イラスト・マンガ描き方ナビ > プロのお仕事 > 【先生ちょっとそれ教えて!!】キャラ同士でテンポよく会話をさせる極意!

【先生ちょっとそれ教えて!!】キャラ同士でテンポよく会話をさせる極意!

春野友矢先生インタビュー_アイキャッチ画像

今回はウルトラジャンプにて『魔王様ちょっとそれとって!!』を連載中の春野友矢先生が登場!先生の作品に ある「テンポの良さ」「魅力的なキャラクター描写」などなど の極意を学ぶために、新人漫画家3人が色々と同います! ヤングジャンプ新人漫画賞「シンマン賞」大人気企画のインタビューを特別掲載!

『週刊ヤングジャンプ』増刊『ミラクルジャンプ』から『ウルトラジャンプ』に移籍して大人気連載中「魔王様ちょっとそれとって!!」の春野友矢先生に新人漫画家3人がお話を伺います!

 

リコシェ号・詠嶌・松本:

春野先生、本日はよろしくお願いします!

 

春野先生(以下、春野):

よろしくお願いします!

 

リコシェ号:

自分もショートのギャグ漫画のネームを作っているのですが、春野先生の漫画のような「気持ちの良いテンポの会話」の描写にどうしてもなりません。

どうすればこのようなリズム感のある会話を描けるのでしょうか?

 

春野:

会話やキャラのテンションがコマ単位で途切れているのではないでしょうか?

 

例えば、どこかのシーンでツッコミしたキャラが疲れている描写がある場合、新人さんの作品ではその後の描写では「すでに疲れてない」ように描かれているのをよく見ます。

そうすると「作中での時間が途切れている」ように感じて、少し不自然に思える時があるんです。

 

ヒトって普通に会話している時も前の流れを引きすったまま話すと思うので、漫画の場合もそのまま会話を続けているように自分はしています。

 

ショートでは特に、時間の差をコマごとでは感じさせないで、見開きないし数ページにわたって時間の流れを維持する事が大切です。

そうすると、良いリズム感が出るかと思います。

 

9026cut (3)

 

9026cut (4)

 

↑このページ内でも、何度か会話のやりとりはあれど、「恥ずかしがる魔王様」のテンションは変わらない。それが会話のテンポの良さに繋がっている!

 

詠嶌:

自分はデフォルメ画を描くことや入れるタイミングを考えるのが苦手で…。

 

『魔王様〜』はギャグ作品なのでデフォルメの画が多いですが、どういつところを意識されていますか?

 

春野:

デフォルメに関しては緩急を大事にしています。大切にしているのは表情よりかは組み合わせですね。

 

ページ単位で飽きがこないよつにしています。ずっと真面目な顔でも辛いので、間がしつかりと持つ空間作りのためにデフォルメ画を使用しています。

 

詠嶌:

線の強弱に関してはリアル画とデフォルメ絵でいしきされていますか?

 

春野:

世界観によるかと思います。

 

淡々と進むギャグ作品もありますが、そのような作品は線の太さは均一で良いと思います。

 

しかし自分の作品はテンションの強弱もあるので、その変化をわかりやすくするために、シーンによって太く描いたり、目を大きくしたりしますね。

 

松本:

自分もデフォルメに関してバリエーションでよく悩むのですが、先生は「デフォルメのバリエーション」についてはどう考えていらっしゃいますか?

 

春野:

毎回チャレンジですね。

 

他の漫画作品を読んで「こいつデフォルメいいなあ」と思ったら、それを自分の画に落としこんでみます。

 

1話の中で大体3割から4割は新しいデフォルメの表現に挑戦するようにしています。

 

9026cut (1)

↑デフォルメは特にギャグ漫画では重要な要素。色んなデフォルメ八ターンをストックして、自分の漫画に落とし込もう!

9026bo

 

<作家紹介>

■春野友矢

現在『ウルトラジャンプ』で連載中の「魔王様ちょっとそれとって!!」は、同誌の大人気作品。『月刊コミックアライブ』(KADOKAWA)で連載中の「ディーふらぐ!」もアニメ化され、人気を博す。精錬されたギャグと非凡なキャラクター描写で多くのファンの支持を集めている。

 

9026e 9026d 9026c

■リコシェ号(左)

「さんみいつたい」で2014年12月期シンマン賞佳作受営。同作品は2015年YJ13号に掲載。誰もがクスッとくる面白いギャグ漫画を目指す。

■詠嶌太郎(中央)

「ワールド・エンド・ラビット」で2014年10月期シンマン賞準入選受賞。同作品は2O15年ミラクルジャンプMAR.に掲載。若干スランプ気味。

■松本清志郎正和(右)

「色ボケ人造少女」で2O15年6月期シンマン賞佳作受賞。萌え系の作品を描く。絵のレベルはかなり高いものの、自分の作風にハマる ネタを模索中…。

 

※本記事は集英社週刊ヤングジャンプ公式サイト内の月例新人漫画賞【シンマン賞】特別企画、『人気漫画家に学ぼう!』春野友矢先生へのインタビュー第一週を特別掲載しました。

 

第二週~第三週でも引き続き新人作家さんたちとの座談会を実施!キャラクターの作り方やギャグのきもなど、ショートマンガに必要な要素を徹底調査するぞ!

気になる内容はヤンジャン「シンマン賞」公式サイト(http://youngjump.jp/shinman/)をチェック!!9026

シンマン賞特別企画 『人気漫画家に学ぼう!』 

(第26回 審査員:春野友矢 新人漫画家:リコシェ号、詠嶌太郎、松本清志郎正和)

(C)春野友矢/集英社 (C)リコシェ号/集英社 (C)詠嶌太郎/集英社 (C)松本清志郎正和/集英社

171019_300x250_01

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CRIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。