イラスト・マンガ描き方ナビ > スキルアップ講座 > 基礎力UP!立体感を表現する際に必要な2種類の光を覚えよう

基礎力UP!立体感を表現する際に必要な2種類の光を覚えよう

2種類の光を覚えよう_アイキャッチ画像

イラストは平面に描きますから、なにも意識しないで描くとのっぺりした印象になってしまいます。イラストに立体感をもたせたいとき、鍵となるのは「2種類の光」です。この2つを理解して、奥行きのあるイラストを描く方法をご紹介します。

基本となる【2種類の光】を覚えよう

立体感の表現をする際に、
必ず押さえておかなくてはならない光の種類は、以下のふたつです。

 

  • 直接光:光源から直接届く光。
  • 反射光:地面などから、物体にむかって照り返される光。

 

円柱の図

 

光が反射する=光が分散するため、直接光に比べて、反射光は弱く暗めになります。
これにより明るさは一般的に「直接光>反射光」となります。

 

画面左を光源とした時の円柱を例に、考えてみましょう。

 

●反射光なし

円柱の図

 

グラ―デーションを用い、影となる部分を作っていますが
平面的な印象です。

 

●直接光=反射光
円柱の図円柱の右端に、反射光を入れました。
直接光と反射光を同じ程度明るくしている為、違和感があります。

 

●直接光>反射光
円柱の図直接光と比べ、反射光を暗めにしました。
バランスが良くなり、立体感が表現できましたね。

 

 

直接光と反射光をキャラクターに応用する

 

では、このふたつの光をキャラクターの塗りで実践してみましょう。
顔を球、身体を直方体として、イラストをシンプルな形に置き換えてみます。

 

150_05

 

 

上図のようにキャラクターのフォルムを簡略化することで、光源に基づいたざっくりとした明暗と、大きな立体感を掴むことができます。
この「全体感を捉える」点は塗りの基本となりますが、意外と見落とされがちなポイントのひとつです。

 

2種類の光が、イラストにどのように取り入れられているのかを、顔、身体をズームにして見てみましょう。

 

 

 

画面左からの光源に対し、
左:直接光右:反射光が表現されていることがわかりますね。

 

このように2つの光を意識して全体のイメージを考えることで、骨格などのパーツや装飾品などの複雑な造形も、ぐっとわかりやすくなります。

 

光を使い分けて、立体感があるイラストを目指しましょう。

 

 

※本記事は、『いちあっぷ講座』(https://ichi-up.net/)から提供いただきました。

『いちあっぷ講座』は、プロの現場で生まれた”イラストの描き方講座”です。イラスト製作のノウハウやコツを、画像付きで分かりやすくお届けしています。

いちあっぷ講座

 

 

■運営会社について

『いちあっぷ講座』を運営するのは、株式会社MUGENUPです。
MUGENUPでは、最速最大の『作る』環境を『創る』をミッションとし、2Dイラスト/3D/アニメーション/映像など、多様なコンテンツを制作中です。
大手の作品に携われるチャンスもある、在宅イラストレーターの無料登録はこちらからどうぞ!

 

 

CLIP STUDIO PAINT EX

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CLIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。