作成した素材、作品やソフトウェアの各種設定は、CLIP STUDIOでクラウド上に保存できます。ソフトウェア設定はクラウド上にバックアップを取り、必要な場合に手動で復元できます。素材や作品は、クラウドとWindows / macOS / iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebookのデータを同期することができます。自宅と職場、学校など複数の環境で、制作中の作品や自作の素材、ソフトウェアの設定をスムーズに利用することができます。

  • 作品やソフトウェアの各種設定をクラウドで共有・バックアップ
  • DEBUT
  • PRO
  • EX

お絵かきアプリで描いた作品を開いて編集

ソーシャルお絵かきアプリ「アイビスペイント」で描いた作品をレイヤー状態を保持したまま、クラウド上にアップロードし、CLIP STUDIO PAINTで編集できます。

アイビスペイントについて

株式会社アイビスのスマートフォン/タブレット向けの本格お絵描きアプリ。パソコン用グラフィックソフトにも匹敵する多彩な機能で、イラストから絵画作品まで自在に描くことができます。

  • お絵かきアプリで描いた作品を開いて編集
  • PRO
  • EX

セルシス各製品との互換性

PROではIllustStudioのXPGファイル、ComicStudioのCPGファイル(ページファイル)を、EXはそれに加え、ComicStudioのCSTファイル(作品ファイル)を読み込めます。
※一部を除き、Windows / macOSのみでご利用いただけます。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

CLIP STUDIO TABMATEがどのデバイスでも快適な創作をサポート

ペンタブレットやタブレットデバイスと併用し、CLIP STUDIO PAINTでより快適に制作を行える片手入力デバイス。 各ボタンの設定をカスタマイズすることで、使用頻度の高い操作をワンアクションで実行できます。
CLIP STUDIO TABMATE:Windows / macOS / Android対応
CLIP STUDIO TABMATE 2:iPad / iPhone / Android / Windows / macOS対応(TABMATE 2はVer.3.0以降が必要)

  • PRO
  • EX

Photoshopブラシファイル(拡張子:abr)の読み込みに対応

2種類のストロークを組み合わせて描画できる[デュアルブラシ]機能。下地混色、Photoshopブラシファイル(拡張子:abr)の読み込みにも対応。読み込んだブラシの描画結果は、Photoshopと若干異なる場合があります。

  • DEBUT
  • PRO
  • EX

作業時間の記録Ver.3

[情報]パレットに作品の作業時間が表示されます。一定時間操作がない場合は記録を一時停止します。記録された制作時間はclipファイル内に保存されファイルを開くと確認できます。