イラスト・マンガ描き方ナビ > プロのお仕事 > shichigoro-shingo先生⑤密度のある質感の描き方とそのコツ

shichigoro-shingo先生⑤密度のある質感の描き方とそのコツ

shichigoro5_アイキャッチ画像

前回は、顔のレイヤーに「カラーの追加」を行う作業の流れをみていきました。今回はテクスチャの柄を生かしながら描き足しを行い、質感を上げていく工程を確認しながらshichigoro-shingo先生のデジタルの特徴を生かした描き方を学んでいきたいと思います。

 

はじめに

今回は下図、赤枠内の工程「テクスチャの柄を生かした描き足し」を見ていきます。

 

手順の前後や若干の差異はありますが、下図を思い浮かべながら実際の作業の流れをみていくと解りやすいかと思います。

特にどのようにレイヤーが使用されているかに注目しながら作業を確認してみてください。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_001

 

 

テクスチャの柄を生かした描き足し

今回はテクスチャの柄を生かしながら描き足しを行い、質感を上げていく工程となります。
shichigoro-shingo先生は、新たにテクスチャを追加して描き込みと調整を繰り返す中で変化していく質感から更に新しくイメージを膨らませ、その場で直感的にテクスチャを描き足していきます。

 

 

・テクスチャの追加

実際の作業工程を確認していきましょう。
顔の領域に切り抜いたテクスチャレイヤーを複製して顔のベースのレイヤーの上に、移動した後、レイヤーの[合成モード]を[乗算]に切り替えます。

 

テクスチャレイヤーの[明るさ・コントラスト] と[色相・彩度・明度]を調整した後、テクスチャレイヤーの一部を削除しながら、調整をおこないます。完了したら顔のベースレイヤーと結合します。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_002

 

・テクスチャの描き込み①
新規レイヤーを作成します。
顔のベースのテクスチャの柄を生かしながら、線を描き足していきます。

 

追加した亀裂の線に沿うようにハイライトも描き足して立体感を出していきます。描き足したレイヤーの[合成モード]を[ソフトライト]に切り替え、レイヤーを複製して描き足した線を強調します。

 

最後に複製したテクスチャレイヤー2枚と顔のベースレイヤーを結合します。

 

img class=”alignnone size-full wp-image-152936″ src=”https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wpsetupcspnet/wp/wp-content/uploads/2016/05/134_Shichigoro_005_003.gif” alt=”134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_003″ width=”640″ height=”480″ />

 

・調整①(明暗の描き足し)

新規レイヤーを作成して、レイヤーの[合成モード]を[ソフトライト]に切り替えます。
明暗を描き足していきます。完了したら顔のベースレイヤーと結合します。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_004

 

・テクスチャの描き込み②
新規レイヤーを作成して、レイヤーの[合成モード]を[ソフトライト]に切り替えます。
先ほどの工程と同様に、テクスチャの柄を生かしながら線を描き足していきます。
首から胸にかけても、同様に線を描き足していきます。
額にも同様に線を描き足していきます。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_005

 

・調整②(明暗の描き足し)

陰影を追加した後、顔のベースレイヤーと結合します。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_006

 

最後に、顔以外の領域を削除してレイヤーを整理します。
顔のパーツが完成しました。

 

134_shichigoro-shingo先生ライブドローイング_005_007

 

今回で最終回となりますが、お伝えしきれなかった顔以外の髪、服、背景パーツの描き方も、ほぼ同様の工程を経て描き込みが行われています。

 

テクスチャを使用しながら「新規レイヤーを作成→レイヤーの[合成モード]や透明度を変更→描き込み→ベースとなるレイヤーとの結合」を繰り返すことで密度を上げていき、描き込みと調整を繰り返す中で変化していく質感から、更に新しくイメージを膨らませ、その場で直感的にテクスチャを描き足しく制作方法は、みなさんも参考になったのではないでしょうか。

 

みなさんもぜひ、shichigoro-shingo先生の様なデジタルの特徴を生かした制作方法に挑戦してみてください。


今回の質疑応答の続きや、ライブペインティングの様子、チュートリアルなどは下記の動画に収録されています。ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

Shichigoro-shingo
イラストレーター
1977年、神奈川県生まれ
2010年よりインターネットを中心に創作活動を開始。
機械と生命が融合した様な独特の世界感が好評を博し、
世界中のファッションブランドや音楽レーベルとコラボをするなど、
インターナショナルに創作活動を展開。
日本国内でも2015年に学校法人モード学園 TVCM・広告イラストを手掛け話題に。
ASIAGRAPH 2011 最優秀作品賞 受賞。

Web:http://shichigoro.com/
Twitter ID:@shichigoro756

CRIP STUDIO PAINT PRO

このカテゴリの今日の人気記事

おすすめ記事

CRIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PRO
初心者のためのマンガ制作講座

必要な道具、制作の流れなど、デジタルで漫画を描くのがはじめての人向けの基本的な情報をお届けします。

マンガ上達講座

漫画制作のクオリティやスピードをさらに上げる、上達のためのさまざまなテクニックをご紹介します。

プロ漫画家のお仕事

現場で活躍されているテクニックや漫画家さんの素顔に迫る記事など、プロの仕事に関する情報をお届けします。

便利情報

ジャンルにとらわれない、作品制作に役立つさまざまな情報などをご紹介します。