イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > 知らなきゃ損する!レイヤーの合成モードって何?

知らなきゃ損する!レイヤーの合成モードって何?

008_レイヤーの合成モードって何_001

レイヤーの「合成モード」の主な種類や簡単な使い方について紹介します。グラフィックソフトウェアによっては、ブレンドモードや描画モードなどと呼ばれる場合もあります。

 

レイヤーの合成モードとは

下のレイヤーに描かれた内容に対して、効果を付けられるレイヤーの機能です。レイヤーの[合成モード]を設定すると、イラストの見せ方を調整できます。

 

レイヤーの合成モードを設定するには?

レイヤーの合成モードは、初期状態では[通常]に設定されています。[不透明度]を100%にして描いたものは、下のレイヤーが透けません。合成モードを変更すると、下のレイヤーに与える効果を変更できます。
レイヤーに[合成モード]を設定するには、設定したいレイヤーを選択し、[合成モード]を選択します。

 

gousei_002

 

レイヤーの合成モードにはどんな種類があるの?

主な合成モードの種類について、紹介します。ここでは、上のレイヤー(ハートの画像)の合成モードを変更し、どのような効果が得られるか見ていきましょう。

 

POINT
お使いのグラフィックソフトウェアにより、使用できる合成モードは異なる場合があります。

 

gousei_003
通常

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色をそのまま重ねます。

 

通常

 

比較(暗)

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を比較し、暗い方の色を採用して合成します。

 

比較(暗)

 

乗算
下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を掛け合わせて合成します。合成後は、元の色より暗い色になります。影などを塗る際に使用されます。

 

乗算

 

焼き込みカラー
銀塩写真の「焼き込み」のような効果が得られます。下のレイヤーの画像の色を暗くし、コントラストを強くしたあとに、設定中のレイヤーの色を合成します。
焼き込みカラー

 

焼き込み(リニア)
下のレイヤーを暗くしたあとに、設定中のレイヤーの色を合成します。

 

焼き込み(リニア)

 

減算
下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を引いて合成します。合成後は、元の色より暗い色になります。

 

減算

 

比較(明)
下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を比較し、明るい方の色を採用してそれぞれの色を合成します。

 

比較(明)

 

スクリーン
下にあるレイヤーの色を反転した状態で、設定中のレイヤーの色を掛け合わせて合成します。乗算の反対の効果が得られます。合成後は、元の色より明るい色になります。

 

スクリーン

 

覆い焼きカラー
下のレイヤーの画像の色を明るくし、コントラストを弱くします。色のメリハリが弱くなります。

 

覆い焼きカラー

 

覆い焼き(発光)
[覆い焼きカラー]よりも強い効果が得られます。

 

 覆い焼き(発光)

 

加算
下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を足します。デジタルで色を加算すると明るい色に変化します。

 

加算

 

加算(発光)
[加算]よりも強い効果が得られます。
加算(発光)

 

オーバーレイ
明るい部分は[スクリーン]、暗い部分は[乗算]の効果が現れます。合成後は、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く表示します。

 

オーバーレイ

 

ソフトライト
重ねた色の濃度に応じて、結果が異なります。明るい色同士を重ねると[覆い焼き]のように明るく、暗い色同士を重ねると[焼き込み]のように暗く表示されます。色の部分に重ねずに描画した場合は白になります。

 

ソフトライト

 

ハードライト
重ねた色の濃度に応じて、結果が異なります。明るい色同士を重ねると[スクリーン]のように明るく、暗い色同士を重ねると[乗算]のように暗く表示されます。

 

ハードライト

 

差の絶対値
下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を引いて、その絶対値を採用して先に描いた色の部分と合成します。

 

差の絶対値

 

参考

今までの説明で、合成モードの特徴については、だいたいのイメージをつかんでいただけたでしょうか?
ここでは、次の画像を使用して、かんたんな合成モードの活用例を紹介します。CLIP STUDIO PAINTの画面を使っていますが、合成モードに対応しているグラフィックソフトウェアであれば、ほぼ同様の操作で使えます。

 

gousei_020

 

背景の画像に、オレンジ色のグラデーションを描いたレイヤーを重ねます。

 

gousei_021

 

オレンジ色のグラデーションを描いたレイヤーを選択し、[合成モード]を[ハードライト]に、[不透明度]を85%に設定します。
空の色がオレンジ色になり、夕暮れの景色になりました。

 

gousei_022

 

このように合成モードを活用すると、イラストの雰囲気を変更できます。合成モードを活用すると、さまざまな演出や効果を付けられます。上手に活用して表現の幅を広げましょう!

 

CRIP STUDIO PAINT EX

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。