イラスト・マンガ描き方ナビ > 意外と知らない話 > リウイチ氏「CRYSTAR」イラストメイキング講座

リウイチ氏「CRYSTAR」イラストメイキング講座

リウイチ氏_イラストメイキング講座

PS4ゲームソフト「CRYSTAR -クライスタ- 」のカバーイラスト・キャラクターデザインを担当するイラストレーターのリウイチ氏に、印象的な瞳の描き方や緻密な線画(彩色)がどのように生みだされているのかなど、イラストの制作工程を解説していただきました!

PROFILE

名前:リウイチ

職業:イラストレーター

ゴスロリ、ダークファンタジー、武器、モンスター、ムキムキマッチョが好きです。

Twitter : @riuichi35

Pixiv : id=3004637

 

使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT (クリップスタジオペイント)

 

 

下描き~線画まで

 

 

 

 

1.下描き

 

はじめに『ラフ』を描きます。ラフは、構図やディティール(部品)の位置や形、大まかなシルエットを決めるために必要な工程です。

 

 

次に『下描き』をします。

下描きは『線画』の工程に移るためのガイドのような役割を担います。

下描きで使用するペンは、自分が描きやすいツールを選ぶと良いと思います。

 

下描き[鉛筆]ツールを使う人が多いと思いますが、この段階で細い線で描ける[鉛筆]を使うと絵を凝視しすぎて全体の雰囲気に硬さが出てきてしまうため、私の場合は小~中くらいのブラシサイズに設定した[水彩]ツールなどを使用しています。

 

↑今回のイラストは左右対称なデザインになるため、下描きの段階では中央から左側を描いてから右側へ反転して貼り付けるなど、バランスを確認しながら描いています。

 

線画の前の工程には人それぞれやりやすい方法や工夫があると思います。

自分の力量や傾向を分析した上で構成を考えていくのが良いと思います。

 

 

2.線画

 

『線画』は、丁寧に行えば行うほど完成した作品に応用力が生まれます。
(絵のアップに耐えられるようになるので、大きなサイズで使えたりします)

 

自分は線画を細かく描くのが好きなので、今回のイラストもそのようにして描きました。

 

①ペンの選択

  • 髪などの毛部分:[鉛筆]ツール→[鉛筆]→[デッサン鉛筆]
  • フチや装飾部分:[図形]ツール→[直接描画]→[曲線]/[鉛筆]ツール→[鉛筆]→[薄い鉛筆]
  • その他:[鉛筆]ツール→[鉛筆]→[薄い鉛筆]

 

↑目の線画については、後の工程で解説します。

 

②レイヤー分け
人それぞれ分け方があるとは思いますが、自分は基本的に『顔の内側』と『それ以外』でレイヤーフォルダを分け、さらにその中で細かくレイヤーを分けながら描画しています。

 

③描き込み
線画の工程で大切なのは、描画する部分によって線や色の薄さ・濃さ・細さ・太さに気を配ることです。

基本的には、外側になる部分は太く濃く、内側になる部分は細く薄く描いています。
また、細く濃く描ける設定にした線でパーツごとにフチ取ると、線画にメリハリがつきます。

 

 

④線画の完成
ときどきズームアウトして全体を確認し、気になる部分があればメリハリをつけて終了です。

 

 

下塗り

 

 

 

①全体の下塗り
はじめに、[自動選択]ツールを使いキャラクター全体を下塗りします。(参考:下塗り参考画像2)

 

 

キャラクターが描かれていない部分を[Shift]キーを押しながら追加選択していき、最後に[選択範囲]メニュー→[選択範囲を反転]すると、キャラクター全体が選択されている状態になります。

その状態で大きなブラシサイズに設定した[ペン]ツール→[Gペン]で塗りつぶしています。

 

 

②パーツの下塗り
キャラクター全体を下塗りしたレイヤーを一番下にした状態で新規レイヤーを作成し、新規レイヤーを下塗りしたレイヤーにクリッピング([下のレイヤーにクリッピング]を設定)します。※下図参照

こうすることで、簡単に下塗りを行うことができます。

 

 

パーツの下塗りには、[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]を使用しました。

下塗りが終わったレイヤーは、それぞれ[透明部分をロック]を設定しておくとよい。

 

③下塗りの完成
細かい塗り残しが無いか確認し、あれば[ペン]ツール→[Gペン]で塗り足します。

下塗りの工程はレイヤーを間違える事が多いので気をつけてください。

 

↑下塗りの工程では、パーツごとにわかりやすい(目立つ)色で塗っておくと塗り残しがわかりやすくなる。

 

 

影塗り~仕上げ

 

影塗りでは、影となる部分に黒を入れたり、細かい線を重ねてダークさを表現してます。

 

①ペンの選択
影塗りは基本的に[筆]ツール→[水彩]→[水彩毛筆]を使用しています。

 

 

②描き込み
ダークさを表現する線をデッサンのトーンのように付けていきます。クロスハッチングなどを駆使します。

 

 

③実質的な影をつける
一般的なアニメやイラストの影の表現と同じです。鉛筆で影となる部分のフチをとり、要所を塗りつぶします。

影を塗ったレイヤーの不透明度を調整して、適切な濃さに変更しましょう。

 

 

④影塗りの完成
ズームアウトし、全体の雰囲気を確認します。
一度重ねて引いた線をケシゴムで消して修正の線を加えると重ねた線の流れに荒れが生じるので、なるべく修正は避けるようにしています。

 

 

5.目の描写

 

①目の線画
下書きのガイドを基に、線画を描きます。
気をつけてほしいのが、人間の目は意外と左右対称ではないので、下描きのように正面の顔描写だからといって片方をコピーする方法だけで終わってしまうと、完成したときに違和感が出てしまいますので避けましょう。

 

 

②塗り
瞳の描写は、まず基本的に瞳の上部分から下部分に向かってトーンを明るくしていくと良い見ばえになります。
この法則をもとに、応用するような形で自分なりの描写を施します。

 

 

③瞳のエフェクト
瞳に砕かれた宝石のようなエフェクト(上図参照)を入れます。

このエフェクトは、[デコレーション]ツール→[模様]→[ツタ]を使って描画しています。

描画色を白色と黒色に設定した[ツタ]サブツールでそれぞれ瞳に描写していきます。

 

↑透明度50%の状態で重ねると重なった部分が濃くなり、エフェクトのような表現になりますので、ぜひ試してみてください。

 

④目の完成
目全体のエフェクトのバランスやトーン(濃淡)を確認し、大丈夫であれば完成とします。
瞳は白黒で仕上げ、のちに加工の段階で着彩します。

 

その他の部分もひと通り着彩しました。

 

 

 

6.加工

 

①加工の下準備

5.まで作成したイラストを、[レイヤー]メニュー→[表示レイヤーのコピーを結合]を実行して1枚のレイヤーに変換します。

変換したレイヤーをさらに複製します。

 

 

複製して作成したレイヤー「零 のコピー」に、[編集]メニュー→[色調補正]→[グラデーションマップ]で色を付けます。

登録されている「グラデーションセット」から薄い黄色~濃い紫に変化するグラデーションを適用しました。

 

 

このレイヤーを不透明度を12%に設定して、原画レイヤーの上に置き、このレイヤーをさらに複製したレイヤーの合成モードを[スクリーン]に設定して重ねます。

 

 

また、この調整が終わったあとは原画を含む3枚のレイヤーを1枚に結合し、下準備は終了となります。

 

 

 

②オーバーレイ加工
瞳の色などを合成モードを[オーバーレイ]に設定したレイヤーに[エアブラシ]ツールで色をつけていきます。

先程全結合したレイヤーにクリッピングした状態で色を入れていきます。

 

↑両目を青で塗ったあとに、右側の瞳部分だけ[長方形選択]ツールで大まかに選択し、[編集]メニュー→[色調補正]→[色相・彩度・明度]で色を黄色に調整した。

 

③発光加工
金属・ハイライト・その他光らせたい部分にハイライトを入れます。此方ではエアブラシ以外に、鉛筆なども使います。

 

④スクリーン加工
スクリーン加工は空気感を表現するために使用します。合成モード[スクリーン]に設定したレイヤーに[エアブラシ]ツールでキャラクターの頭上(後頭部)など、遠くのものを調整していきます。

 

 

6.完成

 

これで完成です。

 

 

リウイチさんのインタビュー記事もこちらで公開中!

 

 

『CRYSTAR -クライスタ-』

“涙に意味を、与えてあげて。”
PlayStation®4向けオリジナル作品! 泣いて戦うアクションRPG

 

【公式WEB】http://www.cs.furyu.jp/crystar/

【機種】PlayStation®4

【発売日】2018年10月18日(木)

【対象年齢】C (15才以上対象)

【発売元】フリュー株式会社

© FURYU Corporation.

 


『CRYSTAR -クライスタ-』公式アートブック

リウイチ氏描き下ろしのカバーイラストを始め、パッケージビジュアルやゲーム内ビジュアル、秘蔵のラフイラストを多数収録。

さらにクリエイター陣によるコメントも掲載! ゲーム制作、イラスト制作のこだわりが垣間見える、貴重な一冊です。

 

<コメント寄稿クリエイター>

キャラクターデザイン:リウイチ

キャラクターデザイン・キャラクターモデリングリード: ntny

開発:ジェムドロップ

プロデューサー&ディレクター:林 風肖(フリュー)

 

【公式WEB】 https://www.hifumi.co.jp/books/lineup/9784891995539.html

【発売日】2019年2月28日(木)

【発売元】株式会社一二三書房

© FURYU Corporation.

 

 

 

キャンペーン応募方法

 

本キャンペーンの募集は終了いたしました。

たくさんのご応募ありがとうございました

 

リウイチさんサイン入りのPS4ゲームソフト「CRYSTAR -クライスタ- 」&公式アートブックをセットにして、抽選で3名様にプレゼントいたします!

※ゲームソフトはサイン記入のため開封されています。

 

申込方法:

描きナビ公式Twitterアカウント(@kaki_navi)をフォローして以下のツイートをリツイートしてください。

 

 

キャンペーン期間

2019年3月1日(金)~2019年3月 7 日(木)23:59まで

 

 

応募要項

 

■当選発表について

 

抽選の上、3月中旬に当選者の方にTwitterからダイレクトメッセージを送付し、発送先をお伺いします。

 

■個人情報の取扱について

 

本キャンペーンに際して応募者よりご提供いただいた個人情報は本キャンペーンの運営に必要な範囲内で利用し第三者に開示いたしません。

 

■プレゼントの発送について

 

プレゼントの発送は3月下旬より順次発送させて頂きます。

 

■ご注意事項

 

・未成年の方は保護者の同意を得た上で投稿してください。

・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

・当選者についてのお問合わせにはお答えできません。

・当選のご連絡後6営業日以内に送付先をご連絡いただけない場合は、当選を無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください

・当選者の権利を譲渡・換金・変更することはできません。

 

 

CLIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。