図形で整理!生活感のある室内イラストを描こう!

図形で整理!生活感のある室内イラストを描こう!

アーティストのCarlesDalmauさんが、モチーフがたくさんある魅力的なイラストを作成するためのテクニックを解説します。今回は、生活感のある部屋の中でも、キャラクターにしっかり焦点が合うように、遠近法や簡単な図形を使いながら作品をまとめていく方法を紹介します。

 

  1. はじめに
  2. 要素を単純化し、遠近法で理解する
  3. 遠近(前景、中景、背景)
  4. ラフスケッチを作成する
  5. 線画
  6. 色塗り
  7. 仕上げ
  8. 画像フォーマットと書き出し

 

 

1.はじめに

 

イラストを作成するとき、しばしば、非常に多くの要素を入れたいという間違いを犯し、最終的にまとまりが悪くなり、本来伝えたかった意味を失うことがあります。

 

この講座では、イラストに多くのモチーフを詰めながらも、メインで見てほしい要素を見る人の視線にはっきりと誘導する方法を紹介します。

 

 

この講座のイラストを作成するために、2つの描画ソフトを使用しました。

 

  • CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINTには、線画を快適で滑らかにする補正機能があります。これはイラストに色を塗ったりスケッチしたりするのに理想的なソフトです。

 

  • Photoshop(PSD)

着色と最終的なブラッシュアップに使用します。

Photoshopは写真編集用に特別に設計されているため、画像のカラーリングとポストプロダクションに関して多くのオプションがあり、デジタルでのカラーリングが非常に簡単になります。

 

 

2.要素を単純化し、遠近法で理解する

 

イラストの場合(単純なものから複雑なものまで)、その中に表示される要素は、キャラクターであれ、環境内のオブジェクトであれ、幾何学的な形に単純化できること覚えておいてください。

これにより、透視図内の要素を見つけるときに多くの時間を節約できます。

最も一般的な(そして簡単に作成できる)形状は、立方体、円柱、球、および三角形です。

 

 

このタイプの図面を作成する前に、遠近法の基本を理解することが非常に重要です。

しかし、プロセスを合理化するためには、本能的な視点も非常に重要だと思います。

つまり、消失点を使用せずに、空間内の任意のポイントで上記の要素のいずれかを見つけることができます。

これは、多くの異なる消失点を作成することなく、1つの画像に多くの要素を入れたい場合に非常に役に立ちます。

 

次の図は、この本能を磨くのに役立つ簡単な例です。

空間(街並みまたは部屋など)の写真を撮り、消失点を使用せずに画像内にさまざまな幾何学的形状を描き込んでみます。

写真の遠近法のみを図の配置の基準として使用してください。

 

 

この方法を、描きたいイラストに適用すると、イラストのベースをとても簡単に作成することができます。

本講座のイラストを例として使用してみましょう。

 

 

写真の遠近法を参照して幾何学的な図を作成した時と同じように、このイラストにある遠近法を使用してさらに細かいモチーフを詰め込むことができます。

 

シンプルに始めて、少しずつ複雑にしていくことがポイントです。

 

 

描画している図形を理解することがいかに重要であるかを強調してこの章を締めくくります。

モチーフを描く時は、参照画像を見ることを強くお勧めします。

 

 

3.遠近(前景、中景、背景)

 

ダイナミックで要素の詰まった構図を作成する最良の方法は、前景、中景、背景を念頭に置くことです。

その名前が示すように、これはすべて、視点からの距離によってイラストの要素を整理することができます。

 

1(前景)、2(中景)、3(背景)

 

画像の複雑さに応じて、以下の図のように、複数の中景を持つことができます。

 

 

要素を異なるブロックに分割すると、すべての要素を整理して管理できるので、色塗りの時にも役立ちます。

 

 

4.ラフスケッチを作成する

 

次に、ラフスケッチを描く方法について説明します。

イラストを作ることは非常に主観的であり、描き手全員が、自分が快適に作業する独自のルールを持っていることを覚えておいてください。

 

この絵では、リラックスした環境で動物と一緒に休んでいる女の子を見せたいと思っていたので、納得できるものが見つかるまで落書きを続けました。

この時点では、最終的なイメージには焦点を当てていません。アイデアと、アタリの図形をイラスト全体にどのように分散させたいかについてのみ考えています。

イラスト内の要素を見つけるのがはるかに簡単になるため、私は通常、特にインテリアに等角投影法を使用します。

 

やっと気に入ったアイデアが浮かんだら、構図の面で全体がどのようになるかを大まかにスケッチしていきます。

ここでのポイントは、この場面の写真を撮りたい場合に、カメラをどこに配置するかを考えることです。

 

これらのラフスケッチは、作品の構成を理解するためだけのものなので、きれいに仕上げることにこだわる必要はありません。

ここでは、23の章で説明したことをより直感的な方法で適用していきます。

 

ラフスケッチが終わったら、下描きの作成を開始します。

作成したラフスケッチを使用し、配置したいモチーフの参照画像を見ながら、すべての物がハッキリ見えるように描画します。

この時点で、完成時の照明をどうしたいかについても考えます。

 

 

このイラストの焦点は休んでいる女の子なので、彼女を構成的に際立たせるには、彼女の周りのすべての要素を細かく描画することと、彼女の周りにスペースを残しておく必要があります。そうすると、見る人が顔をすばやく識別できます。

また、影を利用して構図を2つに「分割」すると、イラストの下部に目が落ちやすいため、見る人の焦点が女の子の顔に合わせやすくなります。

この影で、このイメージに求めていたリラックスした雰囲気を作り出すこともできました。

 

モチーフの描画方法がわからない場合は、非常に単純なものから始めて、徐々に複雑にすることが重要です。

 

 

5.線画

 

下描きが決まったら、線画を作成するのは非常に簡単です。

この工程は、着色作業を簡単にするために非常に重要です。次の図のように、要素の各グループを画像内の場所で分離して、ブロックごとに線画を作成します。

 

各ブロックには、それぞれ線画とベースカラーがあり、ここでは、4つのフォルダーに分割しています。

このようにイラストを整理すると、図面をいくつかのセクションに分割できるため、色付けと陰影付けの作業がとても簡単になります。

 

 

6.色塗りと影

 

線画が完成したらPSDファイルとして書き出しをして、影を描き込んでいきます。

このイラストでは光源が1つしかないため、1枚のレイヤーに[乗算]モードで影を描きました。

 

前章で線画をセクションに分割したおかげで、各セクションに個別に焦点を合わせることができ、色付けがはるかに速くなります。

この段階では、グループとしてではなく、個々のモチーフを何色にするかについて考えることが楽しいです。

 

影(左)と着色後(右)

 

 

この時点で、モチーフの中に線画を描き込むのが好きです。

これは私がよく使うテクニック私の個人的なスタイルの一部ですが、この薄い色の線が、画面がごちゃごちゃするのを軽減するのに役立つと思います。

次のように作業をしています。

 

  1. 線画があるレイヤーの[透明ピクセルをロック]します。
  2. 線画のメインカラーを選択するか、(この白い犬のように)色がニュートラルすぎる場合は、似ている色でより彩度の高いもの(この場合は非常に明るい赤)を選択します。
  3. 表現したい塗りに合わせてブラシの不透明度を調整します(下の画像では、各部分で使用したさまざまな不透明度を確認できます)。

 

 

影のレイヤーとベースカラーを組み合わせると、次のようになります。

 

 

 

7.仕上げ

 

この時点で、これまでの作業ををまとめ終えました。

 

夕焼けの雰囲気を出すために、Photoshopのオレンジ色の写真フィルターと、[オーバーレイ]モードのレイヤーを使用します。

[オーバーレイ]レイヤーでは、明るい部分に黄色またはオレンジ色を使用して、画像の暖かい色調を強調します。影にはライラックなど赤みがかった色を使用します。

 

【POINT】

最後の調整段階では、色の調整ができるレイヤーを使用すると、イラストの最終的な印象を大幅に改善できるためおすすめです。

 

探していた色と陰影ができたら、図面に最後の仕上げを追加するだけです。

女の子にさらに焦点を合わせるために、影を少し広くすることにしました(窓の一部のように見せるため)。

このようにして、女の子の周りに一種の円を作成すると、視線をイラストの中心に向けることができます。

 

 

(1)強い光を表現するために、別の[オーバーレイ]レイヤーで影のフチを塗ることをおすすめします。

(2)強い光が部屋に入ると、画面全体に追加したような、光沢のあるほこりの斑点が見えます。

(3)特定の表面(髪の毛など)にメインカラーのフラットカラーを追加すると、ディテールがより目立つようになります。

 

 

イラストが完成しました!

 

 

 

8.画像フォーマットと書き出し

 

私は通常、Instagramの画像のフォーマットを念頭に置いてイラストを制作しています。

Instagramでは、次の3つの画像サイズ(およびそれらの間のバリエーション)を使用できます。

 

 

これらの3つの画像サイズのいずれかを選択し、3を掛けます。

つまり、1080 x 1080 pxの画像を作成する場合は、キャンバスを3240 x 3240 pxにします。

これにより、違うサイズよりも解像度がはるかに高くなります。

Instagramにアップロードするために(PNGとして)スマートフォンに保存するときに覚えておくとよいでしょう。

 

 

プロフィール:Carles Dalmau

ジローナ生まれのイラストレーター、コンセプトアーティスト、コミックアーティストです。さまざまな企業、インディーゲーム、個人でフリーランスで働いています。定期的にイラストをInstagramに投稿しており、37万人以上のフォロワーがいます。

https://www.instagram.com/carles_dalmau/

https://twitter.com/carlesdalmauart

  • twitter
  • LINE
  • Pinterest
  • Facebook
  • URL Copy
  • twitter
  • LINE
  • Pinterest
  • Facebook
  • URL Copy