イラスト・マンガ描き方ナビ > イラスト・マンガ初心者講座 > デジタルイラストTips★塗り残しや塗り忘れはレイヤー1枚で解決できる!

デジタルイラストTips★塗り残しや塗り忘れはレイヤー1枚で解決できる!

073_塗りミスを防ぎたい_タイトル

イラストを描いて仕上げたあとに、色の塗りミスを見つけて「しまった!」と思うことはありませんか?そんな塗りミスを減らすための技を紹介します。

 

塗りミスを探してみよう

一見するとわからない塗りミスも、ちょっとの技で解決できます。たとえば、次のイラストは、どこに塗りミスがあるかわかるでしょうか?

 

塗りミスを探せ

 

それでは、イラストの背景レイヤーを表示して、正解を見てみましょう。

 

塗りミスを探せ_答え

 

とりあえず、ここでわかる塗りミスは2か所です。

 

  •  左の襟に白色が塗られていない
  •  腕とカーテンの間が白く塗られていて、背景が表示されていない

 

画面に何も描かれていない部分が白いため、白い部分や透明部分の区別がつきにくくなっています。そんな「困った!」を簡単に解決するための方法を紹介します。

レイヤー機能が使えるグラフィックソフトウェアなら、よほどのことがない限り使える方法です。
白色以外の塗りミスにも効果的なので、ぜひ続きも読んでみてくださいね。

 

STEP1 確認用のレイヤーを作成する

塗りミスを防ぐために、確認用のレイヤーを作成します。
キャラクターを描いたレイヤーの下に、確認用のレイヤーを新規作成します。用紙レイヤーがあるソフトウェアの場合は、用紙レイヤーの上にレイヤーを作成します。

 

nuri_003

 

新規作成したレイヤーを1色で塗りつぶします。レイヤー全体を塗りつぶしたいので、他のレイヤーを非表示にしてから塗りつぶします。
塗りつぶす色は、イラストに使わない系統の色、かつ派手な色がお勧めです。このイラストは赤系や青系の色を多く使っているので、あえて緑で塗りつぶしてみました。

 

nuri_004

 

再度、非表示にしたレイヤーを表示します。

 

nuri_005

 

STEP2 塗りミスを確認してみよう

それでは、塗りミス部分を確認してみましょう。イラスト全体を見るだけではなく、画像を拡大してイラストを見ていきます。
先ほどの2か所のほかに、もう1か所小さな塗り残しがありました!

 

nuri_006

 

確認用のレイヤーを非表示にすると、塗り残し部分がまったくわかりません。確認用レイヤーを作っておくと、このように細かい塗りミスも探しやすくなります。
nuri_007

 

塗りミス部分の修正が終わったら、確認用のレイヤーを非表示にして保存します。

 

参考

この例では、ほぼ完成したイラストで確認していますが、イラストを描く前に確認用のレイヤーを作っておくと便利です。
通常は非表示にしておき、作業の区切りの良いところで確認用のレイヤーを表示します。塗りミスを見つけたら、すぐに修正します。作業の途中で塗りミスを見つければ、完成後より修正が楽にできます。

 

nuri_008

 

また、画面全体の下塗りが終わったあとに確認用のレイヤーを削除すれば、塗りミスを防ぐうえ、レイヤーの枚数を少なくできます。スマホ用のアプリなどレイヤー枚数に上限がある環境では、削除した確認用のレイヤーを仕上げのレイヤーに活用できます。

 

CLIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CLIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。